複数のクラウドを管理するアプリ

Dropbox、Google Driveなどいくつかのクラウドストレージを使用して様々な文書をオンラインで保存、共有するかもしれません。しかし、それから生じる問題は面倒くさいな管理です。以下の状況を想像してみてください。あるものが存在しているということを知っていますがそれがどこにあるかを覚えていません。確かに重要な写真がありますが、それがどのアカウントに格納されたか忘れてしまいました。従って、全てのストレージを一つずつ確認しなければなりません。幸いなことにMultCloudはクラウドサービス間でファイルを検索できます。そのため、すぐに探したいものを見つけることができます。

MultCloud経由のクラウド検索

名前のとおり、MultCloudは複数のクラウドストレージを管理するためにデザインされた無料ウェブベースのアプリです。このツールは20個以上のサービスに対応します:Dropbox、Evernote、Flickr、Amazon Cloud Drive、Amazon S3、WebDav、Google Drive、Box、SugarSync、OneDrive、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、Hidrive、BaiDu、MediaFire、ownCloud、Alfresco、ADrive、Hubic、MySQL、MEGA 、FTP/SFTP。今、それがどのように稼働するかを見てみましょう。

まず、MultCloudアカウントに登録します。このアカウントはMultCloudが対応する全てのクラウドのマスターキーに似ています。登録なしに体験することも可能です。

登録する
登録する

そして自分の要求によってクラウドストレージを追加します。追加するサービスはOAuth認証をサポートするなら、ユーザー名とパスワードは要求されません。

クラウドストレージを追加
クラウドストレージを追加

最後、急に1つの文書を探す時、検索ボックスにキーワードまたはサフィックスを入力するだけが必要です。プロバイダーをチェックすることを忘れないでください。そしてターゲットファイルを素早く探し出すことができます。

プロバイダーをチェック
プロバイダーをチェック

概要

検索サービスはMultCloudのほんの一部です。もちろん、よく使用されたデータ転送(例えば、DropboxからOneDriveにファイルを移行)と同期スケジュールされたファイルコピーも使用可能です。

検索サービス
転送

一部のユーザーはデータの安全性を心配します。弊社のMultCloudはデータ転送に256bit AES暗号化を使用します。それにその認証システムはOAuthに基づきます。OAuthはエンドユーザーはクライアントにユーザ名やパスワードを知らせることなく、サーバーリソースへの第三者アクセスを認可することができます。要するに、MultCloudは有用かつ安全な機能を提供して複数のクラウドサービスをまとめて管理します。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能