OneDriveからDropboxへコピーしたい時、どうする?

複数のクラウドストレージサービスを使用するかもしれません。異なるクラウドストレージ上のデータを別々に管理するのはとても不便でしょう。例えば、OneDriveからDropboxへファイルをコピーしたい場合、どうすればいいだろうか?

幸いなことに、MultCloudという無料アプリはDropbox、Google Drive、Box、Amazon S3、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、Hubic、Evernote、OneDrive、MEGA、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav、FTP/SFTPなど、複数のクラウドストレージを1つの場所に結合できます。MultCloudを使うと、複数のクラウドサービスを一括で管理できるので、もっと簡単かつシンプルです。MultCloudを使用してOneDriveとDropboxの間でファイルをコピーするのはもっと簡単かつ柔軟に完成できます。

MultCloudでonedriveからdropboxに移行する

MultCloudは1つのクラウドからもう1つのクラウドへファイルを移行するために多くの機能を備えています。例えば、「コピー」、「コピー先」、「クラウド転送」などあります。加えて、ドラッグ&ドロップを使用してクラウド間でファイルをコピーすることもできます。さて、MultCloudでOneDriveからDropboxへコピーする方法は何ですか?

ステップ1:まずMultCloudアカウントを登録する必要があります。

MultCloudアカウントを登録
MultCloudアカウントを登録

 

ステップ2:そして、OneDriveアカウントとDropboxアカウントをMultCloudに追加します。

「クラウドを追加」をクリックしてOneDriveを選択します。指示に従ってOneDriveをMultCloudに追加します。

クラウドを追加
OneDriveクラウドを追加

 

ここでは「Add OneDrive Account(OneDriveアカウントを追加)」をクリックすべきです。そしてOneDriveアカウントの情報を入力する必要があるページに入り、アクセス許可を求められます。

OneDriveアカウントを追加
OneDriveアカウントを追加

 

同じ方法でDropboxをMultCloudに追加してください。「クラウドを追加」を選択し、「Dropbox」をクリックします。

クラウドストレージを追加
Dropboxクラウドストレージを追加

 

「許可」をクリックしてDropboxをMultCloudに追加します。

Dropboxアカウントを追加
Dropboxアカウントを追加

 

ヒント:他のクラウドストレージがある場合、MultCloudを通してすべてを統合することができます。

ステップ3:OneDriveおよびDropboxをMultCloudに追加した後、OneDriveとDropboxの間でファイルを簡単にコピーできます。

「コピー」または「コピー先」機能を使用する

「コピー」と「コピー先」はOneDriveからDropboxへファイルをコピーする良い方法です。コピーしたいOneDrive内のファイルまたはフォルダーを右クリックしてメニューから「コピー」または「コピー先」を選択します。

コピーとコピー先
コピーとコピー先

 

「コピー」を選択する場合は、Dropboxの空白部分で右クリックし、「貼り付け」をクリックしてファイルをOneDriveからDropboxへコピーできます。

「コピー先」を選択する場合は、ポップアップウィンドウでファイルやフォルダーを保存する場所をコピー先として選択します。「はい」をクリックすると、コピーが開始されます。(ファイルやフォルダー複数のクラウドサービスにコピーすることもできます。)

「クラウド転送」機能を使用する

OneDriveからDropboxへ直接コピーする他の方法はMultCloudの「クラウド転送」機能を使用することです。ページの上部にある「クラウド転送」をクリックします。そしてOneDriveを転送元として、Dropboxを転送先として選択します。「今すぐ転送」をクリックすると、タスクが起動されます。また、「スケジュール」でタスクを特定の時間で設定できます。

今すぐ転送
今すぐ転送

 

ヒット:

  • 転送機能を利用してクラウドストレージ間でファイルをより柔軟に移行できます。「オプション」で電子メール通知など機能を設定できます。電子メール通知というのはタスクが完了すると、メールを送信して終わりを知らせる機能です。
  • バックグラウンドでタスクを実行できるので、コンピューターをシャットダウンしても構いません。

ドラッグ&ドロップ機能を使用する

ドラッグ&ドロップはOneDriveからDropboxへファイル/フォルダーを移行する最も簡単な方法だろう。コピーしたいOneDrive内のファイル/フォルダーをドラッグして左側のDropboxに直接ドロップしてはいいです。そして、少し待っていて、ファイルは正常にDropboxへコピーされました。

Dropboxへコピー

 

結論

MultCloudは優れたアプリで、OneDrive、DropboxとGoogle Driveなどクラウドストレージを結合でき、最高のクラウド転送ソフトかもしれません。異なるクラウドストレージサービス間でファイルを移行できます。例えば、CloudMeとCubbyの間でデータを移行すること、GoogleドライブからFlickに写真を移動すること。

*アップデート:MultCloudの「クラウド同期」サービスでクラウドストレージを同期できます。より詳しい情報はMultCloudのホームページで確認できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能