複数のクラウドサービスを管理:より多いストレージ、より多い問題

最近、ますます多くの人は個人的なアイテムをDropbox、Google Drive、OneDriveなどクラウドサービスに保存するのが好きです。しかし、これらの全てのクラウドサービスはストレージに制限があります。従って、より多いストレージを得るのために、ほとんどの人は常に複数サービスのアカウントを作成します。ここで1つの疑問が起こります:これらの複数のクラウドサービスのアカウントをどのようにより効率的に管理しますか?クラウドサービス間のファイル移動

、同期、バックアップはともかく、特定のファイルを探したい度に、異なるアカウントの間で切り替えるのは本当に面倒なことに気づきます。そのため、複数のクラウドサービスを同時に管理する高度な方法はきっと大歓迎でしょう。

 

MultCloudで複数のクラウドストレージを管理する

MultCloudは複数のクラウドサービスを無料で管理できます。今まで、MultCloudはOneDrive、Dropbox、Google Drive、SugarSync、Amazon S3などクラウドのアカウントを結合し、まとめて管理できます。そのため、異なるアカウントの間で切り替えたい時に毎回ログインまたはサインアウトする必要がありません。また、それは2つのサービス間でクラウドを簡単かつ迅速にバックアップ、転送、同期できます。

クラウドサービスを無料で管理
クラウドサービスを無料で管理

MultCloudは対応するクラウド:Evernote、Dropbox、Google Drive、Box、Amazon S3、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、Hubic、OneDrive、MEGA、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yande、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav 、FTP/SFTP

MultCloudの認証システムはOAuthに基づきます。OAuthはエンドユーザーはクライアントにユーザ名やパスワードを知らせることなく、サーバーリソースへの第三者アクセスを認可することができるオープンスタンダード です。そのため、MultCloudを使用するのはとても完全です。

MultCloudの最も実用的な機能はシームレスな移動です。MultCloudの助けを借りてWindowsエクスプローラでの同じ方法で、クラウドサービス間でファイルを転送できます。ファイルを1つのクラウドからダウンロードしてもう1つのクラウドにアップロードする必要がありません。また、その高度な機能はスケジュールされたファイルコピーです。

スケジュールトランスファー
スケジュールトランスファー

MultCloudを使ったら、異なるクラウドの間でアップロード、ダウンロードするのは1つのクラウドサービスでその操作を実行するような簡単です。唯一の違いは一度ログインしてクラウドサービスにアクセスする必要があることです。

それに加えて、MultCloudで異なるファイル(形式:JPG、GIF、DOC、XLS、PDF)をプレビューして区別できます。次の更新でそれはより多い形式に対応します。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能