MEGA VS Dropbox

MEGAとDropboxを比較すると、MEGAにはユーザーがDropboxからMEGAに移行しようとするいくつかのメリットがあります。初めてDropboxを使用する時、2 GBのクラウドストレージ容量を無料で入手できます。そして友達に紹介することを通して16 GBに増える可能性もあります。でもMEGAは最初からユーザーに50 GBの無料容量を提供します。クラウドにたくさんの大きなファイルを格納する場合、MEGAは素晴らしい選択です。MEGAはDropboxより遅く発表されます。Dropboxが容量不足になることを見つける時、アップグレードしたくないなら、MEGAに置き換えればいいです。

MEGAはより多い機能を備えています。以下の機能はMEGAが持っていますがDropboxが持っていないんです:

● フォルダを選択的に同期する(HDD上のいかなるフォルダを同期)

● ファイルの共有アクセス許可を設定する:読み取り専用、読み取り/書き込みなど

● エンドツーエンド暗号化

MEGAとDropbox、どちらもとても速いです。スピードを求めるなら、MEGAは貴方をガッカリさせません。安全について間違いなくDropboxよりMEGAの方が安全です。Megaのサイトでは「The Privacy Company」をうたっておりますからです。

MultCloudでDropboxからMEGAに移行する方法

現在、DropboxからMEGAに移行する条件では有利だと思っています。次はMultCloudを使ってDropboxからMEGAに移行する方法を説明します。しかし、この前にまずMultCloudを簡単に紹介させていただきます。MultCloudは複数のクラウドを管理できるウェブベースのアプリです。簡単に言えば、それは複数のクラウドを1つの場所に統合してそれらを同時に管理します。1つの場所なので、クラウドサービスの間でファイルを移動するのはたくさんの時間を節約します。DropboxからMEGAへの移行は実現されました。

MultCloudの使用は簡単です。アカウントを作成してログインできるか、または最初に登録することなく、体験できます。2番目の方法を選択する場合、MultCloudはランダムなユーザ名とパスワードを提供します。

MultCloudは対応するクラウド:Google Drive、Box、Amazon S3、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、Hubic、Evernote、OneDrive、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav、FTP/SFTP


サインアップが要らずに体験
サインアップが要らずに体験

MultCloudで最初の手順はクラウドの追加です。ちなみに、MultCloudは複数のMEGAアカウントを管理できます。制限がありません。そしてWindows Explorerのように移行操作を実行します:コピーして貼り付けます。「コピー先」オプションを選択します。直接ドラッグ&ドロップします。


dropboxをコピー
dropboxをコピー

大量のファイルを一度に全て転送できないので、Dropbox全体を移動したい時、転送パネルに切り替えてください。スケジュールされている転送はいい選択です。DropboxからMEGAへの移行は設定の通りに行われています。


dropboxとmega
DropboxとMega

アップデート:今MultCloudの同期サービスを通してDropboxとMEGAを同期することもできます。


dropboxとmegaを同期
DropboxとMegaを同期

まとめ

DropboxからMEGAへの移行またはMEGAからDropboxへの移行はダウンロードと再アップロードを二度と必要としません。MultCloudは複数のクラウド管理ソフトウェアです。それ自身はストレージスペースを提供しませんが転送量を提供します。一般的な使用に10 TBの転送量は十分です。それにMultCloudはデータを保存しません。ですからそれを安心に使用してください。

MultCloud Logo

クラウド間でファイルを素早く転送、同期またはバックアップします。

無料登録

100%安全

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能