> チュートリアル > クラウド転送 > MultCloudですべてのクラウドサービスを一か所に集める

MultCloudですべてのクラウドサービスを一か所に集める

Author Yuki

投稿者@Yuki

2020年5月21日 | 3分くらいかかる

Author Yuki

Yuki

ゆきは、multcloud.comの編集者として長年製品についての記事を翻訳したり、ITに関する知識を書いたりしています。

人気記事
DropboxからGoogle Driveへ写真を転送する最も簡単な方法
GoogleドライブからFlickに写真を直接移動する
Web上でOneDriveからFlickrへ写真を無料転送します

クラウド統合に最適なアプリを選ぶ

この時代において、クラウドサービスは重要な役割を果たします。それはセントラルサーバーを介してファイルを移行することができます。市場で使用可能な無料クラウドサービスが多いので、ほとんどのユーザーが複数のクラウドストレージを使用することは驚くことではありません。しかし、こういう状況で異なるアカウントを管理するのは面倒なことになっています。一枚の写真や1つのメモなどを探し出すために、毎回数十個のクラウドにログインするのが誰でも好きではありません。ですから、すべてのサービスを一か所にまとめるためのアプリケーションが必要そうです。そして複数のクラウドサービスを統合できるだけでなく、強力な検索能力を持つMultCloudは最善の選択かもしれません。

MultCloudの紹介

MultCloudはすべてのクラウドストレージを1つの場所にまとめる無料ツールです。それはウェブベースのアプリなので、スマートフォン、タブレット又はコンピューターに何のソフトウェアをインストールする必要がありません。ネットワークがあれば、ブラウザで一度ログインしてすべてのクラウドにアクセスすることができます。

対応するクラウドサービス:Dropbox、Evernote、Flickr、Amazon Cloud Drive、Amazon S3、WebDav、Google Drive、Box、SugarSync、OneDrive、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、Hidrive、BaiDu、MediaFire、ownCloud、Alfresco、ADrive、Hubic、MySQL、MEGA、FTP/SFTP

MultCloudですべてのクラウドを一か所に集める方法

次はMultCloudを通して全てのクラウドストレージを1つの場所にまとめることを実現するための手順です。

アカウントを作成します。登録なしに体験したい場合、ランダムなユーザー名とパスワードを取得できます。


アカウントを作成
アカウントを作成

管理したいクラウドサービスを追加します。


クラウドサービスを追加
クラウドサービスを追加

そして、コピーオプションを使用するか、ファイルを直接ドラッグしてこれらのクラウドの間でデータを移行することは可能になります。ご覧のように、ファイルをプレビュー、アップロード/ダウンロード、共有できるし、クラウド間で検索することもできます。


コピーオプション
コピーオプション

MultCloudを使用すると、3つの手順だけで全てのクラウドサービスを1つの場所に正常にまとめることができます。簡単でしょう。また、「転送」タブでスケジュールされるファイルコピーも使用可能です。


転送
転送

更に、MultCloudは4.0版以降クラウド同期機能を搭載しました。それはクラウド間での同期のために8つの方法を提供します。


クラウド同期機能
クラウド同期機能

ここまで、MultCloudは全てのクラウドストレージを一か所に管理するのに良い選択であることが分かるでしょう。データの安全性を心配する必要もありません。MultCloudはデータ転送に256bit AES暗号化を使用します。それに認証システムはOAuthに基づきます。OAuthはエンドユーザーはクライアントにユーザ名やパスワードを知らせることなく、サーバーリソースへの第三者アクセスを認可することができます。

MultCloudが対応するクラウド

Multcloudの主要機能

  • 簡単にファイルを管理したり情報を配信するためにクラウド、FTP及びWebDavのファイルを転送します。

  • 一方向または双方向でクラウドまたはクラウドディレクトリ間で同期を行います。

  • 複数のクラウドストレージを一つにまとめて管理し、Windowsのエクスプローラのように扱えます。