GoogleフォトからOneDriveに同期する理由

スマートフォンやコンピュータを使用している多数の人々は、日常生活や旅行などのため、多くの写真や画像を作成しています。それで、フォトストレージ容量はとても重要なポイントですです。

写真や画像の量が増えるにつれて、それらを整理する時、特に新しい電話を切り替える時に、大きなタスクになります。これこそがクラウドストレージの存在する理由です。GoogleフォトでやOneDriveなどのよく知られているクラウドサービスは、写真をバックアップ機能を提供しているため、ユーザーはどこからでもどのデバイスでも簡単に写真を取得できます。

しかし、2021年6月よりGoogleフォトの無制限保存が終了し、データの保存が15GBを超えると課金されることになります。ユーザーはスマホで写真を撮りまくって放置することはできなくなりました。そこで、Googleフォトから他のクラウドディスクへの同期/バックアップが重要になります。これから、Google PhotosからOneDriveへの同期方法を紹介します。

MultCloud経由でGoogleフォトをOneDriveとバックアップする

GoogleフォトとOneDriveを直接連携するには、MultCloudのようなサードパーティ製ツールのサポートが必要です。このMultCloudは、すべてのクラウドストレージを一箇所で統合管理できるWebベースのアプリケーションです。

サポートされているクラウドはDropbox、Evernote、Flickr、Amazon S3、WebDav、Google Drive、Box、SugarSync、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、Hidrive、BaiDu、MediaFire、ownCloud、Alfresco、ADrive、Hubic 、MySQL、MEGA、FTP/SFTPなど30個以上あります。

ステップ 1. 1つのMultCloudアカウントを作成します。作成したくない場合は、「ゲストアクセス」オプションをクリックすると、一時のアカウントを取得できます。

アカウントを作成
アカウントを作成

ステップ 2. MultCloudにログインし、「クラウドを追加」ボタンをクリックして、OneDriveをMultCloudに追加します。

クラウドを追加
クラウドを追加

ステップ 3. 同じ方法でGoogleフォトをMultCloudに追加します。その後、両方のアカウントが左側のパネルに表示されます。

ステップ 4. 「クラウド同期」を選択します。Googleフォトを同期元として選択し、OneDriveを同期先として選択し、「今すぐ同期」をクリックすると、同期プロセスが開始されます。

クラウド同期
クラウド同期

ヒント:この操作の後、Googleフォト上のファイルがすべて転送されるので、写真のみを同期したい場合は、「オプション」でフィルタ設定をしてください。

オプション
オプション

まとめ

MultCloudは「クラウド同期」機能以外に、他の便利な機能もサポートしています。例えば「検索機能」、「クラウド転送」、「共有」、「アップロード」機能などいろいろあります。GoogleフォトからOneDriveにバックアップするほか、「クラウド転送」機能を利用してGoogleフォトからOneDriveへ移動するのもよい選択です。

または、同じプロバイダの異なるアカウント間でファイルを同期する場合は、Flickrアカウントを追加したり、Evernoteアカウントを追加したりすることもできます。そのような統合はすべてMultCloudを通じて実現できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能