> チュートリアル > クラウド転送 > 使いやすい複数クラウドの管理者 - 無料MultCloud

使いやすい複数クラウドの管理者 - 無料MultCloud

Author Yuki

投稿者@Yuki

2020年5月19日 | 3分くらいかかる

Author Yuki

Yuki

ゆきは、multcloud.comの編集者として長年製品についての記事を翻訳したり、ITに関する知識を書いたりしています。

人気記事
DropboxからGoogle Driveへ写真を転送する最も簡単な方法
GoogleドライブからFlickに写真を直接移動する
Web上でOneDriveからFlickrへ写真を無料転送します

複数クラウドの管理者 - MultCloudを必要とする理由

現在、人はデータをローカルディスク、外付けHDDだけでなく、クラウドストレージにもバックアップします。人々はクラウドストレージを使用して様々なファイルを保存するので、インターネット経由でどこてもいつでも格納されたファイルにアクセスできます。しかし、それは多くの制限があります。全てのクラウドサービスが無料でなく、いくつか無料ですが使用できるストレージ容量は少ないです。そのため、多くのユーザーはより多いストレージを得るためにいくつかのサービスに複数のアカウントを作成します。その問題を解決しますか、別の問題が生じます。より多いアカウントはより多いトラブルを意味します。そして私たちは複数クラウドの管理者を探します。この時、MultCloudは登場しました。他のクラウドマネージャーと比べてMultCloudは以下のメリットを持っています:無料です(他の一部の管理者は限られた試用期間または限られた転送帯域幅を提供します)。MultCloudはウェブベースのアプリです(他の一部の管理者はデスクトップアプリケーションです)。ユーザーはそれを使用してクラウドの間でデータを自由かつ簡単に移動、同期、バックアップできます。そのため、インターネットとデバイスがあるかぎり、MultCloudを使用できます。

MultCloudについてもっと詳しく見る

今、MultcloudはDropbox、Google Drive、Box、Amazon S3、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、Hubic、Evernote、OneDrive、MEGA、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav、FTP/SFTPなどクラウドサービスをサポートします。近い将来、それはもっと多くのクラウドをサポートできるだろう。MultCloudの最も実用的な機能はシームレスな移動です。Windowsエクスプローラでの同じ方法で、クラウドサービス間でファイルを転送できます。ファイルを1つのクラウドからローカルにダウンロードして他のクラウドに再アップロードする必要がありません。これは時間を節約します。個人情報の安全性を確保するためにMultCloudはデータ転送に256bit AES暗号化を使用します。そしてMultCloudの認証システムはOAuthに基づきます。OAuthはエンドユーザーはクライアントにユーザ名やパスワードを知らせることなく、サーバーリソースへの第三者アクセスを認可することができます。そのため、MultCloudで複数のクラウドストレージを管理する時、安全です。

MultCloudの主な機能

ファイルをクラウドサービスに直接アップロードする

クラウドサービス間でファイルを移動する

ファイルを共有する(ソーシャルウェブサイトと電子メール)

クイック検索(クイック検索バー)

ファイルをプレビューする(jpg、gif、png、pdf、xls、doc、txt、html、js)

MultCloudを使用する方法

まず、MultCloudに登録すべきです。他のウェブサイトの登録と同じくらい簡単です。自分好みのメールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力してください。或いは、登録なしにゲストアカウントでログインすることを選択できます。


MultCloudアカウントの作成
MultCloudアカウントの作成

ログインした後、MultCloudのユーザーフレンドリーかつシンプルなインターフェースが表示されます。ここでクラウドサービスをMultCloudに追加できます。次の指示はMultCloudに、接続したいアカウントへのアクセス権を付与します。各コネクタは異なる命令セットがあります。


クラウドを選択
クラウドを選択

MultCloudは対応するクラウド:Dropbox、Google Drive、Box、Amazon S3、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、Hubic、Evernote、OneDrive、MEGA、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav 、FTP/SFTP

MultCloudにターゲットクラウドサービスを追加した後、MultCloudでクラウドストレージ内の全てのファイルを見ることができます。それらを簡単に管理できます。例えば:FTPからDropboxに移行します。


Dropboxはディレクトリで表示され
Dropboxはディレクトリで表示され

右クリックメニューから、ファイルのダウンロード/アップロード、切り取り、削除、コピー&貼り付け、新しいフォルダの作成など基本的な操作を行えます。複数のクラウドサービスを管理、クラウドサービスの間でファイルを移動/転送するのはMultCloudの重要な機能です。それに加えて、MultCloudはクラウドサービス間でファイルを同期、バックアップ、転送できる機能を提供します。MultCloudのインタフェースの右上にクイック検索バーがあるので探したいファイルを見つけるのは簡単です。MultCloud はjpg、gif、png、pdf、xls、doc、txt、html、js形式のファイルをプレビューすることもできます。確かにMultCloudは複数クラウドの素晴らしい管理者です。

MultCloudが対応するクラウド

Multcloudの主要機能

  • 簡単にファイルを管理したり情報を配信するためにクラウド、FTP及びWebDavのファイルを転送します。

  • 一方向または双方向でクラウドまたはクラウドディレクトリ間で同期を行います。

  • 複数のクラウドストレージを一つにまとめて管理し、Windowsのエクスプローラのように扱えます。