共有されたファイルをクラウドに保存します

MultCloud --- ファイルを「共有アイテム」からクラウドにコピーできる無料ツール

共有されたファイルをクラウドに保存します
現在、多くの人はGoogle Drive、Dropbox、OneDrive、Box、FTP、MEGA、SugarSync、Flickrなどクラウドストレージサービスにファイルを保存、共有する習慣を身につけます。しかし、ユーザーはファイルを「共有アイテム」からクラウドストレージに保存しようとする時、一般的にファイルをデバイスにダウンロード、そしてクラウドサービスにアップロードする必要があります。でもMultCloudユーザーの間で、以上の手順を省略できます。例えば、Dropbox上のファイルをGoogle Driveを使用しているユーザーに共有する時、Google Driveユーザーはこの共有されたファイルをGoogle Driveサービスに直接保存できます。つまり、MultCloudも無料のファイル転送ツールです。
? MultCloudは何ができますか?
オンラインストレージまたはクラウドストレージは私たちの生活でますます普及しています。MultCloudはクラウドマネージャです。ユーザーはそれを使うと単一のWebインターフェースから異なるクラウドサービス上のすべてのファイルを転送、コピー、または管理できます。それは1つのクラウドからダウンロード、そして他のクラウドに再アップロードする手順を省略できます。「共有アイテム」内のファイルにとってもそうなんです。一般的に、友達や同僚はDropbox、Google Drive、OneDrive、Boxなどクラウドストレージ上のファイルやフォルダを共有するかもしれません。例えば、友達の1つはDropbox上のフォルダを共有します。この共有されたフォルダをGoogle Driveに転送したいです。みんなMultCloudユーザーである場合、友達に共有されたDropbox上のフォルダをGoogle Driveストレージに直接コピーできます。
共有されたファイルをどのようにクラウドに直接転送しますか?

ヒント:MultCloudはユーザーのファイルを保存しません。データ転送

が完了する時、データはMultCloudデータベースから削除されます。
興味があるかもしれません
チュートリアル

MultCloudは20以上のクラウドサービスをサポートします

他の機能