> チュートリアル > クラウド転送 > Box、OneDrive、FTP、GoogleドライブとDropbox間でファイル移動

Box、OneDrive、FTP、GoogleドライブとDropbox間でファイル移動

Author Aomei

投稿者@Aomei

2020年5月19日 | 3分くらいかかる

Author Aomei

Aomei

Aomeiは、multcloud.comの編集者として長年製品についての記事を翻訳したり、ITに関する知識を書いたりしています。

人気記事
クラウドストレージの間にデータを転送します
ファイルをダウンロード-Googleドライブへ保存
Googleドライブ「バックアップと同期」について|設定と使い方など

なぜ人々はMultCloudを必要とします

ほとんどの人はもっと多くの無料ストレージ容量を利用するために複数のクラウドサービスのアカウントを持っています。今、一部のファイルを1つのサービスから別サービスへ移動、同期、バックアップする必要があるかもしれません。例えば、GoogleドライブとDropbox間でファイルを移動します。

Dropboxは人気があるサービスの1つで、クラウドにファイルを保存できます。もしGmailやGoogleのアプリを使用しているなら、Googleドライブは間違いなく最も有用なものです。しかし、この2つの間でファイルをシームレスに移動するのは時間を費やすし、ちょっと複雑なタスクです。

従来の方法は、1つのサービスからファイルをダウンロード、そしてもう一度別サービスにアップロードすることです。このプロセスは沢山の時間だけでなく、2倍のファイル帯域幅を費やします。幸いなことに、現在MultCloudという複数のクラウドサービスの管理者を使用するなら、これらの問題を解決できます。MultCloudは複数のクラウドの管理のためにデザインされた無料ウェブベースのアプリです。次はそれを使用してGoogleドライブとDropbox間でファイルを簡単に移動する方法を説明します。

MultCloudにアカウントを追加します

MultCloudに訪問して無料アカウントを作成します。好みのメールアドレス、ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。そして「アカウントの作成」ボタンをクリックします。現在MultCloudは登録なしに体験できることもサポートします。


MultCloudに登録
MultCloudに登録

電子メールからアカウントを有効にした後、サインインしてクラウドサービスを追加します。次はDropboxをGoogleドライブにリンクする方法を紹介します。

Dropboxを選択して「次へ」をクリックして次のステップに進みます。


Dropboxを選択して追加
Dropboxを選択して追加

MultCloudは対応するクラウドは: Box、Amazon S3、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、Hubic、Evernote、OneDrive、MEGA、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav、FTP/SFTP

「Dropboxアカウントを追加」ボタンをクリックして自分のDropboxアカウントを認証します。指示に従って接続しているアカウントへのアクセス許可をMultCloudに与えます。そしてGoogleアカウントを同じ方法で追加します。GoogleドライブとDropboxの統合を終えた後、移動タスクを開始できます。


Dropboxアカウントを追加
Dropboxアカウントを追加

GoogleドライブとDropbox間でファイルを移動します

ファイルをDropboxとGoogleドライブ間で移動するのに3つの方法があります。

方法1:ターゲットファイルをチェックした後、左ボタンを押しながらマウスを移動してそのファイルをDropboxにドラッグします。


ドラッグを介するファイル転送
ドラッグを介するファイル転送

方法2:ターゲットファイルをチェックして右クリックします。そして「コピー先」を選択します。


「コピー先」オプション
「コピー先」オプション

ポップアップウィンドウでGoogleドライブを選択して「転送」をクリックします。「切り取り」は選択可能です。それをチェックするなら、転送後Dropbox内の転送されたファイルは削除されます。


「コピー先」設定
「コピー先」設定

方法3:2番目の方法に似ていますが、そんなにシンプルではありません。ウィンドウズエクスプローラでの伝統的なコピー&貼り付けと同じです。Googleドライブ内のターゲットファイルを選択して右クリックして「コピー」を選択します。


コピー
コピー

Dropboxの空白部分を右クリックして「貼り付け」を選択します。


貼り付け
貼り付け

ヒント:

● ファイルの保存に十分な容量があることを確保します。クラウドストレージを使い果たしたら転送は失敗します。

● 気長に待ってください。転送されているファイルのサイズは転送時間に影響します。

● お使いのインターネット接続も転送速度に影響します。

クラウドサービス間でファイルを転送するほかにMultCloudは多くの管理オプションがあります。MultCloudでドキュメントとピクチャーをプレビューできるし、それらをTwitterやFacebookと共有できるし、スケジュールファイルコピーを実行できます。4.0版以来、MultCloudは同期サービスを追加しました。MultCloudを使用して生活を楽しみましょう。

もっと詳しく

現在MultCloudはGoogle Chrome拡張機能にあることです。Google Chromeブラウザを使用するなら、この拡張機能のインストールを非常に推薦します。次からこの拡張機能を追加できます:その使用方法を参照してください。

MultCloudが対応するクラウド

Multcloudの主要機能

  • 簡単にファイルを管理したり情報を配信するためにクラウド、FTP及びWebDavのファイルを転送します。

  • 一方向または双方向でクラウドまたはクラウドディレクトリ間で同期を行います。

  • 複数のクラウドストレージを一つにまとめて管理し、Windowsのエクスプローラのように扱えます。