クラウド間のデータ転送、同期、バックアップをスケジュールします

MutlCloud --- ユーザーは1つのクラウドから他のクラウドにデータを転送、同期、バックアップすることをスケジュールできます
クラウド間のデータ転送、同期、バックアップをスケジュールします

MultCloudはウェブベースのアプリであり、ユーザーはそれを使うと転送タスクを設定して1つのクラウドから他のクラウドへの自動クラウドファイル転送をスケジュールできます。そのため、クラウド間の自動バックアップまたはクラウド間の定期的な同期を管理することはとても簡単になります。MultCloudのデータ転送は任意のローカルコンピュータリソースや帯域幅を要求しません。転送プロセスはMultCloudのサーバーで実行され、ユーザーのファイルを永久に保存しません。データ転送が完了する時、データはMultCloudデータベースから削除されます。詳細についてはここをクリックしてください。?MultCloudは何ができますか?
複数のクラウドがあるユーザーは複数のクラウドサービス間でデータを転送しようとする時、1つのクラウドからデータをダウンロード、そして他のクラウドに再アップロードする必要があります。複数のクラウドサービス間でデータを定期的に転送、同期、バックアップすることはもっと困ります。しかし、ユーザーはMultCloudを使用するなら、クラウド間の自動バックアップをスケジュールできます。例えば、定期的間隔でGoogle DriveをDropboxと同期したい場合、この2つのクラウドサービス間の転送をシンプルに設定して実現できます。
データの転送、同期、バックアップをどのようにスケジュールしますか
追加したいクラウドサービスを選択します
「クラウドストレージを追加」をクリックし、追加したいクラウドストレージサービスを選択します。例えば、Dropboxを選択してMultCloudにコネクタを追加します。「次へ」をクリックして続行します。
興味があるかもしれません
チュートリアル

MultCloudは20以上のクラウドサービスをサポートします

他の機能