Googleドライブ「バックアップと同期」について

Googleドライブの「バックアップと同期」は、GoogleドライブとPCの間でファイルをバックアップと同期できるように、Googleによって最近リリースされたアプリです。

このアプリを使用して、クラウド内のコンピュータ、カメラ、およびSDカード上の任意のフォルダからファイルをアップロードして保存できます。携帯電話、タブレット、またはパソコンでGoogleドライブとGoogleフォトのアカウントに登録するだけですべての写真や動画のコンテンツを検索することができます。

したがって、スリープモードにはならないようにコンピュータを設定し、24時間365日稼働させておく必要があります。その後、通常の写真をバックアップする必要があります。

携帯電話の場合は、スリープ状態を避けるために、1つのアプリ(音楽、ビデオなど)を稼働させたままで、Googleデスクトップのデスクトップバックアップアプリケーションを開いてアップロードタスクを実行できます。バッテリの損傷を避けるためには、仕事に多大な電力を消費するため、携帯電話を電源に接続しておく必要があります。

したがって、お使いのコンピュータの[Googleドライブ]フォルダにあるGoogleドライブからファイルを参照して表示することができます。一部のファイルを開いて整理して変更を加えると、変更はどこでも同期されます。

Googleバックアップと同期ツールをダウンロード>>

より詳しく了解すできるため、この記事では、Googleドライブの「バックアップと同期」の設定・仕掛け・使い方を紹介します。

「バックアップと同期」の設定・仕掛け・使い方

これから、Googleドライブ「バックアップと同期」を設定する詳しく手順を紹介します。

デスクトップ、ノートパソコン、またはノートブックにダウンロードしてインストールします。それでは、バックアップと同期を開始して、コンピュータのコンテンツをGoogleドライブに安全に移行してみましょう。

Googleドライブのバックアップと同期を開始
開始

ステップ1:Googleアカウントでログインします。

グーグルドライブのバックアップと同期サインイン
サインイン

ステップ2:Googleドライブにバックアップするように選択されたファイルはGoogleドライブの「コンピュータ」タブに保存されることをお知らせします。

グーグルドライブのバックアップと同期の紹介
お知らせ

では、 コンピュータからフォルダを選択してGoogleドライブにバックアップしてください。ターゲットアイテムに写真や動画が含まれている場合は、「高画質」または「元の画質」を選択して、アップロードサイズを決めることができます。また、Googleフォトのバックアップと同期によって、アップロードした写真やビデオの宛先としてGoogle Photosを選択することもできます。

Googleドライブのバックアップとコンピューター設定の同期
フォルダを選択

Googleドライブからマイコンピュータのフォルダに同期を設定することで、エクスプローラを使用してローカルコンピュータのGoogleドライブフォルダにアクセスできます。

グーグルドライブのバックアップと同期情報
同期を設定

ステップ3 :Googleドライブ同期が表示されます。ここでは、オフラインマシンと同期するフォルダを選択するか、Googleドライブのすべてのアイテムをローカルコンピュータに同期するだけです。また、同期されたファイル/フォルダのフォームクラウドを保存するターゲットフォルダを決定することもできます。

Googleドライブのバックアップと同期ドライブの設定
同期が表示されます

ステップ4:「開始」をクリックして、Googleのクラウドとユーザーのコンピュータの間に長期的な同期タスクを確立します。将来、コンピュータのローカルフォルダに変更が発生した場合、それらの変更もGoogleドライブの関連ファイルに反映されます。逆にクラウドドライブの「コンピュータ」タブに違いがある場合は、オフラインストレージにも同期されます。これは双方向同期です。

同期を中止したい場合は、Googleドライブのバックアップと同期を解除すればよいです。具体的な手順は:

1. コンピュータで、タスクバーの「バックアップと同期」アイコンをクリックします。

2. 詳細(3つの点)をクリックします。

3. 「設定」をクリックします。

4. アカウントを切断します。

5. 「切断」をクリックします。

バックアップと同期を一時停止または再開するには、アイコンを使用してください。Google「バックアップと同期」をアンインストールする場合は、他のソフトをアンインストールするのと同じようにコントロールパネルで行います。Googleドライブのバックアップと同期に関するその他の操作については、Googleサポートの公式ドキュメントをご覧ください。

Googleドライブのバックアップと同期の無料代替品

Google バックアップと同期は操作簡単かつ無料ですが、Googleドライブのみサポートします。他のクラウドドライブのユーザーは「バックアップと同期」アプリの代わりに、MultCloudを使用してバックアップと同期を実行できます。

MultCloudは、複数の異なるクラウドドライブストレージを1か所で統合管理できるWebベースのアプリケーションです。Googleドライブ、Ⅾropbox、OneDriveなど30個以上のクラウドストレージをサポートします。あなたが持っているクラウドドライブをこのプラットフォームに追加するだけで、複数のクラウドストレージ間でファイルを素早く転送、移行、同期、バックアップすることができます。

まずはMultCloudのアカウントを作成する必要があります。

アカウントを作成
アカウントを作成

その後、ガイドに従って、GoogleドライブをMultCloudに追加します。

グーグルドライブを追加
グーグルドライブを追加

次に、「クラウド同期」タブで、同期元、同期先、および同期モードを指定します。Googleドライブに同期したい場合は、Googleドライブを同期先にします。そこから同期したいなら、それを同期元にしてください。

クラウド同期
クラウド同期

さらに、同期モード、電子メール通知、特定のファイルフィルタなど、オプションウィンドウでより高度な設定を行うこともできます。

クラウド同期オプション
クラウド同期オプション

Googleドライブの自動同期を行うスケジュールをも設定できます。

クラウド同期スケジュール
クラウド同期スケジュール

最後に、「今すぐ同期」をクリックすると、同期がスタートします。

Googleドライブのバックアップと同期 VS MultCloud

MultCloudは「クラウド同期」「クラウド転送」など多くの機能を備えていますが、ここでは「クラウド同期」機能を使って比較します。

  Googleドライブバックアップと同期 MultCloud
チャージ 無料 無料
サポート OS Windows, Mac Windows, Mac, Linux, Android
サポート デバイス Desktop, laptop, notebook Desktop, laptop, notebook, phone
サポートクラウドドライブ Google Drive Googleドライブ、Dropbox、OneDrive、MEGAなど
約30以上のクラウドがサポートされます。
ローカルとクラウド間の同期 Yes No
クラウド間の同期 No Yes
スケージュール同期 No Yes

関連記事:

【解決方法】Googleフォトのバックアップが終わらない

修正:Googleドライブがすべてのファイル、フォルダ、写真を同期しない

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能