OneDriveへのWebDAVアクセス

OneDriveへのWebDAV接続はOneDriveのためにWebDAVを使用してサービスをネットワークドライブとしてマウントできることを意味します。でもそれを設定する方法は何ですか?心配しなく、この記事はWebDAVをOneDriveと接続する簡単な方法を紹介します。

アカウントの追加だけが必要である

MultCloudを使用してOneDriveへのWebDAV接続を実現してみる場合、アカウントをMultCloudに追加するだけが必要です。MultCloudはウェブベースのアプリで、特に全てのクラウドサービスを1つの場所にまとめてうまく管理するためにデザインされます。


MultCloudに追加

OneDrive、WebDAVの他にMultCloudはDropbox、Evernote、Flickr、Amazon Cloud Drive、Amazon S3、Google Drive、Box、SugarSync、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、Hidrive、BaiDu、MediaFire、ownCloud、Alfresco、ADrive、hubiC、MySQL、MEGA、FTP/SFTPにも対応します。つまり、異なるクラウド間でファイルを簡単に転送できるし、同じプロバイダーのいくつかのアカウント間でファイルを転送できます。

手順

MultCloudアカウントを作成するか、または登録なしに体験することができます。後者を選択するなら、ユーザー名とパスワードがランダムに生成されます。


登録

ログインした後、前が言うとおりにOneDriveへのWebDAV接続はアカウントの追加だけを必要とします。それらを一つずつ追加します(OneDrive for Businessもサポートされます)。


アカウントの追加

アカウントを追加した後、ドラッグを通してWebDAVとOneDriveの間でファイルを直接コピー、移動できます。或いは、コンテキストメニューからコピーオプションを使用します。MultCloudは「Transfer(転送)」タブでドキュメントを定期的にバックアップ、転送する方法を提供します。MultCloud 4.0以後それは「Sync(同期)」タブにあります。


転送

MultCloud経由でWebDAVをOneDriveへ接続するのは簡単なことでしょう。ちなみに、MultCloudで特定のファイルを右クリックする時、より多くのオプションを見ることができます。例えば、Share(共有)、Preview(プレビュー)。また、データの安全性はユーザーにとって重要な因子であるので、https://www.multcloud.com/jp/security.htmlからMultCloudの安全性を確認することができます。

MultCloud Logo

クラウド間でファイルを素早く転送、同期またはバックアップします。

無料登録

100%安全

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能