GoogleフォトからDropboxに移行する理由は?

GoogleフォトからDropboxに移行
GoogleフォトからDropboxに移行

以前、写真を携帯電話からウェブへアップロードして他人と共有するのは難しいですが、今時代が変わって、DropboxとGoogleフォトのどちらでも簡単にできます。また、この2つのサービスは、異なるストレージ制限、共有オプションおよび編集ツールを提供しています。

Googleフォトは、Googleにより提供される写真共有および保存のオンラインストレージサービスで、今までかなりユーザーに愛用されています。しかし、2021年6月以降、スマートフォンに写真や動画をGoogleフォトにバックアップしていた人は、無料で利用できる15GBのストレージ容量がいっぱいになった時点で、有料のGoogleフォトにアップグレードして引き続き利用するか、他のサービスに移行するかを選択することになりました。こんな時、Dropboxは結構よい移行先です。Dropboxは、写真やエクセルファイルの保管と共有に誇るクラウドサービスです。複数デバイスで同時利用でき、利便性が良いです。

しかし、写真をGoogleフォトからDropboxに移行したい場合は、ファイルをクラウドからダウンロードしてから別のクラウドにアップロードする必要があります。何千枚もの写真がある場合はかなり時間がかかります。では、諦めますか?いいえ、そんな必要はありません!無料のオンライン転送プラットフォームMultCloudはこういう問題を簡単に処理できます。

MultCloudを使用してGoogleフォトとDropboxを同期する

MultCloudは複数のクラウドドライブを一箇所で統合管理でき、クラウドドライブ間でファイルを転送・同期・バックアップできる無料で使いやすいWebアプリです。

GoogleフォトからDropboxに移行しても、DropboxをGoogleフォトに同期しても、MultCloudを使用して簡単にできます。さて、詳細操作を見てみましょう。

ステップ1.1つのMultCloudアカウントを作成します。

MultCloud
アカウントを作成

ヒント:アカウントを作成したくない場合は、「仮アカウントで試用」オプションを選択して、メールアドレスを入力せずに一時的なアカウントを作成することができます。または、Googleアカウント、Facebookアカウントで直接ログインすることもできます。

ステップ2.MultCloudにログインしてから、「クラウドを追加」ボタンをクリックして、DropboxをMultCloudに追加します。

Dropboxを追加
Dropboxを追加

ステップ3.同じ方法でGoogleフォトをMultCloudに追加します。その後、両方のアカウントが左側のパネルに表示されます。

ヒント:MultCloudはGoogle Drive、G Suite、Dropbox、OneDrive、MEGA、Amazon S3、Boxなど30個以上のクラウドドライブをサポートしています。MultCloudがサポートしている対応するクラウドドライブのアカウントを持っていれば、それらをMultCloudに追加して、ファイルをよりよく管理することができます。

ステップ4.「クラウド同期」インターフェイスに移動し、Googleフォトを同期元として選択し、Dropboxを同期先として選択し、「今すぐ同期」をクリックすると、同期プロセスが開始されます。

GoogleフォトとDropboxを同期
GoogleフォトとDropboxを同期

ヒント:

  • 「スケジュール」機能で毎日、毎週、または毎月のスケジュールされたクラウド同期タスクを設定することで、GoogleフォトからOneDriveに定期的かつ自動的に写真をバックアップできます。
  • 「オプション」‐「Eメール」を設定して、メール通知を送信できます。
  • MultCloudはバックグラウンドでタスクを実行しているため、転送プロセスが開始されたら、ページを閉じたり、PCを閉じたりしても構いません。
スケジュール
スケジュール
メール通知
メール通知

ステップ5.同期プロセス開始後、「タスクリスト」でファイル同期の進行状況を確認できます。ログ表示、オプション、スケージュール、削除などの操作もチェックできます。

タスクリスト
タスクリスト

MultCloudのサブスクライバーにアップグレードすれば、同期操作をより効率的に完成できます。

  • 月間30GBのトラフィックの代わりに、月間150GBから無制限のトラフィックの転送量でデータを転送または同期できます。
  • 一度に2つの同期モードを同時に実行でき、速度が大幅に向上できます。
  • 「オプション」‐「フィルタ」を設定することで、特定のファイルまたは特定の拡張子を持つファイルを自動的に同期できます。例えば、Googleフォト上の写真のみを同期する場合は役立ちます。
  • ミラー、移動、累積、更新、増分、フル同期など、さらに6つの優れた同期モードを取得できます。例えば、移動同期を利用したら、同期が完了すると、ソースディレクトリ内のファイルがすべて削除されます。
オプション
オプション
同期モード
同期モード

同期、転送、バックアップ以外MultCloudのほかの機能

MultCloudは複数のクラウドドライブ間のファイル同期、転送、バックアップをサポートするだけでなく、ファイルのコピー、共有、検索などの機能も備わっています。

Dropboxのファイルを選択してを右クリックすると、コピー、共有や名前を変更などのオプションが表示されます。

コンテキストメニュー
コンテキストメニュー

ファイルをより速く検索するには、MultCloudの検索ボックスにキーワードまたは接尾辞を入力することで、複数のクラウド間で文書を検索することもできます。

検索機能
検索機能

より詳しい情報はMultCloudのホームページで確認できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能