Windows 10でGoogleドライブが同期されない状況

Windows 10がリリースされる前に、Googleドライブおよびローカルデバイス(デスクトップ、ノートパソコン、スマホなど)にインストールされたファイルのアップロード/バックアップ/同期ツールはGoogleユーザーにかなり良いサービスを提供しています。コンピューターユーザーは嬉しくてWindows 7、Windows 8またはWindows 8.1をWindows 10に無償アップグレードする時、Googleドライブのローカルアプリもアップグレードされました。その時に、新しいWindows 10で新しいGoogleドライブが同期できないということに気づきました。

「てぃーは思いついたアイデアなどのメモをGoogleドライブに置いているのですが、スマホで書いたメモがパソコンのローカルフォルダで更新されていなかったり、ウィンドウズで更新したメモがマックでは更新されておらず、古いファイルで上書きしてしまったりしたことが結構ありました。。。」

「最近Googleドライブのアイコンがタスクバーに表示されないな~と思ってはいたのですが、まさかアプリが消えているとは夢にも思いませんでした。」

新しいGoogleドライブは新しいWin10のOSと互換性がないみたいです。1つの部分を変更するのは大丈夫ですが、2つ以上の部分への変更は問題を引き起こすのようです。お互いにフィットする時間が必要です。

または、インストールや更新中に何か問題が発生したことかもしれません。GoogleドライブはWindowsファイアウォールまたはウイルス対策ソフトウェアにマルウェア/スパイウェアとして認識されるかもしれません。また、Microsoftは自分の領域で別のものが稼働することを望まないので、GoogleドライブとMicrosoft OneDriveは競合するかもしれません。

Googleドライブが同期しない問題を解決する一般的な方法

この記事はインターネットから調べ、Googleドライブのユーザーによって提供されるいくつかの解決案をまとめました。彼らはこれらのソリューションを使ってWindows10でGoogleドライブが同期しない問題を解決しました。では、今から紹介します。

方法1:Googleドライブを再インストールする

Cleanerのようなサードパーティ製のアンインストーラを使ってお使いのコンピューターから現在の稼働できないGoogleドライブを完全にアンインストールするのをお勧めします。

デバイス、googledrivesync.exe、gsync.exeなどからGoogleドライブに関する全てのことを削除します。レジストリディレクトリをチェックしてGoogleドライブと関連する全てのファイルを削除してみます。ごみ箱までも、全ての残りのファイルを削除してください。とにかく、Chromeを含み、思い出せてGoogleと関係がある全てのことを削除するだけでいいです。

そして、Googleドライブの再 インストール(クリーンインストール)を行うことができます。削除されたばかりのバージョンを選択してインストールできます。Windows 10でGoogleドライブが同期できない問題を解決した最新のバージョンをインストールできます。無駄なバージョンにアップグレードした以前のバージョンをインストールできます。また、ユーザーによって提供されたり、多くのユーザーによってうまくテストされたこの旧バージョンを試してみることもできます。

インストール中で、パソコンにあるWindowsファイアウォールまたは他のウイルス対策ソフトウェアはGoogle Driveのインストールを阻止するかもしれません。こういう状況で、ファイアウォールまたはウイルス対策ソフトウェアを無効にすることができます。再インストールした後、セキュリティを有効にして、自動更新/Google Driveのアップグレード/PC同期を無効にすることができます。そして、新しくインストールされたGoogleドライブは機能できるはずです。

方法2:言語を英語に変更する(英語以外のコンピュータに適用)

問題はプログラムのロケール(LOCALE)であるかもしれません。ログファイルをチェックして問題を確認してください。そうである場合、CMDに以下のコマンドを入力してください:set LANG=en_USそしてC:\Program Files (x86)\Google\Drive\googledrivesync.exe。Googleドライブを再起動してそれが稼働できるはずです。

コマンドプロンプトが難しいと思ったら、次のようにすることができます。
1. コントロールパネルから言語をEnglish United Statesに変更します(途中でOSは言語パックの更新を作成します)。
2. そしてコンピューターを再起動します。Googleドライブがユーザー名とパスワードを要求する時、ユーザーとしてログインします。
3. 最後は、言語を元の言語に戻して設定します。PCを再起動してGoogleドライブがうまく稼働できるはずです。

方法3:ファイアウォールまたはウイルス対策を無効にする

上述のように、Windowsファイアウォールまたはサードパーティ製のウイルス対策ソフトウェア(例えば、Kaspersky、Malwarebytes、McAfee、IObit)はWindows 10でGoogleドライブが同期できない問題を起こすかもしれません。そのため、Windowsファイアウォール/ウイルス対策ソフトを一時的に無効して「インターネットオプション」の「セキュリティ」タブで、セキュリティのレベルを下げます。一時はGoogle DriveのインストールまたはGoogle Driveを使用する期間を指すかもしれません。

ヒント:全てのセキュリティ対策ツールを常に無効にするのはいい方法ではありません。Google Driveはファイアウォールを無効にする時しか稼働しない場合、Googleドライブを使用したい時、セキュリティを無効にする必要があります。そして使用後、セキュリティを正常に戻さなければなりません。明らかに、これはほとんどのユーザーにとって不便です。他の解決案を探したほうがいいです。

方法4:Googleドライブのデータを削除する

「C:\Users\user\AppData\Local\Google\Drive」というフォルダを削除、そして Googleドライブをインストールします。

ヒント:Googleドライブをデフォルトでインストールするではないなら、つまり、GoogleドライブをCドライブにインストールしないなら、そのインストール先を見つけて、ディレクトリからデータを削除すべきです。

方法5:Googleドライブを管理者として実行する

アプリを管理者として再実行してください。スタートメニューにあるGoogleドライブアプリを右クリックして「管理者として実行」をクリックします。或いは、Googleドライブをインストールする時、管理者権限を使用します。

方法6:googledrivesync.exeを再命名する

「C:\Program Files (x86)\Google\Drive\」に移動して「googledrivesync.exe」というファイルを「googledrivesync123.exe」のような任意の名前に再命名します。そしてショートカットの名前を変更します。Googleドライブをもう一度実行してそれは動作できます。

方法7:Googleドライブを手動で起動する

プロセスを終了します。スタートメニューからGoogleドライブを手動で起動します。そして、それが働くことを待っています。

方法8:Googleドライブの設定を行う

Googleドライブはパソコンの設定を変更するかもしれません。この変更は1回だけが必要です(Googleドライブの更新後にもう一度変更されるかもしれません)。 GoogleドライブはWindows 10で動作できない場合、その設定をやり直し、デフォルトにリセットしたほうがいいです。

方法9:WebブラウザでJavaスクリプトを有効にする

インターネットエクスプローラでGoogleドライブが同期しない問題に遭った時、Chrome、Opera、Microsoft Edgeなどブラウザを使用してGoogleドライブが稼働できるかどうかをチェックしてみませんか?これはGoogleの問題じゃなく、Webブラウザの問題そうです。もし、Googleドライブが他のWebブラウザで機能できるなら、それはIEのブロッキングスクリプトみたいな問題かもしれません。Internet Explorerは互換性について悪いです。それを解決するために:デスクトップ版のInternet Explorer 11を起動します。「ツール」→「インターネットオプション」→「セキュリティ」タブ→「レベルのカスタマイズ」をクリックして「セキュリティ設定 - インターネットゾーン」ダイアログウィンドウが開いたら、「スクリプト」セクションを見つけます。「アクティブスクリプト」項目で「無効にする」を選択します。これで終わりました。

Windows 10でGoogleドライブが同期できない問題はまだ存在している場合、IEでそれをブロックしないことを確認してください。「プライバシー」タブ→「設定」欄の「サイト」をクリックして、特定のウェブサイトのためにCookieを設定します。Googleを常に許可することを選択します。

WebブラウザでJavaを有効にするについて、もっと詳しい情報:IE、ChromeおよびSafariを含める

方法10:US IPアドレスを使用する

プロキシ(Proxy)を使用してIPアドレスをUSに変更してみます。Googleドライブは稼働できるかどうかを確認してください。

方法11:Windows Updateを実行する

1. お使いのコンピューター(またはデバイス)をモデムに接続します。ルータをバイパスします。
2. コンピュータのファイアウォールとウイルス対策ソフトを無効にします。
3. 最新のWindows Updateをインストールして再起動します。
4. Googleドライブの「バックアップと同期」の最新版をダウンロードしてインストールします。

方法12:インターネットを再接続するか、またはマシンを再起動する

方法13:Windows 7に戻す

方法14:Dropbox、OneDrive、Amazon、Megaなど、他のクラウドに切り替える

Googleドライブの同期遅い問題を解決する最善法

Windows 10でGoogleドライブがまだ同期できない場合、無料の転送ツールMultCloudを代替としてローカルファイルをGoogleドライブに同期することができます。

MultCloudとは一言でいうと、複数のクラウドサービスを一括管理できるクラウドストレージ統合管理Webアプリで、クラウド間でデータの転送、同期などを行えます。

また、MultCloudはデータの転送にはAES 256bitで暗号化され、データ通信で利用したデータはキャッシュしません。クラウドサービスへの認証にも「OAuth認証」を使用するので、MultCloudがパスワード情報を一切保管しません。

1、まずはMultCloudのアカウントを作成する必要があります。

アカウントを作成
Googleドライブにアップロード

2、MultCloudに登録した後、Googleドライブを追加します。

Googleドライブを追加
Googleドライブを追加

3、追加完了したら、ローカルデバイスからファイルを自由にGoogleドライブにアップロードできます。

Googleドライブにアップロード
Googleドライブにアップロード

Google Driveにファイルをアップロードする手順はDropboxへのファイルアップロードと同じです。

あとがき

以上はWindows 10でGoogleドライブが同期できない問題を解決できる全ての推奨ソリューションです。最後の方法であるMultCloudは「アップロード」機能以外、「クラウド転送」「クラウド同期」機能も備わっております。Googleドライブからほかのクラウドドライブにデータを転送・同期したい場合は、ぜひ利用してくださいね。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能