> チュートリアル > クラウド転送 > MultCloudでDropboxからMEGAに移行する

MultCloudでDropboxからMEGAに移行する

Author Yuki

投稿者@Yuki

2020年5月19日 | 3分くらいかかる

Author Yuki

Yuki

ゆきは、multcloud.comの編集者として長年製品についての記事を翻訳したり、ITに関する知識を書いたりしています。

人気記事
DropboxからGoogle Driveへ写真を転送する最も簡単な方法
GoogleドライブからFlickに写真を直接移動する
Web上でOneDriveからFlickrへ写真を無料転送します

MEGA VS Dropbox

MEGAとDropboxを比較すると、MEGAにはユーザーがDropboxからMEGAに移行しようとするいくつかのメリットがあります。初めてDropboxを使用する時、2 GBのクラウドストレージ容量を無料で入手できます。そして友達に紹介することを通して16 GBに増える可能性もあります。でもMEGAは最初からユーザーに50 GBの無料容量を提供します。クラウドにたくさんの大きなファイルを格納する場合、MEGAは素晴らしい選択です。MEGAはDropboxより遅く発表されます。Dropboxが容量不足になることを見つける時、アップグレードしたくないなら、MEGAに置き換えればいいです。

MEGAはより多い機能を備えています。以下の機能はMEGAが持っていますがDropboxが持っていないんです:

● フォルダを選択的に同期する(HDD上のいかなるフォルダを同期)

● ファイルの共有アクセス許可を設定する:読み取り専用、読み取り/書き込みなど

● エンドツーエンド暗号化

MEGAとDropbox、どちらもとても速いです。スピードを求めるなら、MEGAは貴方をガッカリさせません。安全について間違いなくDropboxよりMEGAの方が安全です。Megaのサイトでは「The Privacy Company」をうたっておりますからです。

MultCloudでDropboxからMEGAに移行する方法

現在、DropboxからMEGAに移行する条件では有利だと思っています。次はMultCloudを使ってDropboxからMEGAに移行する方法を説明します。しかし、この前にまずMultCloudを簡単に紹介させていただきます。MultCloudは複数のクラウドを管理できるウェブベースのアプリです。簡単に言えば、それは複数のクラウドを1つの場所に統合してそれらを同時に管理します。1つの場所なので、クラウドサービスの間でファイルを移動するのはたくさんの時間を節約します。DropboxからMEGAへの移行は実現されました。

MultCloudの使用は簡単です。アカウントを作成してログインできるか、または最初に登録することなく、体験できます。2番目の方法を選択する場合、MultCloudはランダムなユーザ名とパスワードを提供します。

MultCloudは対応するクラウド:Google Drive、Box、Amazon S3、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、Hubic、Evernote、OneDrive、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav、FTP/SFTP


サインアップが要らずに体験
サインアップが要らずに体験

MultCloudで最初の手順はクラウドの追加です。ちなみに、MultCloudは複数のMEGAアカウントを管理できます。制限がありません。そしてWindows Explorerのように移行操作を実行します:コピーして貼り付けます。「コピー先」オプションを選択します。直接ドラッグ&ドロップします。


dropboxをコピー
dropboxをコピー

大量のファイルを一度に全て転送できないので、Dropbox全体を移動したい時、転送パネルに切り替えてください。スケジュールされている転送はいい選択です。DropboxからMEGAへの移行は設定の通りに行われています。


dropboxとmega
DropboxとMega

アップデート:今MultCloudの同期サービスを通してDropboxとMEGAを同期することもできます。


dropboxとmegaを同期
DropboxとMegaを同期

まとめ

DropboxからMEGAへの移行またはMEGAからDropboxへの移行はダウンロードと再アップロードを二度と必要としません。MultCloudは複数のクラウド管理ソフトウェアです。それ自身はストレージスペースを提供しませんが転送量を提供します。一般的な使用に10 TBの転送量は十分です。それにMultCloudはデータを保存しません。ですからそれを安心に使用してください。

MultCloudが対応するクラウド

Multcloudの主要機能

  • 簡単にファイルを管理したり情報を配信するためにクラウド、FTP及びWebDavのファイルを転送します。

  • 一方向または双方向でクラウドまたはクラウドディレクトリ間で同期を行います。

  • 複数のクラウドストレージを一つにまとめて管理し、Windowsのエクスプローラのように扱えます。