OneDriveとDropboxを同期させる理由

OneDriveとDropboxを同期
OneDriveとDropboxを同期

我々がわかっているように、OneDriveとDropboxは2つの有名なクラウドドライブです。OneDriveは、マイクロソフト社が提供するクラウドストレージサービスで、WindowsやOfficeとの親和性が高いので、ユーザーから好かれています。一方、Dropboxは、2008年にリリースされ、世界で7億人以上が使用しており、写真やエクセルファイルの保管と共有に誇るクラウドサービスです。

価格と機能では、OneDriveとDropboxには自分の特徴がありますので、人気があります。この2つのアカウントを同時に使用している人もかなりいます。自然に、クラウドからクラウドへのデータ管理も避けられなくなりました。では、もしOneDriveからDropboxにデータを移行したい、またはDropboxからOneDriveにファイルを同期したい場合はどうすればよいですか?

MultCloudを利用してOneDriveとDropboxを同期する理由

MultCloud
MultCloud

ここでは、最高のマルチクラウド管理ツールMultCloudを強くお勧めします。MultCloudは、複数のクラウドストレージを1箇所で統合管理でき、クラウド間でデータの転送、同期などを行えるサービスです。数多くのサードパーティのツールの中に、なぜMultCloudを推薦しますか?今から理由を教えます。

無料&安全

MultCloudは複数のクラウドストレージを統合管理できる無料のWebアプリです。それに、MultCloudのデータ転送は暗号化され、データ通信で利用したデータはキャッシュしません。クラウドサービスへの認証にも「OAuth認証」を使用するので、パスワード情報も一切保管しません。つまり、セキュリティーに心配する必要がありません。

使いやすい

MultCloudはWebベースのプログラムであるため、使用するためにプログラムをダウンロードする必要はなく、通常のブラウザのみが必要です。それに、MultCloudのインターフェース画面が非常にシンプルで使いやすく、配色も一目瞭然です。

30を超えるメインストリームクラウドドライブをサポート

現在、MultCloudは、Googleドライブ、OneDrive、Dropbox、Google Drive、G Suite、Googleドライブ、Amazon S3、Boxなどの30を超える主要なクラウドストレージサービスをサポートしています。対応するクラウドアカウントがある場合は、すべてをMultCloudに追加して、各クラウドをより適切に管理できます。

強力な機能

MultCloudは「クラウド転送」、「クラウド同期」などの機能を備えています。これらの機能使いこなして、クラウドからクラウドへの転送、クラウドからクラウドへの同期を簡単に実現して、クラウドファイルをより適切に管理できます。

もちろん、DropboxとOneDrive for Businessを同期させることもMultCloudによってOKですよ。次に、OneDriveをDropboxと同期する手順を詳しく説明します。

MultCloud経由でOneDriveとDropboxを同期する方法

ステップ1.MultCloudにアクセスして、無料のアカウントを作成します。ご希望のメールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力する必要があります。次に、「アカウントを作成」をクリックします。

サインアップ
サインアップ

ヒント:「仮アカウントで試用」オプションを選択して、メールアドレスを入力せずに一時的なアカウントを作成することができます。または、Googleアカウント、Facebookアカウントで直接ログインすることもできます。

ステップ2.MultCloudにログインしたら、「クラウドの追加」をクリックして、OneDriveとDropboxをそれぞれMultCloudに追加します。この操作を実行するアクセス許可が必要です。

OneDriveとDropboxをMultCloudに追加
OneDriveとDropboxをMultCloudに追加

ノート:MultCloudに一度に追加できるクラウドアカウントは一つだけです。複数のアカウントを追加したい場合は、この手順を繰り返してください。

ステップ3.[クラウド同期]を使用すると、同期タスクを簡単に設定できます。OneDriveを「同期元」として選択し、Dropboxを「同期先」として選択し、「今すぐ同期」をクリックすると、同期が開始されます。

クラウド同期
クラウド同期

ヒント:

  • 「スケジュール」機能で毎日、毎週、または毎月のスケジュールされたクラウド同期タスクを設定することで、GoogleフォトからOneDriveに定期的かつ自動的に写真をバックアップできます。
  • 「オプション」‐「Eメール」を設定して、メール通知を送信できます。
スケジュール
スケジュール
メール通知
メール通知

ステップ4.同期プロセス開始後、「タスクリスト」でファイル同期の進行状況を確認できます。ログ表示、オプション、スケージュール、削除などの操作もチェックできます。

タスクリスト
タスクリスト

MultCloudのサブスクライバーにアップグレードすれば、同期操作をより効率的に完成できます。

  • 月間30GBのトラフィックの代わりに、月間150GBから無制限のトラフィックの転送量でデータを転送または同期できます。
  • 一度に2つの同期モードを同時に実行でき、速度が大幅に向上できます。
  • 「オプション」‐「フィルタ」を設定することで、特定のファイルまたは特定の拡張子を持つファイルを自動的に同期できます。例えば、Googleフォト上の写真のみを同期する場合は役立ちます。
  • ミラー、移動、累積、更新、増分、フル同期など、さらに6つの優れた同期モードを取得できます。例えば、移動同期を利用したら、同期が完了すると、ソースディレクトリ内のファイルがすべて削除されます。
オプション
オプション
同期モード
同期モード

まとめ

上記の手順に従って、OneDriveをDropboxと簡単に同期できます。もちろん、MultCloudは「クラウド同期」機能だけでなく、「クラウド転送」、「リモートアップロード」などの機能を備えています。例えば、「クラウド転送」を利用して、DropboxからOneDriveにデータを即時移行できます。

MultCloudを使用すると、日常生活の多くの問題を解決してくれます。クラウドストレージをご利用しているユーザーなら、ぜひMultCloudを試してください!

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能