ユーザーからの質問

ユーザーからの質問
ユーザーからの質問

「新しいWindows Live IDを作成する必要があるので、古いアカウントに接続されたSkydriveに多くのコンテンツをアップロードしました。現在、新しいMicrosoft Liveアカウントに接続されたSkydriveにそれを移動、同期またはバックアップしたいです。実現できますか?どのようにしますか?」

「私は新しいOutlook.comアカウントに登録しました。これを行う前に、古いMSN Windows Liveのモーフィングを作ってこれを実現できることを思いません。現在、2つのアカウントを持っていますが、全てのデータを新しいOutlook.comアカウントに移動して古いアカウントを削除したいです。またSkyDriveアカウントは追加ストレージを持っています。それを「Outlook.com」の新しいユーザーアカウントに移動したいです。この目的を実現する方法がありますか?」

多くのユーザーがフォーラムでこのような質問を提出しています。これらの質問は、実際には多くのOneDriveユーザーが抱えている問題です。要するに、OneDrive(Skydrive)アカウント間でファイルを移動、同期またはバックアップする方法について質問があります。この記事では、まずなぜユーザーがOneDriveアカウント間でファイルを移動したいか、そしてその具体的な解決方法を紹介します。

なぜOneDriveアカウント間でファイルを移動しますか?

OneDriveアカウント間でファイルを移動
OneDriveアカウント間でファイルを移動

OneDrive(旧称SkyDrive)は、Microsoftが立ち上げたファイルホスティングサービスおよび同期サービスです。写真、ビデオ、ドキュメントなど、あらゆる種類のファイルをOneDriveに保存できるため、必要に応じて任意のデバイスからファイルにアクセスできます。

さらに、無料ユーザーにも5GBの無料スペースを提供し、友達を招待したり、OneDriveアカウントにサインアップしたりすることで、最大15GBまでの空きスペースを追加できます。PCにOneDriveデスクトップアプリをインストールし、ファイルをOneDriveフォルダーに保存している場合は、ファイルのバックアップコピーがクラウドに自動的に作成されるため、データの損失を心配する必要はありません。それほど多くのメリットを備えているため、OneDriveは現在、市場をリードするクラウドストレージサーバーの1つとなっています。

OneDriveアカウント間でファイルを移動するには、次のような理由が考えられます。

  • 現在のアカウントは正しく機能していません。
  • 共有アカウントにいくつかの重要なドキュメントがあり、それらを個人アカウントに転送したいと考えています。
  • 現在のアカウントには、十分なスペースがありません。
  • 重要なデータをバックアップするために、別のアカウントに転送します。
  • アカウントを勉強や仕事などの用途に使い分けて使用していますが、間違いやミスのるため、アカウント間で移動しなければなりません。

様々な理由で、ユーザーがOneDriveアカウント間でファイルを移動、コピー、同期したいかもしれんませんが、どうすればよいですか?次のパートで答えを見つけましょう。

MultCloud経由でOneDriveアカウント間でファイルを移動する

幸いなことに、最高のマルチクラウド管理ツールーMultCloudは役に立てます。MultCloudを利用すると、OneDriveアカウント間でファイルをたやすく移動できます。

MultCloud
MultCloud

MultCloudは、複数のクラウドストレージを1箇所で統合管理でき、クラウド間でデータの転送、同期などを行え無料のWebアプリです。MultCloudを利用することで、ダウンロード・アップロードせずに、ファイルをコピー&ペーストするだけで、とても簡単にデータを移動させることが可能です。OneDriveだけでなく、MultCloudはDropbox、Google Drive、Box、Flickr、Google Photos、Amazon S3など30個以上のクラウドサービスもサポートしています。つまり、OneDriveアカウント間でファイルを移動するほかに、複数のOneDriveアカウントを統合管理することもできます。

以下のパートでは、MultCloudを使用してOneDriveアカウント間でデータを移行する方法について詳しく学習します。

ステップ1.まずは、MultCloudにアカウントを作成して、登録します。

MultCloud
アカウントを作成

ヒント:アカウントを作成したくない場合は、「仮アカウントで試用」をクリックして、一時的なアカウントを作成することができます。または、Googleアカウント、Facebookアカウントで直接ログインすることもできます。

ステップ2.MultCloudにログインした後、「クラウドを追加」をクリックし、OneDriveを選択して、ガイドに従ってOneDriveアカウントを追加します。

Onedriveを追加
Onedriveを追加

注:

  • MultCloudに一度に追加できるアカウントは一つだけです。複数のクラウドアカウントを追加したい場合は、追加手順を繰り返してください。
  • OneDriveアカウント間で区別をつけるために、表示名を変更したほうが良いです。ここでは例として、OneDriveを移動元に、OneDrive1を移動先にします。

ステップ3.OneDriveアカウントをMultCloudに追加完了したら、ファイルを移動、コピーできるようになりました。

方法1:「ドラッグ」&「ドロップ」機能

OneDriveを開き、ターゲットファイルを押したまま、OneDrive1にドラッグします。

ドラッグ&ドロップ
ドラッグ&ドロップ

注:この機能を使用するには、MultCloud旧版に切り替える必要があります。

方法2:「コピー」&「貼り付け」機能

OneDriveを開き、ターゲットファイルを右クリックして、「コピー」を選択します。

OneDriveからコピー
OneDriveからコピー

OneDrive1を開き、空白スペースで右クリックして、「貼り付け」をクリックすると、ファイルをOneDriveから別アカウントへ移行しました。

貼り付け
貼り付け

方法3:「コピー先」機能

OneDriveを開き、ターゲットファイルを右クリックして、「コピー先」を選択します。

Onedriveを追加
コピー先

ポップアップウィンドウでOneDrive1を選択し、「はい」をクリックすると、OneDriveアカウント間のファイルがコピーされます。

OneDriveアカウント間でファイルをコピー
OneDriveアカウント間でファイルをコピー

方法4:「クラウド転送」機能

クラウド転送」に移動し、OneDriveを「転送元」として選択し、OneDrive1を「転送先」として選択します。「今すぐ転送」をクリックすると、OneDriveアカウント間でのデータ移動が開始されます。

OneDriveアカウント間でファイルを移動
OneDriveアカウント間でファイルを移動

ヒント:

  • スケージュール」を設定することで、OneDriveアカウント間のファイルが自動的に移動できるようになります。
  • オプション」では、転送、メール通知、フィルターなどの設定を行えます。例えば、転送で設定することで、転送が完了すると、全てのソースファイルを削除するもできます。
  • より速い転送速度を求める場合、MultCloudアカウントをプレミアムアカウントにアップグレードして、10つまでのスレッドで高速転送を利用できます。
スケジュール
スケジュール
オプション
オプション

OneDriveアカウント間でファイルをコピーする一般的な方法

サードパーティのツールを利用する以外、実際、OneDrive自身もアカウント間でファイルを移動、コピーする方法を提供しました。しかし、かなり時間がかかりますので、注意しておきたいです。

方法1:ダウンロード・アップロード

ステップ1.OneDriveアカウントにログインします。

ステップ2.移動するファイルを選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてローカルPCにダウンロードします。

ダウンロード
ダウンロード

ステップ3.移動先OneDriveアカウントに切り替えます。

ステップ4.「アップロード」アイコンをクリックして、ファイルを新しいOneDriveクラウドに追加します。

アップロード
アップロード

注:転送するファイルがたくさんある場合、この方法は作業効率を大幅に低下させ、時間コストを増加させます。

方法2:共有機能

ステップ1.OneDriveアカウントにログインします。

ステップ2.移動するファイルを選択し、「共有」ボタンをクリックします。

共有
共有

ステップ3.「リンクを知っているすべてのユーザー」のところをクリックして、リンクを設定し、全ての設定を完了したら、「適用」をクリックします。

共有
共有

注:共有リンクの有効期限とパスワードなどの設定もできますが、OneDriveの有料会員にアップグレードする必要があります。

ステップ4.宛名のところで移動先のOneDriveアカウントを入力し、「送信」をクリックします。

MultCloudについてもっと詳しく見る

以上は、OneDriveアカウント間でファイルを移動、コピーする5つの無料方法です。必要に応じて最適な方法を選びましょう。

ご覧の通り、MultCloudは無料ウェブベースのアプリで、複数のクラウドサービスを管理できます。それに、MultCloudの認証システムはOAuthに基づきます。OAuthはユーザ名やパスワードを必要とせず、サードパーティーアプリケーションによるHTTPサービスへの限定的なアクセスを可能にする標準的な認証フレームワークです。そのため、ご心配なくMultCloudを使ってクラウド間でデータをバックアップ、同期、移動できます。

ストレージ生活をもっと楽に過ぎしたいユーザーなら、ぜひMultCloudを試してください。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能