複数のクラウドストレージを一括管理

あなたはいくつかのクラウドサービスを使用していますか?アカウントはいくつ持っていますか?

クラウドストレージとは、インターネット上でデータの保管や共有などを行えるストレージです。また、オンラインストレージとも呼ばれます。様々な無料クラウドストレージが登場するにつれて、データを複数のクラウドに保存している人も増えつつあります。

しかし、複数のクラウドストレージ間でファイルを共有・転送・バックアップするためにパソコンとスマートフォンの両方に様々なソフトウェアをインストールしなければならないです。そのため、ストレージ容量を占めるだけでなく、時間も大変かかります。

こんな場合に、クラウドストレージを一箇所で統合管理できるアプリケーションがあれば、上述の問題を簡単に解決できます。

MultCloud経由で複数のオンラインストレージをまとめて管理

MultCloudは、複数のクラウドを一箇所で統合管理でき、クラウド間でデータを転送、同期、バックアップできる無料のクラウドオンラインアプリケーションです。MultCloudを使用すると、複数のオンラインストレージを簡単に統合管理できます。

MultCloudは今、Amazon S3、WebDav、Google Drive、Box、SugarSync、OneDrive、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、Hidrive、BaiDu、MediaFire、ownCloud、Alfresco、ADrive、Hubic、 MySQL、MEGA、FTP/SFTPなど30個以上のクラウドをサポートしています。

MultCloudはWebアプリケーションなので、ネットワークに接続するだけで、複数のクラウドストレージを一括管理することができます。具体的な手順は以下通りです:

1) MultCloudアカウントを新規作成します。

サインアップ
サインアップ

2)連携するクラウドストレージをMultCloudに追加します。

OAuth認可サービスをサポートしている場合は、ユーザー名もパスワードも必要ありません。連携するクラウドストレージをクリックして、指示通りに追加すればよいです。

ドライブを追加
ドライブを追加

3)コンテキストメニューを選択

統合が完了したら、複数のクラウドサービス間でファイルを移動することが非常に便利になります。コンテキストメニューからコピーオプションを選択すれば移動できます。 ご覧のとおり、「共有」、「コピー」、「削除」などの他の機能も利用できます。

ファイルを移動
ファイルを移動

MultCloudのほかの機能

コンテキストメニューのコピーなどの機能以外、MultCloudは「クラウド転送」、「クラウド同期」、「リモートアップロードなどの機能も備わっております。

「クラウド転送」機能

データを定期的に転送する必要がある場合、「クラウド転送」機能の「スケジュール」を利用すれば簡単に設定できます。

スケジュール
転送スケジュール

「クラウド同期」機能

クラウド同期サービスを利用して、クラウド間でデータを同期できます。

同期
同期

ヒント:MultCloudはバックグラウンドでタスクを実行しているので、パソコンの電源をオフにしても構いません。

「リモートアップロード」機能

クラウドストレージにデータをアップロードしたい場合は、「リモートアップロード」機能を楽しんでください。

アップロード機能
アップロード機能

また、MultCloudは同じプロバイダの複数のアカウントをまとめることもできます。例えば、MEGAの複数アカウントの連携複数Googleドライブの連携Dropboxの複数アカウントの連携など。より詳しい情報はMultCloudのホームページで確認できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能