複数のクラウドサービスを同期する原因

クラウド技術の発展とともにより多くのクラウドストレージサービスは登場しています。一人が複数のアカウントを持っているのは普通なことです。それらのアカウントをより簡単に管理する必要性も増えています。幸いなことに、管理任務を完成できる利用可能なツールが沢山あります。一部はウェブベースで、一部はクライアントです。ここで推奨されたMultCloudはウェブベースのアプリです。ウェブベースのアプリなので、クライアントをインストールせずに任意のプラットフォームでそれを直接使用できます。このところで、MultCloudは他のデスクトップベースのクラウドマネージャより使いやすいです。

いくつかのクラウドサービスアカウントを持っているため、同期は重要な管理方法の1つです。クラウドストレージ間の転送と同期は生活と仕事をより簡単にさせます。また、同期機能は複数のクラウドを管理するツールの主な標準です。間違いなくMultCloudは強力な同期機能を持っています。次はMultCloudがどのように動作するかを見てみましょう。

MultCloudを使用して複数のクラウドサービスを同期する

上述のとおり、MultCloudはクラウドユーザー向けのウェブベースのツールで、使いやすいです。ご覧のようにそれはクラウドだけでなくサーバーもサポートします。

対応できるサービス
対応できるサービス

MultCloudの主な機能の1つはクラウドストレージ間でファイルを転送する能力です。同期、特別な転送タイプとしてMultCloudによって実現されることもできます。クラウド転送のサービスウィンドウのほかにMultCloudはクラウド同期のサービスもあります。

ステップ1:MultCloudを使用するために、アカウントを登録できます。そしてこのアカウントにサインインします。短時間の使用なら、登録せずにゲストアカウントでログインして体験することもできます。

アカウントを作成
アカウントを作成

ステップ2:MultCloudにログインした後、クラウドを追加します。

MultCloudはDropbox、Dropbox Business、Google Drive、Box、Amazon S3、SugarSync、Alfresco、hubiC、Evernote、OneDrive、OneDrive for Business、MEGA、Egnyte、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav、FTP/SFTPなど30個以上のサービスに対応できます。

クラウドを追加
クラウドを追加

ステップ3:「クラウド同期」をクリックして、同期元および同期先を決めて同期とタスクの方法を選択します。今すぐ同期をクリックすると、同期が始まります。

クラウドストレージの同期
クラウドストレージの同期

ヒント:

  • MultCloudは8つの同期方法を提供します:一方向同期、ミラー同期、移動同期、累積同期、更新同期、増分同期、フル同期、双方向同期。(星付きの同期モードを使用するには、アップグレードする必要があります)
同期モード
同期モード
  • MultCloudの同期についての詳細はクラウドストレージの同期をクリックしてください。いくつかの手順でMultCloudを使って複数のクラウドサービスを迅速に同期できます。

結論

便利なウェブベースのツールMultCloudを使うと、単一パスワードだけが必要で、1つの場所ですべてのクラウドサービスにアクセスできます。

また、MultCloudはURLの共有、アップロードなど他の優れた機能も備えています。一言で、言葉より行動は大切です。できるだけ早くMultCloudを楽しんでください。

より詳しい情報はMultCloudのホームページで確認できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能