> チュートリアル > クラウド転送 > クラウドストレージの間にデータを転送します

クラウドストレージの間にデータを転送します

Author Aomei

投稿者@Aomei

2020年5月20日 | 3分くらいかかる

Author Aomei

Aomei

Aomeiは、multcloud.comの編集者として長年製品についての記事を翻訳したり、ITに関する知識を書いたりしています。

人気記事
クラウドストレージの間にデータを転送します
ファイルをダウンロード-Googleドライブへ保存
Googleドライブ「バックアップと同期」について|設定と使い方など

クリックでクラウドストレージから他のクラウドストレージへデータを直接移行するというニーズがあるユーザーは少なくないんです。MultCloudのデータ転送機能を利用してこのタスクを簡単に完成し、データを安全かつ迅速に転送できます。

クラウドストレージの間にデータ転送

複数のクラウドストレージを同時に使用しているユーザーが沢山います。日常の管理にあたって、あるクラウドストレージから別のクラウドストレージにファイルを移行する場合もよくあります。もちろん、通常の操作はソースのクラウドストレージからデータをパソコンにダウンロードしてもう一つのクラウドストレージにアップグレードします。それは自分のネットスピードに依存し、データの転送が終了まで待つしかないし、多くの時間をかけます。しかも、ローカルディスクの領域を占有します。本当に煩わしいでしょう。今回の記事はクラウドの間にデータを直接転送する方法を説明します。

既存のクラウドストレージ会社は互いに激しく競争しているため、データを共有するわけがないんです。各自のクラウドストレージ製品をまとめて総合管理し、異なるクラウドストレージ間でデータを直接転送します。望みのものですか。MultCloudはこれら要望を完全に満たせるサービスです。

無料ツールMultCloudを使ってクラウドストレージ間でデータを転送します

上記のように、クラウドストレージ間でデータを移行するには、サードパーティのツールの助けが必要です。多くの有料のツールと比べて、無料で基本の機能を全部利用できるMultCloudは優れたツールです。MultCloudを使用すると数回のクリックだけでクラウドストレージに格納したファイル、フォルダ、写真、画像、動画やドキュメントなどのデータを安全に移行できます。例えば、GoogleドライブからDropboxにファイルを移行します。転送がかかる時間は転送するデータ量によって異なります。

どうやってMultCloudを使ってファイルを転送します

アカウントを作成します

クラウドストレージ間でデータを転送するにはまずMultCloudのアカウントを作成します。このサイトのどのページでも左下と右上にある「サインイン」ボタンをクリックしてアカウントを作成できます。

また、MultCloudについて疑問がある場合は個人情報を登録する必要のない「ゲストアカウント」を使ってMultCloudの機能を体験できます。「サインイン」→「ゲストアカウントでログイン」をクリックして体験用アカウントを使って全ての機能を試します。ご要望を満たしたら、引き続き正式のアカウントを作成して弊社のサービスを利用することができます。

クラウドストレージを追加します

ゲストアカウントまたは正式なアカウントでサインインしたら、お使いのクラウドをMultCloudに追加して、それらのクラウドを一括で管理できます。

MultCloudにサインインして、メインウィンドウの「クラウドを追加」をクリックして追加します。追加するクラウドのアイコンを選択して(ここではDropboxを例に取ります)「次へ」をクリックし、指示に従ってクラウドストレージの追加を完了します。


クラウドを追加
クラウドを追加

この手順を繰り返して全てのクラウドストレージを追加します。

クラウドストレージ間でデータを移行します

MultCloudに追加されたクラウドストレージの間にファイルを転送できます。

MultCloudのメインウィンドウに「クラウド転送」をクリックします。次のウインドウに「転送元」と「転送先」を指定します。


転送設定
転送設定

ご覧の通り、「オプション」と「スケジュール」の2つのボタンがあります。「オプション」をクリックし、転送先は既に転送元と同じファイルが存在する場合の対策を指定します。転送した後にソースクラウド内の転送されたファイルをすぐに消去する場合は「転送が完了した後にすべてのソースファイルを削除します。」をチェックします。転送タスクが終了したらメール通知を送る必要がある場合は「タスクが完了すると電子メール通知を送信する」をチェックします。


オプション
オプション

スケジュール」はもう一つ便利な機能です。毎日、毎週または毎月定期的にクラウド間でファイルを転送する必要があるユーザーはこの機能を利用してクラウドの管理に役立ちます。


スケジュール
スケジュール

転送した後、転送先のクラウドを確認するには「クラウドエクスプローラ」をクリックしてクラウドの内容を調べます。


クラウドエクスプローラ
クラウドエクスプローラ

ヒント:

エクスプローラで確認したいファイルが大量にある場合は、数分の待ってからチェックしてください。

ターゲットファイルがまだ表示されない場合は、ブラウザをリフレッシュしてファイルが表示されます。

上記の方法を使用すると、同じクラウドブランドの移行、異なるクラウドブランドの移行、プライベートクラウドからパブリッククラウドへの移行などを行うことができます。

MultCloudが対応するクラウド

Multcloudの主要機能

  • 簡単にファイルを管理したり情報を配信するためにクラウド、FTP及びWebDavのファイルを転送します。

  • 一方向または双方向でクラウドまたはクラウドディレクトリ間で同期を行います。

  • 複数のクラウドストレージを一つにまとめて管理し、Windowsのエクスプローラのように扱えます。