GoogleフォトとOneDriveを比較

Googleフォトは、Googleが開発した写真と画像の共有・保存用サービスです。Googleフォトは最高の写真管理用のサービスと言っても過言ではありません。高性能の顔認識機能と写真分類機能で写った写真を人物、被写体や撮影場所によって自動的に分類整理してくれます。GoogleフォトはGoogleドライブなどのGoogle系サービスと15GBの無料ストレージを共有しています。

一方、OneDriveは世界中幅広く使われているオンラインストレージとして非常に使いやすいです。OneDriveは5GBの無料ストレージだけ利用できますが、Microsoft 365サービスの一環としてほとんどのユーザーはMircrosoft 365のサブスクプションを購入しています。これでITBまでの大容量ストレージを利用できます。さらに、OneDriveでOfficeのオンラインWebサービスを利用できるので、OneDirveに保存されているOfficeファイルを直接に編集できます。

無料容量のためGoogleフォトからOneDriveへ乗り換えようとするユーザーも少なくないです。しかし、クラウドストレージ間でファイルを転送することにおいて、今最も考えられる一般的な解決策は、クラウドストレージサービス自体によって提供される「ダウンロード」および「アップロード」機能を使用することです。今回の記事は2つの方法を解説します。

GoogleフォトからOneDriveに移行する方法は?

方法1. ダウンロード&アップロード

1. GoogleフォトのHPにサインインします。

2. OneDriveに転送したい写真を全部選択します。

3. 「ダウンロード」ボタンをクリックし、写真をローカルストレージにダウンロードします。

Googleフォトからダウンロード
Googleフォトからダウンロード

4. OneDriveの公式サイトにサインインし、ホーム画面に「アップロード」アイコンを選択してダウンロードした写真をOneDriveにアップロードします。

OneDriveにアップロード
OneDriveにアップロード
  • 選択されたファイル、フォルダがzip形式のファイルに圧縮してからダウンロードされます。OneDriveにアップロードする前、圧縮ファイルを解凍する必要があります。
  • 一度にダウンロードできるファイル数には制限があります。Googleフォトの場合は写真または動画を合わせて500個のファイルまでです。たくさんの写真をダウンロードする場合、ダウンロードを繰り返す必要があります。

方法2. MultCloudを使ってGoogleフォトからOneDriveに移行

ダウンロードする写真が数千枚またはそれ以上ある場合、ダウンロードとアップロードで写真ファイルをOneDriveに移行するのは、非常に面倒でずいぶん長い時間がかかります。こういう場合はデータ転送ツールMultCloudを利用するのをお勧めします。

MultCloudとは、複数のクラウドストレージを1箇所で統合管理でき、クラウド間でデータの転送、同期などを行えるサービスです。MultCloudを使用して、ダウンロード・アップロードせずに、数回のクリックでGoogleフォトからOneDriveへ写真を移行することができます。それに、MultCloudはWebサービスですので、アプリをインストール必要なく、どこでもブラウザーを開いて使えます。では、具体的な手順を紹介します。

1. MultCloudを利用するにはまずアカウントを作成する必要があります。

アカウントを作成
アカウントを作成

2. 次に、GoogleフォトのアカウントをMultCloudに追加します。MultCloudにサインインします。

ホーム画面に「クラウド追加」をクリックしてください。Googleフォトのアイコンをクリックして、案内に沿ってMultCloudからGoogleフォトへのアクセスを許可します。

GoogleフォトアカウントをMultCloudに追加
GoogleフォトアカウントをMultCloudに追加

同じ方法でOneDriveアカウントを追加します。

3. 追加完了したら、MultCloudのホーム画面にOneDriveとGoogleフォトのアカウントが見えます。左側にある「クラウド転送」アイコンをクリックして次の画面へ進みます。

Googleフォト上のアルバムフォルダを転送元として、OneDrive上のフォルダを転送先として選択します。「今すぐ転送」をクリックすると、転送がスタートします。

GoogleフォトからOneDriveに写真を転送
GoogleフォトからOneDriveに写真を転送

ヒント

  • オプション」ボタンをクリックしてメール通知やファイルフイルターなどの設定を行えます。
  • スケージュール」にタスクを定期的に実行させるように設定できます。
  • MultCloudには、転送できるファイルのサイズと数に制限がありません。たくさんのファイルを移行する場合も一括的に転送できます。

Googleフォトから写真をOneDriveに移行した後、左側にある「タスクリスト」ボタンをクリックして、すべてのタスクが一覧表示される画面に入ります。 スケジュールとオプション、削除、ログなどの表示がここにあります。

タスクリスト
タスクリスト

あとがき

上記の方法によって、写真をGoogleフォトからOneDriveに簡単に移行できます。MultCloudはバックグラウンドでタスクを実行しているため、転送プロセスが開始されたら、ページを閉じたり、PCを閉じたりしても構いません。

それに、MultCloudには「クラウド転送」に加えて「クラウド同期」「リモートアップロード」「共有」の主要機能を備えています。例えば、MultCloudでOnedriveとGoogleフォトの間で写真を同期できます。OneDriveにアップロードすることもできます。

それ以外、MultCloudには「アップロード」、「ダウンロード」、「コピー」、「コピー先」や「共有」などのオプション機能もあります。URLからファイルをGoogleドライブにアップロードする場合は、この機能を使ってください。

より詳しい情報はMultCloudのホームページで確認できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能