Dropbox、OneDrive、Googleドライブなどのアカウントを管理する

現在、クラウドストレージサービスはだんだん従来のHDDに取って代わり、ますます普及してきます。クラウドを使うと、その上の項目をもっと簡単にSNSに共有できるだけでなく、オンラインでデータを保存するのはもっと安全なので、多くのユーザーは個人ファイルをクラウドサーバーにアップロードしようと思っています。しかし、Dropbox、OneDrive、Googleドライブまたは他のサービス、複数のアカウントを持っている場合、それらを同時に管理するのは非常に面倒です。すべてのクラウドをどのように最大限に活用しますか?クラウドの間でデータをどのようにバックアップ、転送、同期しますか?多くの問題があります。それで、複数のクラウドを一元管理できるために、特にデザインされたソフトウェアが現れます。それらの中でMultCloudは無料で、フル機能です。それは複数のクラウドサービスの管理に役立ちます。

主な機能

複数のクラウドストレージを結合する

MultCloudはDropbox、Google Drive、Box、Amazon S3、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、Hubic、Evernote、OneDrive、MEGA、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav、FTP/SFTPを含む色々なクラウドサービスによって認証されます。ユーザーは上述したサービスに含まれたアカウントをMultCloudに追加でき、より大きなストレージを利用できます。これらのクラウドはMultCloudに追加されると、ユーザーはすべてのアカウントをもう一度別々にログインする必要がありません。MultCloudの主な画面で異なるクラウドサービスのアイコンをシンプルにクリックして異なるアカウントに直接アクセスできます。「Onedrive、DropboxおよびGoogleアカウントを統合します」を参考することができます。


インタフェース 1
インタフェース 1

共有

ユーザーはMultCloudを使用する場合、ファイルをローカルHDDにダウンロードせず、Twitter(ツイッター)とFacebook(フェイスブック)の友達にファイルを共有できます。また、ユーザーは電子メールでファイルを共有することもできます。

ファイルを移動する

クラウドサービスの間でファイルを移動することはWindowsでドライブDからドライブEにファイルを移動するのと同じくらい簡単です。この機能はファイルをまずダウンロードしてバックアップする必要がないので、転送に多くの時間を節約します。高度な移動機能:スケジュールされたファイルコピー


インタフェース 2
インタフェース 2

クラウドを同期する

MultCloudによるクラウド同期は8つの方法があります。また、リアルタイム同期の方法とスケジュールの方法もあります。


インタフェース 3
インタフェース 3

プレビュー

MultCloudでdoc、jpg、gif、png、xls、pdf、txt、html 、 jsなどのファイルをプレビューできます。そのため、ダウンロードする前にファイルを区別できます。

クイック検索

この機能は複数のクラウドストレージ間で特定のファイルを即時に見つけたいユーザーのためにデザインされます。キーワードを入力したら、MultCloudは自動的に関連ファイルをフィルタリングします。


インタフェース 4
インタフェース 4

Google Chrome拡張機能

MultCloudはGoogle Chromeアプリがあります。次からそれを追加できます:ここをクリックして使い方を学びます。

MultCloudは複数のDropbox、OneDrive、Googleアカウントをすべて管理できます。上述したすべての機能を使用して異なるクラウドを管理できるし、クラウドサービスの間でファイルをバックアップ、同期、転送できます。

MultCloud Logo

クラウド間でファイルを素早く転送、同期またはバックアップします。

無料登録

100%安全

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能