クラウドストレージとは

クラウドストレージ
クラウドストレージ

クラウドストレージはインターネット上のファイル保管庫と言えます。今はクラウド利用が当然の時代になってきました。ユーザーはクラウドストレージでファイルやデータを簡単に共有・アクセスできます。個人での利用はもちろん、ビジネスシーンでも業務の効率化にも非常に役立ちます。

クラウドストレージ間でファイルを移行する理由

クラウド業界が成熟期に入るにつれて、さまざまな機能を備えたクラウドが登場するようになります。従って、複数のクラウドを併用している人も多くなりました。クラウド間でファイルを移行しようという考えも珍しくありません。その主な理由は次のとおりです。

  • 容量が気になる。データが増えると、空き容量もそれなりに少なくなっていきます。より多くの容量が提供できるクラウドが現れると、選択するのも当然です。こういう時にファイルの転送が必要となります。
  • バックアップを取る。データをオンラインストレージに保存するのはローカルディスクに保存するより遥かに安全ですが、万が一の場合に備えるため、データをもう一つのクラウドストレージにバックアップしたほうが無難です。
  • ファイルの整理。ファイルも色々な種類があります。書類、写真や動画などのファイルは特性によって適切に保存したほうが良いです。仕事用のファイルとパーソナルファイルをジャンル別で仕分けて、きちんと整理することでファイルをいつでも探し出せます。ファイルを整理することで、仕事と生活との間に境界線引き、より効率的な日々をお送りいただけます。ですので、複数のクラウドストレージにそれぞれのファイルを保存する必要があります。

MultCloudでクラウドストレージ間でファイルを転送

一般的に、GoogleドライブからOneDriveへ、このようにあるクラウドストレージから別のクラウドストレージにファイルを転送する場合は、まずGoogleドライブから転送しようとするファイルをパソコンにダウンロードしてから、OneDriveに手動でアップロードし直す必要があります。一般的なやり方ですが、転送するファイルが多い場合、この方法は少し面倒で時間かかります。そこで、MultCloudという無料のオンラインクラウド転送サービスを紹介し、転送に役立つと思います。

MultCloud:ファイルを素早く転送できるツール

MultCloudは無料のクラウドストレージ統合管理サービスです。全てのクラウドを一ヶ所にまとめて管理でき、Dropbox、OneDriveやGoogleドライブなどを始め、30個以上の主要クラウドストレージに対応できます。クラウドストレージ間のデータ転送、同期、バックアップや共有管理も実現できます。全ての操作はMultCloudのサーバ経由で実行され、手動でダウンロードしたり、アップロードしたりする必要がありません。

MultCloudの主要機能は「クラウド転送」と「クラウド同期」です。「クラウド転送」はファイルをクラウドの間で転送させる機能です。「クラウド同期」機能はクラウドストレージを同期させる機能です。

MultCloudでファイルを実際に転送してみます

上記のように、MultCloudは無料のWebサービスです。アプリのインストール不要、ブラウザーがあればどこでも利用できます。ではDropboxからOneDriveへファイルを転送することを例として転送手順を紹介します。

1. MultCloudのアカウントを作成してサインインします。

アカウント作成
MultCloudのアカウントを作成

ヒント:一時的に利用しようと思う場合は「ゲストアクセス」をクリックしてアカウントを作成せずに直接に試用できます。

2. クラウドをMultCloudに追加します。ホーム画面に「クラウド追加」を選択してDropboxとOneDriveをMultCloudに紐付けさせます。

DropboxとOneDriveを追加
DropboxとOneDriveをMultCloudに追加

ヒント:MultCloudに追加できるクラウドアカウント数は制限がありません。複数のクラウドを併用しているユーザーは全てのクラウドを追加できます。

3. 「クラウド転送」を選択します。

4. 次の画面に、Dropboxを転送元として選択し、OneDriveを転送先として選択してから、「今すぐ転送」をクリックします。

DropboxからOneDriveにファイルを転送
DropboxからOneDriveにファイルを転送

ヒント:

  • 「クラウド転送」はフォルダかクラウド全体を転送元として転送できます。個別のファイルを転送したい場合は「コピー」&「貼り付け」または「コピー先」を利用してください。
  • スケジュール」を選択してファイルを定期的に転送できます。
  • 転送タスクはバックグラウンドで実行されますので、ページを閉じて、またはパソコンの電源をOFFにしても構いません。

あとがき

MultCloudを用いてファイルを転送するのは安全かつ便利です。それに、本来のやり方と比べて、確実に時間を稼ぎました。高性能の拡張機能ツールとして、MultCloudはクラウドストレージユーザーにとって欠かせないサービスです。「クラウド転送」機能のほか、「クラウド同期」機能も備わっております。「クラウド同期」で、各クラウドストレージ間でファイルを同期することができます。より詳しい情報はMultCloudのホームページで確認できます。

MultCloud Logo

クラウド間でファイルを素早く転送、同期またはバックアップ

無料登録

100%安全

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能