複数のMEGAアカウントを作成する原因

今はクラウド時代です。安全性や便利さのため、ローカルディスクに保存するより、より多くの人はデータをクラウドに保存しています。クラウドにデータを保存すると、インターネット経由でどこでもいつでもデータにアクセスできます。したがって、無料のストレージス容量のサイズは、クラウドを選択する一番重要な要素の1つになりました。 現在、Googleドライブ、OneDrive、Dropbox、MEGAなど、市場に有名なクラウドドライブが多くあります。その中に、MEGAは非常に有名なオンラインストレージサービスです。

MEGAは無料で 50GB まで使える大容量クラウドストレージなので、とても魅力的で、それを使用する人も沢山います。しかし、50GBの空きストレージス容量は足りないと思っている人も少なくないです。そこで、メールアドレスが複数あればいくつでもMEGAアカウントを作成することができますので、空きストレージス容量を増やしたい人は、複数のMEGAアカウントを作成することにしました。また、用途のため使い分けて複数のMEGAアカウントを作成するユーザーも少なくないです。

MEGAの複数アカウントを管理する必要がある

前述のように、複数のMEGAアカウントを持っているユーザーが少なくないです。しかし、複数のアカウントをうまく管理ことはそれほど簡単ではありません。

MEGAアカウントを以下の通りに分類できます:

コンテンツによって、ビデオ用のアカウント、写真用のアカウントなどに分けられます。
プロパティに応じて、個人用のアカウント、仕事用のアカウント、古いデータ用のアカウント、新しいデータ用のアカウントなどに分けられます。

複数のMEGAアカウントを一括管理することには、次の3つの利点があります:

  • ターゲットファイルをより簡単に見つけられる
  • スペースをより合理的に活用する
  • 複数のMEGAアカウント間でファイルの移動・コピーなどの操作ができる

MultCloudを使用してMEGAの複数アカウントを管理する

MultCloudは、複数のクラウドストレージを管理するためのWebアプリケーションです。複数のクラウドストレージアカウントを一箇所でまとめて管理できるだけでなく、ダウンロードやアップロードせずにクラウドストレージ間でファイルを転送・同期することもできます。また、MultCloudはDropbox、Google Drive、Box、Amazon S3、MEGAなど30個以上の有名なクラウドサービスをサポートします。

では、今からクラウド転送サービス「MultCloud」を使用して複数のMEGAのアカウントを管理する方法についてご紹介します。

ステップ 1. 無料のアカウントを作成します。MulCloudは「ゲストアクセス」機能も備えています。一時的なアカウントで楽しめますが、自分のアカウントは遅かれ早かれ作成したほうがいよいかと思います。

アカウントを作成
アカウントを作成

ステップ 2. MEGAをMultCloudに追加します。ちなみに、MultCloudに無制限のMEGAアカウントを追加できます。

MEGAを追加
MEGAを追加

ステップ 3. 管理オプション。管理したいMEGAファイルを右クリックすると、通常の操作選択があります。また、MultCloudはクラウド間でファイルの検索もサポートしています。

管理
管理

概要

MultCloudの主な機能は、転送と同期です。例えば、「クラウド転送」機能で、MEGAに保存されているファイルを他のクラウドに転送します。データをドラッグ&ドロップでクラウドサービス間でファイルを直接移動することもできます。ファイルを他のクラウドにコピーしたい場合は、「コピー」と「コピー先」オプションを試してみよう。

また、MultCloudはタスクをバックグラウンドで実行されたいるので、ページを閉じても、電源を切っても構いません。「スケジュール」オプションで転送・同期タスクを設定することもできます。より詳しい情報はMultCloudのホームページで確認できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能