Googleドライブからファイルをコピーするメリット

Googleドライブ
Googleドライブ

無料のオンライン編集

GoogleドライブはGoogleにより提供されるオンラインストレージサービスです。Googleドライブでは、どんな形式のファイルでも保存が可能です。

Googleドライブ上で作成したGoogleドキュメント、スプレッドシート、スライド等のファイルはMicrosoftOfficeとの互換性があるため、OfficeファイルをGoogleドライブ上で編集することが可能です。また、共有しているファイルであれば、共有している人が同時に編集することが可能なので、複数人で共同で文章やスライドなどを編集することも可能です。

パソコンでファイルを編集するのと同じように、最初に編集したいターゲットファイルのコピーをGoogleドライブに作成して、ファイルの元のエディションを保存することもできます。

共有ファイルを効率よく管理

Googleドライブが提供する最も便利な機能の1つとして、「共有アイテム」機能によるチームとのコラボレーションはユーザーの効率を大幅に向上させます。また、この機能の最も優れた点は、「マイドライブに追加」を使用してGoogleドライブに保存する共有ファイルは、ファイルの所有者が変更するとすぐに最新バージョンに更新されることです。

ただし、共有ファイルの「コピーを作成する」を選択した場合、実際にはファイルをGoogleドライブに複製し、他のユーザーは変更やアクセスができないです。

ヒント:Googleドライブでファイルをコピーするスキルを習得する前に、Googleドライブを使用する基本的な操作としてファイルをアップロードする方法を知りたい場合は、「ファイルをGoogleドライブにアップロード」をクリックできます。

MultCloudを介してGoogleドライブのファイルをコピーする2つのユニークな方法

Googleドライブは無料ユーザーに15GBのストレージスペースを提供しますが、写真、動画などの大容量データを保存するにはまだまだ足りないです。そこで、大切なデータをすべてオンラインで保存し、あるいは、アカウントを個人用とビジネス用に使い分けて、複数のクラウドドライブアカウントを登録しているユーザーが多くいます。

ここでは、最高のマルチクラウド管理ツールMultCloudを使用して、複数のGoogleドライブアカウント間でまたは他のクラウドにファイルをコピーする方法を紹介します。

MultCloudは、複数のクラウドストレージを1箇所で統合管理でき、クラウド間でデータの転送、共有、同期、バックアップなどを行える無料のWebアプリです。MultCloudを使用して、ダウンロード・アップロードせずに、Googleドライブのデータを別アカウントへ移動することができます。

MultCloudのメリット:

  • MultCloudは無料のデータ転送ツールとして、クラウド転送、クラウド同期、リモートアップロード、コピー先、共有などの機能が備わっております。
  • 現在、MultCloudは、Googleドライブ、Dropbox、MEGA、Flickrなどを含む30を超える主要なクラウドストレージサービスをサポートしています。
  • MultCloudへのアクセスを許可したり、データを管理したりすることを心配する必要はありません。MultCloudはOAuthや256ビットAES暗号化などのセキュリティプロトコルに基づいて、コンピューターやクラウドからのデータを保存しません。

ステップ1.「アカウントの作成」をクリックしてMultCloudにサインアップします。

アカウントを作成
アカウントを作成

ヒント:「仮アカウントで試用」をクリックして、個人情報のない一時的なアカウントを受け取ることもできます。

ステップ2.「クラウドの追加」をクリックし、Googleドライブのアイコンを選択します。

Googleドライブを追加
Googleドライブを追加

ステップ3.MultCloudにGoogleドライブへのアクセスを許可します。

Googleドライブアカウントにアクセス
Googleドライブアカウントにアクセス

注:追加するクラウドが複数ある場合は、クラウド追加の手順を繰り返します。

方法1:MultCloudの「コピー」機能を利用する(推奨)

これは、Googleドライブからファイルをコピーするための最も便利で高速かつ簡単な方法です。一度に複数のファイルを選択してコピーするだけでなく、複数の宛先にコピーすることもできます。

ステップ1.コピーするファイルの前にあるボックスにチェックマークを付け、上部の機能バーで「コピー先」をクリックします。あるいは、コピーするファイルを選択し、右クリックして、「コピー先」をクリックしても同様です。

コピー先
コピー先

ステップ2.クラウドの前にある三角形のアイコンをクリックして、ポップアップウィンドウでコピーしたファイルの宛先を選択します。複数の宛先にコピーする場合は、ウィンドウの左下にある「複数選択」の前にあるチェックボックスをオンにしてから選択する必要があります。

宛先を選択
宛先を選択

ステップ3.ウィンドウの右下にある「はい」をクリックします。

ステップ4.ポップアップウィンドウが右下隅に表示され、コピータスクのプロセスが示されます。

コピータスクのプロセス
コピータスクのプロセス

ヒント:右クリックメニューで「コピー」を選択する場合は、コピー先のクラウド空白スペースで右クリックして、「貼り付け」を選択して、Googleドライブからファイルをコピーすることもできます。

「コピー」&「貼り付け」
「コピー」&「貼り付け」

方法2:MultCloudの「クラウド転送」機能を利用する

この方法は、ファイル、フォルダー、またはクラウド丸ごとを、別のクラウドまたはフォルダーにコピーするのに適しています。

ステップ2.「共通ツール」サイドバーメニューの下の「クラウド転送」をクリックします。

ステップ3.左側の四角の「転送元」をクリックし、「選択してください」ポップアップウィンドウで、クラウド、フォルダ、またはGoogleドライブからコピーするファイルの前にあるボックスにチェックマークを付けます。次に、下の「OK」をクリックします。

クラウド転送
クラウド転送

ステップ4.右の四角の「転送先」をクリックして、コピー先を選択します。

ステップ5.「今すぐ転送」をクリックすると、MultCloudによってコピータスクが終了します。

ヒント:

1.「オプション」で電子メール通知を送信させることができます。

2.「共通ツール」サイドバーメニューの「タスクリスト」をクリックして、タスクの詳細情報とプロセスを表示することができます。

3.「スケージュール」機能を利用して、毎日、毎週、または毎月のスケジュールされたタスクを設定できます。この機能を使用して、ファイルのフォルダまたはクラウドをGoogleドライブから特定のフォルダまたはクラウドに定期的にコピーして、クラウドバックアップを実現できます。

メール通知
メール通知
タスクリスト
タスクリスト
スケジュール設定
スケジュール設定

Webサイトを介してGoogleドライブのファイルをコピーする2つの一般的な方法

MultCloudは、Googleドライブからファイルをコピーする機能を備えていますが、オンラインでの編集と共有をしたいユーザーには、GoogleドライブのWebサイトからファイルをコピーすることをお勧めします。GoogleドライブのWebサイトからファイルをコピーする方法は、以下に従ってください。

方法1:Webサイトの「コピーを作成」と「指定の場所へ移動」を利用する

この方法では、3つのコピー方向に分けられます。

  • コピーしたファイルを自分のGoogleドライブにコピーして移動します。
  • Googleドライブ内のファイルをコピーして共有フォルダに移動し、フォルダにアクセスできるすべてのユーザーがコピーしたファイルを表示、編集、またはコメントできます。
  • 逆に、共有フォルダ内のファイルをコピーして自分のGoogleドライブに移動し、他の共有メンバーはコピーしたファイルをアクセスできません。

ステップ1.GoogleアカウントでGoogleドライブにサインインします。

ステップ2.コピーするファイルを右クリックします。

ステップ3.ポップアップメニューの「コピーを作成」をクリックすると、ファイルがコピーされました。ファイル名には元のファイル名に「のコピー」がつきます。

コピーを作成
コピーを作成

ステップ4.コピーファイルを右クリックし、「指定の場所へ移動」をクリックします。

指定の場所へ移動
指定の場所へ移動

ステップ5.ポップアップウィンドウで、コピーしたファイルの移動先を見つけます。次に、青いボタン「ここに移動」をクリックします。

スケジュール設定
スケジュール設定
移動先を見つける
移動先を見つける

ヒント:

  1. 上記のポップアップウィンドウで「マイドライブ」を選択すると、一番目のコピー方向でファイルをコピーします。
  2. 上記のポップアップウィンドウで「共有」を選択して、2番目のコピー方向でファイルをコピーできます。
  3. 3番目のコピー方向でファイルをコピーする場合は、コピーする前に「共有アイテム」インターフェイスに切り替えて、手順2から手順5を実行します。
  4. Googleドライブのウェブサイトにチェックマークを付けるボックスがないため、「Ctrl」キーを押したまま、一度に複数のファイルを選択できます。

方法2:Webサイトの「ドライブにショートカットを追加」を使用する

この方法は、上記の方法1よりも簡単です。ただし、コピーされたファイルはソースファイルのショートカットまたはリンクとしてのみ機能するため、ソースファイルに加えたすべての変更は、コピーされたファイルにできるだけ早く更新されます。

ステップ1.上記の方法1のステップ1およびステップ2と同じです。

ステップ2.ポップアップメニューの「ドライブにショートカットを追加」をクリックします。

ドライブにショートカットを追加
ドライブにショートカットを追加

ステップ3.ショートカットの宛先を見つけます。次に、青いボタン「ショートカットを追加」をクリックします。

ショートカットを追加
ショートカットを追加

iPhoneからGoogleドライブのファイルをコピーする2つの簡単な方法

Googleドライブサービスはファイル共有とオンライン編集に注目していますが、クラウドファイル管理にはあまり注意を払っていないため、Googleドライブモバイルアプリケーションを介してファイルをコピーする方法と機能は、Webサイトを介した方法とはほとんど同じです。では、Googleドライブアプリからファイルをコピーするのに役立つ2つの簡単な手順を示します。

方法1:モバイルアプリの「コピーを作成」と「移動」を利用する

ステップ1.GoogleアカウントでGoogleドライブモバイルアプリケーションにサインインします。

ステップ2.下のナビゲーションバーで「ファイル」に移動し、コピーしたいファイルの右側にあるアイコン「…」をタップします。

ステップ3.ポップアップメニューの「コピーを作成」をタップします。

コピーを作成
コピーを作成

ステップ4.コピーしたバージョンのファイルの横にあるアイコン「…」をタップします。

ステップ5.ポップアップメニューの「移動」をタップします。

移動
移動

ステップ6.コピーしたファイルを保存する宛先を選択します。次に「ここに移動」をタップします。

宛先を選択し
宛先を選択し

方法2:モバイルアプリの「ドライブにショートカットを追加」を利用する

ステップ1.上記の方法のステップ1からステップ3と同じです。

ステップ2.ポップアップメニューの「ドライブにショートカットを追加」をタップします。

ドライブにショートカットを追加
ドライブにショートカットを追加

ステップ3.ショートカットの宛先を選択し、下の「追加」をタップします。

宛先を選択
宛先を選択

結論

上記の手順に従って、Googleドライブのファイルをコピーする方法はすでに習得できましたか?お好きな方法を選んでGoogleドライブのファイルをコピーしましょう。

MultCloudは、「コピー」と「クラウド転送」機能以外、Googleドライブ内のデータをより適切に整理できる他の実用的な機能があります。たとえば、MultCloudの「クラウド同期」機能を使用して、Googleドライブのバックアップと同期を実現できます。

または、MultCloudの「共有」機能を利用して、Googleドライブ上のファイルを共有することもできます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能