GoogleドキュメントからOneDriveへ

Google Docs(Googleドキュメント)はオンラインワープロであり、テキストファイルの作成とフォーマット、他人との共同作業をリアルタイムで行うことができます。Googleドキュメントの機能は次のとおりです:

Word文書をアップロードしてGoogle文書に変換します。

文書の編集、コメントまたは閲覧アクセス権を他のユーザーに設定しますので、文書を共同編集できます。

文書(ドキュメント)からの変更履歴を表示し、以前のバージョンにロールバックできます。

Google文書をWord、PDF、HTMLなどとして使用できます。

ドキュメントをさまざまな言語に翻訳できます。

Microsoft OneDrive(マイクロソフト ワンドライブ)とは、マイクロソフトが提供するWindows Live のサービスの1つである基本無料のオンラインストレージ。旧称Microsoft SkyDrive(マイクロソフト スカイドライブ)。OneDriveはあらゆる種類のファイルを保存でき、Microsoft Officeと密接に統合されています。また、このサービスはWindows 8とWindows 10で搭載されています。

さまざまな要求に応じて、GoogleドキュメントをOneDriveに転送したいと考えている人が多いです。Googleドキュメントのファイルは自動的にGoogleドライブに保存されるため、GoogleドキュメントからOneDriveへの移行は、GoogleドライブをOneDriveと同期させることと同じです。では転送方法は何ですか?

OneDriveにGoogleドキュメントを移動する方法

GoogleドライブとOneDriveを直接接続させることはできませんが、こんな操作を実行できるサードパーティ製のアプリがあります。ここでMultCloudをお推奨致します。MultCloudは、複数の異種クラウド間で通信を実現するWebベースのプラットフォームとして、20以上のクラウドサービスをサポートしています:

Dropbox、Evernote、Flickr、Amazon Cloud Drive、Amazon S3、WebDav、Box、SugarSync、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、Hidrive、BaiDu、MediaFire、ownCloud、Alfresco、ADrive、Hubic、MySQL、MEGA、FTP/SFTP。

Google Chromeブラウザのユーザーにとってより良い顧客体験を実現するには、MultCloudの拡張機能をインストールすることをお勧めします。

拡張
拡張

アカウントを作成をクリックすると、MultCloudのログインページが表示されます。新規アカウントを作成するかゲストアクセスでログインします。

サインイン
アカウントを作成

この拡張機能を使用すると、Googleドライブにアクセスするたびに、[TRANSFER TO CLOUD]ボタンが表示されます。そのボタンを選択し、ファイルを直接転送します。

クラウドへ移行
クラウドへ移行

ちなみに、OneDriveをMultCloudに追加することも忘れないでください。

メッセージ
OneDriveを追加

[クラウドを追加]をクリックし、OneDriveアカウントを追加します。Google DocsをOneDriveに転送する準備が整いました。クラウド転送ボタンをクリックし、転送元と転送先を選択、今すぐ転送をクリックします。

タスクを実行する
転送を実行する

バージョン4.0 以降であるなら、 クラウド同期を使用できるようになりました。

クラウド同期
クラウド同期

より多くの機能

コンテキストメニューからは削除、コピー先、コピー、切り取りや名前の変更などの機能があります。 

コンテキストメニュー
コンテキストメニュー

最近、「共有」機能がアップグレードされました。

共有
共有

さらに、ファイルを緊急に探している場合は、キーワードまたは拡張子を検索ボックスに入力したら、MultCloudは複数のクラウド間でそのファイルをすばやく検索できます。

検索
検索

 

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能