なぜOneDriveからGoogleドライブにデータを移行しますか?

 

OneDriveからGoogleドライブに移行
OneDriveからGoogleドライブに移行

OneDriveは以前、SkyDriveと呼ばれ、Officeファイル、写真や動画など様々なデータをオンライン上に保存できるクラウドストレージサービスです。Microsoftアカウントさえあれば、無料で使用できます。また、ファイルを共有すれば、パソコンやスマートフォン・タブレットなどからファイルの閲覧や編集、削除ができるのです。

しかし、近年OneDriveからGoogleドライブにデータを移行しようと考えるユーザーも増え続けています。Googleドライブは、Googleにより提供されるオンラインストレージサービスです。Google アカウントを取得すれば、誰でもデータの保存をすることができます。考えられる理由は大体二つあります:

一つ目:無料ストレージ容量が減っているため

OneDriveは2016年1月31日より、無料ストレージ容量が15GBから5GBになりました。そのため、OneDriveからGoogleドライブに切り替えようとするユーザーが少ないです。もちろん、データの移行もしなければならないです。

二つ目:複数のクラウドを使用しているため

より多くの無料ストレージ容量を得られるように、あるいは、クラウドを使い分けて、複数のクラウドを使用ことは珍しくありません。例えば、GoogleドライブとOneDriveの他に、Dropboxを持っているなど。しかし、複数のクラウドを使用している場合は、データの転送・同期・共有などの操作も避けられないです。

この記事では、OneDriveからGoogleドライブにデータを移行するのに、より適切な方法を紹介します。

OneDriveからGoogleドライブに移行する一般的な方法

ダウンロード&アップロード

OneDriveのファイルをGoogleドライブに転送する簡単な方法がありますが、時間がかかる可能性があります。

ステップ1:OneDriveの公式Webサイトにアクセスします。

ステップ2:OneDriveアカウントからGoogleドライブにコピーするファイルを選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックして、プロセスが完了するまで待ちます。

ダウンロード
ダウンロード

ステップ3:Google Driveの公式サイトにログインします。

ステップ4:「+新規」ボタンをクリックして、「ファイルをアップロード」を選択します。ポップアップウィンドウでOneDriveからダウンロードしたファイルを選択して、「開く」をクリックします。

ファイルをアップロード
ファイルをアップロード

この方法は転送するファイル数が少ない場合に役立ちますが、ファイルのサイズが大きく、PCのネットワーク速度がそれほど速くない場合は、大変時間がかかる以上、任務が失敗する可能性も高いです。では、ファイル数が多い、あるいは、ファイルのサイズが大きい場合はどうしますか?今から、OneDriveからGoogleドライブにデータを移行するもっと簡単な方法を紹介します。

MultCloud経由でOneDriveからGoogleドライブにデータを移行

今回は、ダウンロード・アップロードせずに、OneDriveからGoogleドライブにデータを簡単に移行する方法をご紹介します。それは、複数のクラウドサービス管理ツール--MultCloudです。MultCloudでのクラウドストレージ管理は完全に無料です。MultCloudを使用すると、複数のクラウドを一箇所で統合管理でき、データをより視覚的に管理できます。数回のクリックだけで、OneDriveからGoogleドライブに転送を移行できます。

ステップ1.アカウントを作成

MultCloudを使用するには、まずお持ちの電子メールアドレス、ユーザ名やパスワードをを使用してMultCloudアカウントを作成します。

Sign Up
アカウントを作成

ヒント:「仮アカウントで試用」オプションを選択して、メールアドレスを入力せずに一時的なアカウントを作成することができます。または、Googleアカウント、Facebookアカウントで直接ログインすることもできます。

ステップ2.クラウドを追加

MultCloudにログインしてから、左側にある「クラウドを追加」を選択します。そして、OneDriveアイコンをクリックします。

Add Cloud Drives
クラウドを追加

ステップ3.OneDriveアカウントを入力

アップウィンドウでメールや電話番号を編集し、次のステップをクリックして、パスワードを入力します。そしてMultCloudにOneDriveのデータにアクセスする権限を与えます。

Add OneDrive Account
ログイン

ステップ4.「コピー先」を選択

上記の手順を繰り返して、GoogleドライブアカウントをMultCloudに追加します。これで、1つのインターフェイスに2つの異なるクラウドドライブが表示されます。OneDriveからコピーするファイルをすべて選択してマウスを右クリックし、「コピー先」を選択します。

Copy to
コピー先」を選択

ステップ5.Googleドライブに転送

アップウィンドウでGoogleドライブを選択し、はいをクリックして、Googleドライブへのデータ移行が始まります。

Transfer
データ移行

ヒント:

  • ステップ4でOneDriveからコピーするファイルをすべて選択してマウスを右クリックし、「コピー」を選択する場合もOneDriveからGoogleドライブに移行することができます。OneDriveからコピーして、Googleドライブで貼り付ければ移行できます。
  • MultCloudはバックグラウンドでタスクを実行できるため、転送プロセスが開始されたら、ページを閉じたり、PCを閉じたりしても構いません。
コーヒーアンドペースト
コーヒーアンドペースト

あとがき

上記からわかるように、MultCloudを使用して、OneDriveからGoogleドライブにデータを簡単に移行するだけではなく、複数のクラウドサービス間で、または、複数のクラウドアカウント間でもデータを簡単に管理できます。

MultCloudは「コピー」、「コピー先」、「ペースト」のほか、「共有」と「プレビュー」機能も備わっております。例えば、「共有」機能を利用して、Googleドライブ上のファイルを共有することができます。

または、MultCloudは「クラウド転送」、「クラウド同期」、「リモートアップロード」などの機能も備わっております。例えば、MultCloud経由でGoogleドライブとOneDriveを同期することができます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能