DropboxとOneDriveを併用する

DropboxからOneDriveにファイルを移動する従来の方法は、まず転送したいファイルをDropboxからローカルHDDにダウンロードし、そしてOneDriveに再アップロードすることです。これは少なくとも2回のログインが必要です。ここではDropboxとOneDriveを併用する方法がありますか?市場で複数のクラウド管理ソフトウェアをたくさん見つけることができます。でも、ほとんどは少なくとも月額料金を請求します。そのため、ユーザーはDropboxアカウントとOneDriveアカウント間のファイル転送の不便さに耐えなければなりません。幸いなことに、現在無料アプリMultCloudの助けを借りてクラウドサービス間でファイルを自由に転送、同期、バックアップできます。クラウドサービスの便利さを存分に楽しむことができます。

複数のDropboxとOneDriveアカウント間で切り替える

今のところ、MultCloudは以下のクラウドサービスを結合できます:

マルチクラウドでサポートされるクラウド
マルチクラウドでサポートされるクラウド

Google Drive、Box、Amazon S3、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、Hubic、Evernote、MEGA、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav、FTP/SFTP

そのため、MultCloudを通してDropboxとOneDriveアカウントを簡単に結合できます。全てのクラウドサービスにアクセスするために、別々にログインする必要は二度とありません。

DropboxとOneDriveアカウント間でファイルを直接転送する

DropboxからOneDriveに、またはOneDriveからDropboxにファイルを移動したい場合、MultCloudを使用してダウンロードやアップロードなしにDropboxとOneDriveアカウント間でファイルを直接転送できます。MultCloudで1つのクラウドサービスから別のクラウドサービスにファイルを移動するのはWindowsで異なるボリューム間でファイルを移動することに似ています。この方法で、クラウド間でデータを簡単かつ安全にバックアップ、同期することもできます。

Dropbox to Onedrive
ファイルを移動

ファイルを素早く検索できる

これはMultCloudの他の素晴らしい機能です。ユーザーはこの機能を使うと、全てのアカウントでファイルを検索できます。全てのクラウドストレージは一体とみなされます。キーワードを入力すると、MultCloudは自動的に全てのアカウントで関連するファイルを見つけます。

multcloudで検索
multcloudで検索

概要

MultCloudは複数のクラウドサービスを管理する実用的なフリーソフトです。それは全てのクラウドストレージを1つの場所で管理できます。そのため、多くの時間と労力を節約します。OneDriveだけでなくMEGA、Flickr、Boxなどにも対応します。もっと詳しく知る:クラウドサービス間でファイルを移動する方法。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能