Googleフォトのバックアップが終わらない、アップロードが遅い

Googleフォトは過去数年間にわたり、写真の保存および管理で素晴らしい体験をユーザーに提供しています。しかし、そのローカルデバイスのバックアップアプリであるGoogleフォトバックアップ(デスクトップアップローダとも呼ばれる)は、バックアップとアップロードに非常に遅い速度で人々を困らせていました。複数の画像や動画をオンラインストレージにアップロードするだけで、数時間、数日、さらには数か月かかることも可能です。しかし、やはりアップロード作業の進捗状況を見ずに1カ月間待つことはできませんね。では、何か解決策ありますかね?

残念ながら、「Googleフォトのバックアップが終わらない」「アップロードが遅い」などの問題に関する説明と解決策は今になっても、 Googleの公式サポート担当者から何一つ出してくれなかった。そのために!今から、それらの問題を解決するのに役立つ7つの方法を紹介します。

方法 1. 他のクラウドドライブに切り替える

Googleフォトは2021年6月より有料化になり、ユーザーへの負担も増えました。データの保存が15GBを超えると課金されることになります。こんな時に、Dropbox、OneDrive、Flickerなどの他のクラウドストレージに切り替えるのも結構よい選択ではありませんか?

データをより素早くGoogleフォトブから別のクラウドに移行するには、ここではMultCloudという特別なソフトウェアを紹介します。MultCloudを使用して、ダウンロード・アップロードせずにデータを簡単に転送できます。Googleフォトに保存されているデータにも不安の必要がないです。では、GoogleフォトとDropboxを同期する方法を例としてMultCloudの使い方を説明します。

Googleからメガへの移行
GoogleフォトからDropboxへの移行

方法 2. Google写真のバックアップをフォアグラウンドで実行する

デフォルトでは、デスクトップアップローダはバックグラウンドで動作します。これは、ネットワーク接続が良好であっても、実行速度とバックアップ速度に影響する可能性があります。しかし、他のすべてのタスクを終了しても、一定の時間画面に触れずにデバイスがスリープモードに入ると、バックグラウンドの作業環境に入ります。

したがって、スリープモードにはならないようにコンピュータを設定し、24時間365日稼働させておく必要があります。その後、通常の写真をバックアップする必要があります。

携帯電話の場合は、スリープ状態を避けるために、1つのアプリ(音楽、ビデオなど)を稼働させたままで、Googleデスクトップのデスクトップバックアップアプリケーションを開いてアップロードタスクを実行できます。バッテリの損傷を避けるためには、仕事に多大な電力を消費するため、携帯電話を電源に接続しておく必要があります。

ヒント:バックグラウンドアプリの更新を有効にしておきます。

方法 3. 再起動/再インストール/ログアウトして再度ログインする

立ち往生する写真を再バックアップしてください。写真のリストを確認してください。それでも同期するのを待っているものにはアイコンが表示されます。一方、現在バックアップしている、または固まっている人は、少し回転しています。その写真を長押しし、バックアップを選択してその写真を再度バックアップします。これはスタートのものをキックし、それらをすべてバックアップしておく必要があります。

アカウントにサインアウトしたり、他のアカウントに切り替えてから、このアカウントに再度ログインして、アップロードを再開するかどうかを確認してください。

Googleフォトバックアップデスクトップアプリを再起動します。それはGoogleフォトのバックアップの遅い問題を解決することがあります。

デバイス、コンピュータ、または携帯電話を再起動すると、写真のアップロード速度が向上する可能性があります。

デスクトップアップローダアプリを再インストールするか、最新バージョンにアップデートしてください。最新のバージョンは、実際には2017年6月下旬にGoogleフォトバックアップアプリに代わったバックアップと同期という新しいアプリです。実際には、多くの人々はGoogleフォトと同じ、バックアップと同期にも写真のバックアップがスタックすることが見つかりました。その後、古いバージョンのGoogleフォトバックアップアプリに切り替えるか、最も古いPicasaに戻ることができます。

方法 4. ユーザーディレクトリを削除してドライブデータベースをクリアする

Googleフォトのバックアップが進まなく、一部のユーザーにとっては、データベースが破損している可能性があります。したがって、相対的なユーザーディレクトリをクリアし、データベースを再構築すると、Googleフォトのバックアップが機能しない問題を解決する可能性があります。

1. 通知領域のGoogleドライブアイコンをクリックします。

2. Shiftキーを押しながら、ポップアップウィンドウの右上にある3つの点をクリックします。

3. 「診断モードを有効にする」をクリックします。

4. ポップアップウィンドウで、「設定ディレクトリを開く」を選択すると、エクスプローラウィンドウが表示されます。

5. Googleドライブのアイコンをクリックして、3つの点をクリックします。

6. 「Quite Google Drive」または「Quite Backup and Sync」をクリックします。

7. エクスプローラウィンドウに戻り、「cloud_graph」を見つけて削除します。

8. Googleドライブを再起動します。

方法 5. ネットワーク接続を調整する

大規模なバックアップは、連続アップロードのボリュームが大きいため、接続速度を低下させるブロードバンドプロバイダーになる可能性があります。したがって、ネットワーク接続を維持し、安定したWi-Fi環境で写真をアップロードしてください。バックアップと同期の場合、ネットワーク接続を指定し、帯域幅を無制限に設定できます。

ネットワーク設定のバックアップと同期
ネットワーク設定のバックアップと同期

ヒント:可能であれば、Google Fiberをインストールすることができます。

方法 6. ストレージプラン/アップロードをアップグレードする

まず、アップロードしているすべての画像に十分な空き容量があるかどうかを確認します。

ストレージルームを節約するには、無制限のストレージスペースを持つユーザーに約束する「高品質」の写真/ビデオをアップロードすることをお勧めします。設定で画質を変更できます。

高品質のバックアップと同期
高品質のバックアップと同期

Googleドライブのルームをクリアするには、Googleフォトの設定で写真や動画を「高画質」に変換します。

Googleフォト高画質
Googleフォト高画質

方法 7. アップロードする写真の量を手動で制御する

Googleフォトバックアップのパターンを知っていますか。膨大な数の写真をアップロードするには、最初にアップロードする写真の数を指定するだけです。Googleの写真をオンラインで開くと、コーナーに小さな円形のローディングアイコンが表示された同じ写真が表示されます。すべての写真がこの円形回転アイコンで完了すると、実際の写真が移動し始め、青色の進行バーが移動して数字が減少します。

すでにバックアップされているフォルダに移動して写真がバックアップされているかどうかを判断するためにCPUサイクルが浪費するため、非常に遅いです。ログを見ると明らかになります。現在のところ、アップローダにこれらのフォルダを無視するよう指示する方法はありません。

このパターンによれば、未知の長い時間が始まるのを待たずに、毎回アップロードする写真の量を同期フォルダに入れるたびに手動で設定することができます。どのくらいの数の同期フォルダに毎回追加する必要がありますように、あなたはそれが異なる人々のために異なるため、それを把握する必要があります。

結論

上記は、Googleフォトの「バックアップが終わらない」「アップロードが遅い」などの問題で困らせたユーザーのために提出した7つの解決策です。いずれかを選択して、Googleフォトのバックアップが遅い問題を簡単に解決できます。一番のソリューションであるMultCloudを使用したい場合は、「クラウド同期」以外に他の機能も体験できます。 MultCloudには、「クラウド転送」、「クラウド同期」二つの主要な機能があります。

ヒント:MultCloudにはChromeブラウザの拡張機能があり、Googleドライブのウェブ版に簡単にアクセスできます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能