複数のGoogleアカウント

1つのGoogleアカウントさえあれば、Googleドライブを含めるほとんどのGoogleアプリケーションを楽しむことができます。しかし、Googleドライブの容量を無料で利用することに制限があります。無料でストレージ容量を増やすために、より多くのアカウントを登録できます。複数のGoogleアカウントを登録したもう1つの理由は仕事とプライベートを分けるためかもしれません。

残念ながら、Googleドライブの複数のアカウントをデスクトップと同期させることは不可能です。「Googleドライブ」向けのクライアントソフトウェアは1つだけのアカウントを同期させることができます。昔、オタクは複数のGoogleアカウントを同期させる方法を知っているかもしれませんが、一般ユーザーはその方法をどのように行うか全然分かりません。

複数のアカウントの管理者 - MultCloud

ソフトウェア技術の進歩に伴い、変化が発生します。MultCloudと呼ばれるウェブアプリは、複数のGoogleアカウントの同期を可能にします。MultCloudはブラウザで作業するので、WindowsまたはMacで複数のGoogleアカウントを同期させることができます。それは簡単に使えるツールで、誰でもそれを素早く操作できます。

現在、MultCloudはGoogle Drive、Dropbox、Dropbox for Business Box、Amazon S3、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、hubiC、Evernote、OneDrive、OneDrive for Business、MEGA、Egnyte、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav、FTP/SFTPに対応します。

MultCloudに追加できる各クラウドサービスの数は無制限です。MultCloudは全てのクラウドサービスアカウントを1つの場所にまとめて管理します。アップロード、削除、作成、再命名、切り取り、コピー、共有、プレビューなど、シンプルな管理操作があります。また、MultCloudは安全で、ストレージじゃないからデータを保存しません。


googleドライブエクスプローラ
googleドライブエクスプローラ

MultCloudで複数のGoogleアカウントを同期させる

転送及び同期タスクはデータ転送量を費やします。無料MultCloudユーザーは毎月30GBのデータ転送量を利用できます。今、同期サービスに切り替えて、どのようにクラウドストレージを同期するかを見てみましょう。1つのGoogleアカウントをソースとして選択し、もう1つを転送先として選択します。そして同期のタイプを選択します:双方向同期、一方向同期、ミラー同期、移動同期、累積同期、更新同期、増分バックアップ同期、フルバックアップ同期。同期方法を決定した後、追加オプション(例えば、フィルタ)とスケジュールタスクがあります。全てが問題ないなら、MultCloudは2つのGoogleアカウント間の同期タスクを適用します。Task Manager(タスクマネージャ)でタスクをチェックすることができます。


同期サービス
同期サービス

最後

MultCloudの主要機能は転送です。例えば、Googleドライブを別アカウントへ転送します。クラウド転送サービスで同期を行うこともできます。上書きオプションを設定するだけでいいです。この方法はMultCloudの旧版に使用されました。現在、MultCloudは同期サービスを備えています。物事がもっと簡単になります。最後はChromeを実行するなら、MultCloudのChrome拡張機能をインストールすることをお勧めします。

MultCloud Logo

クラウド間でファイルを素早く転送、同期またはバックアップします。

無料登録

100%安全

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能