なぜDropboxからMEGAに移動しますか?

情報が爆発している今の時代は、クラウドストレージの使用もますます多くなっています。その中にDropboxとMEGAはかなり広く使われています。しかし、最近、DropboxからファイルをMEGAに移動したいユーザーが多くなっていることに気づきました。この記事では、まず、DropboxとMEGAを比較してみて、なぜユーザーがDropboxからMEGAに移動するかを探って、そして、DropboxからMEGAに移行する方法について紹介します。

DropboxとMEGAを比較してみる

DropboxとMEGAを比較してみる
DropboxとMEGAを比較してみる

無料ストレージ容量

Dropboxは、2 GBの無料ストレージ容量を提供し、友達に紹介することを通して最高16 GBに増えます。一方、MEGAは、15GB(アカウント取得時) + 35GB(30日間限定で初回登録ボーナス)、合わせてユーザーに50 GBの無料容量を提供します。

より多くの機能

● MEGAは、フォルダを選択的に同期可能(HDD上のいかなるフォルダを同期)

● MEGAは、ファイルの共有アクセス許可を設定する:読み取り専用、読み取り/書き込みなど

セキュリティ対策

MEGAは、「エンドツーエンド暗号化」を採用し、データが盗まれたとしても、暗号化されているので情報が漏えるリスクを軽減できます。

DropboxとMEGAを比較してみる結果

MEGAとDropboxを比較すると、ユーザーがDropboxからMEGAに乗り換えようとするいくつかのメリットがあります。

  • クラウドにたくさんの大きなファイルを格納する場合、MEGAは素晴らしい選択です。
  • 安全について間違いなくDropboxよりMEGAの方が安全です。Megaのサイトでは「The Privacy Company」をうたっておりますからです。

MultCloudでDropboxからMEGAに移行する方法

ここでは、最高のマルチクラウド管理ツール-MultCloudを強くお勧めします。いまからMultCloudを簡単に紹介させていただきます。

MultCloudは、複数のクラウドストレージを1箇所で統合管理でき、クラウド間でデータの転送、同期などを行え無料のWebアプリです。簡単に言えば、MultCloudは複数のクラウドを1つの場所に統合してそれらを同時に管理できるWebサービスです。

MultCloudを使用して、ファイルをダウンロード・アップロードせずに、数回のクリックでDropboxからMEGAへの乗り換えを実現できます。では、具体的な移動手順を紹介します。

ステップ1.MultCloudの使用は簡単です。まず、アカウントを作成してログインします。

MultCloud
アカウントを作成

ヒント:仮アカウントで試用」オプションを選択して、メールアドレスを入力せずに一時的なアカウントを作成することができます。または、Googleアカウント、Facebookアカウントで直接ログインすることもできます。

ステップ2.メインコンソールで、左側の「クラウドを追加」をクリックし、右側のクラウドドライブリストから「Dropbox」を選択します。ガイダンスに従って、MultCloudからDropboxアカウントへのアクセス請求を許可し、クラウドアカウントの追加を完了してください。

Dropboxを追加
Dropboxを追加

注:MultCloudに一度に追加できるクラウドアカウントは1つだけです。上記の操作を繰り返してMEGAをMultCloudに追加してください。

ステップ3.追加完了したら、Windows Explorerのように移行操作を実行できます。

方法1:「コピー先」と「コピー」機能を利用して、DropboxからMEGAに移動する

移動するDropboxファイルをチェックし、「コピー」または「コピー先」 を選択することで移動できます。

Dropboxからコピー
Dropboxからコピー

方法2:「クラウド転送」機能を利用して、DropboxからMEGAに移行する

「コピー先」と「コピー」機能は、大量のファイルを一度に全て転送できないので、Dropbox全体を移動したい時、転送パネルに切り替えてください。「クラウド転送」をクリックし、Dropboxを「転送元」として選択し、MEGAを「転送先」として選択し、「今すぐ転送」をクリックすると、転送が開始されます。

「スケージュール」を設定することで、DropboxからMEGAにデータを定期的に移行できます。

dropboxとmega
DropboxとMega

ヒント:

  • MultCloudはバックグラウンドでタスクを実行しているため、転送プロセスが開始されたら、ページを閉じたり、PCを閉じたりしても構いません。
  • MultCloudの「クラウド同期」機能を通してDropboxとMEGAを同期することもできます。
dropboxとmegaを同期
DropboxとMegaを同期

まとめ

MultCloudを利用することで、DropboxからMEGAへの移動、またはMEGAからDropboxへのファイル転送を簡単に実現できます。また、MultCloudは、Dropbox、Google Drive、G Suite、OneDrive、MEGAなど30個以上の主流クラウドをサポートするので、必要であれば、お持ちのすべてのクラウドアカウントをMultCloudに追加しても構いません。

それに、MultCloudはデータの転送には暗号化され、データ通信で利用したデータはキャッシュしません。クラウドサービスへの認証にも「OAuth認証」を使用するので、パスワード情報を一切保管しません。つまり、セキュリティーに心配する必要がありません。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能