> チュートリアル > クラウド転送 > OneDrive別アカウントへのファイル移動

OneDrive別アカウントへのファイル移動

Author Yuki

投稿者@Yuki

2020年5月21日 | 3分くらいかかる

Author Yuki

Yuki

ゆきは、multcloud.comの編集者として長年製品についての記事を翻訳したり、ITに関する知識を書いたりしています。

人気記事
DropboxからGoogle Driveへ写真を転送する最も簡単な方法
GoogleドライブからFlickに写真を直接移動する
Web上でOneDriveからFlickrへ写真を無料転送します

OneDriveのメリット

OneDrive(2014年、SkyDriveの名前はOneDriveに変わる)はマイクロソフトによって開発されたクラウドストレージです。ユーザーはWindows Liveのアカウントを介してOneDriveにログイン、そしてその上に写真、ファイル、ビデオなどをアップロードできます。どこにいても携帯電話、PC、Mac、タブレットPCなど端末装置のインターネット経由でOneDriveを利用できます。

OneDriveのデメリット

OneDriveの主な欠点はそのストレージサイズです。2012年4月22日の前にWindows Liveアカウントを作成したら、OneDriveを活性化して25GBのストレージスペースを無料で入手できます。しかし、2012年4月22日以後アカウントを作成したら、7GBだけのストレージスペースを無料で入手できます。これはほとんどの人のニーズを満たしません。そのため、沢山の人はもっと多くのストレージのために複数のOneDriveアカウントを作成します。そして、ある問題が出ます。1つのOneDriveから別アカウントへファイルをどのように楽に移動、同期、バックアップしますか?

MultCloudで1つのOneDriveから別アカウントへファイルを移動します

今、幸いなことに、MultCloudという複数のクラウドの管理アプリケーションは無料で、OneDriveだけでなく、他の一般的なクラウドサービスにも対応します。MultCloudに複数のOneDriveアカウントを追加すると、それらを管理できるし、ウィンドウズエクスプローラでファイルを移動するように異なるOneDriveアカウント間でファイルを簡単にコピーできます。

1つのOneDriveから別にファイルを移動する手順

1: 2つのOneDriveアカウントを追加します

MultCloudに登録し、アカウントを有効にしてサインインします。「最初のクラウドサービスを接続」をクリックした後、次のページに移動してOneDriveを選択します。そしてガイドに従ってください。


追加したいOneDriveを選択
追加したいOneDriveを選択

MultCloudは対応するクラウド: Dropbox、Google Drive、Box、Amazon S3、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、Hubic、Evernote、MEGA、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav 、FTP/SFTP

次は、同じ手順で別のOneDriveを追加します。前のOneDriveアカウントと区別できるために、表示名を変更する必要があります。この場合、その表示名を「OneDrive1」に変更しましょう。


もう1つのOneDriveを追加、表示名を変更
もう1つのOneDriveを追加、表示名を変更

2つのOneDriveアカウントはMultCloudに追加された
2つのOneDriveアカウントはMultCloudに追加された

これまで2つのOneDriveアカウントの追加が完成しました。

2: ファイルを移動します

OneDriveアカウント間でファイルを移動するのに3つの方法があります。1つ目の方法は1つのOneDriveから別のOneDriveにファイルをドラッグすることです。移動したいファイルを選択して左ボタンを押しながらマウスを移動します。


移動したいファイルをドラッグ
移動したいファイルをドラッグ

2つ目と3つ目の方法はほぼ同じです。まず1つのOneDrive内のターゲットファイルをコピーします。そして、それを別のOneDriveに貼り付けます。あるいは直接「コピー先」を選択します。


コピーと「コピー先」
コピーと「コピー先」

「コピー先」をクリックすると、ポップアップウィンドウが表示されます。OneDriveを選択して「転送」をクリックします。OneDrive1内のソースファイルを削除したい場合「切り取り」をチェックできます。


「コピー先」設定
「コピー先」設定

MultCloudの他のメリット

様々なクラウドサービスを通して、切り取り、コピー、貼り付けおよび共有の操作をスムーズに行えます。

クイック検索バーにキーワードを入力することにより、MultCloudは全てのクラウドサービスから速やかに関連するファイルを検索できます。

最初、MultCloudはファイルをプレビューして異なるファイルを区別できます。MultCloudはjpg、gif、png、pdf、xls、doc、txt、html、jsのプレビューをサポートします。

同じブランドのクラウド間でデータを移動するほかに、MultCloudを使用して異なるクラウド間でデータを簡単かつ迅速に同期、バックアップできます。例えば、SugarSyncからOneDriveへファイルを移動します。Evernote & OneDriveの統合を実現します。

MultCloudが対応するクラウド

Multcloudの主要機能

  • 簡単にファイルを管理したり情報を配信するためにクラウド、FTP及びWebDavのファイルを転送します。

  • 一方向または双方向でクラウドまたはクラウドディレクトリ間で同期を行います。

  • 複数のクラウドストレージを一つにまとめて管理し、Windowsのエクスプローラのように扱えます。