Google Chrome拡張機能アプリ

MultCloud --- シンプルなアプリで、Google Chromeを通して

クラウドファイル転送をビュー、管理させることができます
Google Chromeを使用するクラウドデータ転送
複数のクラウドユーザーはとてもシンプルなウェブベースのアプリ --- MultCloudを使用して全てのオンラインファイルを管理、転送できます。MultCloudのユーザーはドラッグとドロップをシンプルに使用したり、1つのクラウドから他のクラウドに転送タスクを設定したりすることを通してDropbox、OneDrive、Google Drive、Box、SugarSync、Flickrなどのクラウドストレージサービス間でファイルを転送、管理、バックアップまたはコピーできます。Google ChromeユーザーはMultCloudをGoogle Chrome拡張機能として追加した場合、Google Chromeの拡張機能アプリの小さなアイコンをクリックしてクラウドデータ転送をビュー、管理できます。
? なぜMultCloudをGoogle Chromeに追加するのは役立ちますか?
複数のクラウドユーザーについて、1つのクラウドストレージから他のクラウドにファイルを移動、またはコピーする必要がある場合、最初基本的に自分のデバイスにファイルをダウンロードしなければなりません。そしてそのファイルを他のサービスにアップロードしなければなりません。しかし、MultCloudを使用して複数のクラウドユーザーは単一ウェブインターフェースからクラウドデータ転送を管理できます。1つの転送タスクは設定されると、転送のプロセスはMultCloudのサーバーに実行するため、ファイルを1つのクラウドからダウンロードし、そして他のクラウドサービスにアップロードするためにデバイスをずっと作業させる必要がありません。もし貴方はGoogle Chromeであるなら、ウェブを閲覧する時、Google Chromeの小さなアイコンをクリックしていつでもクラウド間のファイル転送のプロセスをビューできます。
どのようにMultCloudをGoogle Chrome拡張機能として追加しますか?

ヒント:MultCloudはユーザーのファイルを保存しません。データ

転送が完了する時、データはMultCloudデータベースから削除されます。
興味があるかもしれません
チュートリアル

MultCloudは20以上のクラウドサービスをサポートします

他の機能