OneDriveとGoogleドライブの接続はファイルをもっと簡単に同期させる

ファイルをクラウドストレージに保存するのはそれらをバックアップする1つの簡単な方法です。できるだけ多くのクラウドアカウントを作成するのはストレージを最大限に活用させることができます。そのため、1つの人が3つや4つのクラウドアカウントを持ってるのは珍しくないことです。OneDriveとGoogleドライブは強力かつ便利なクラウドサービスなので世界中で広く使用されています。それらはユーザーのためにデスクトップ版と携帯電話版を提供するので、いつでも、どこでも、ファイルにアクセスすることができます。多くの人は写真、音楽、ビデオ、映画など個人ファイルをそこに保存します。

しかし、ストレージ制限のため、ユーザーは一部のファイルを1つのドライブストレージに保存、もう一部のファイルを他のクラウドに格納しなければなりません。GoogleドライブからOneDrive内のいくつかの特定のファイルにアクセスしたい時、不便です。例えば、異なるアカウント内のファイル グループを集めたり、OneDriveをGoogleドライブに丸ごとコピーしたりする時。OneDriveとGoogleドライブに接続する他の理由はデータの安全を維持することです。1つのクラウドストレージでファイルを失ったとしても他のクラウドにまだコピーを持っています。そのため、OneDriveとGoogleドライブの接続はファイル管理を簡単かつ効果的にします。

GoogleドライブとOneDrive
GoogleドライブとOneDrive

どのようにOneDriveとGoogleドライブに接続するか

MultCloudは複数のクラウドサービス間でファイルを転送、管理するための無料アプリで、同じインターフェースでOneDriveとGoogleドライブに接続できます。それを使うと、クラウドアカウント間のファイル転送はフォルダ間の転送と同じくらい簡単です。再命名、削除、移動など基本的なファイルの操作は Windowsの「エクスプローラ」やMacの「Finder」で行う機能と同じです。また、それはクラウド間でファイルを完全コピーするためにスケジュール転送の機能を提供します。OneDrive からGoogleドライブにファイルを直接ドラッグ&ドロップするのも利用可能です。このアプリは標準OAuthサービスに基づくので、ユーザー名とパスワードは要求されません。登録してOneDriveとGoogleドライブに接続してみます。

OneDriveとGoogleドライブに接続する手順

ステップ1.登録した後、MultCloudにログインします。「クラウドを追加」をクリックしてGoogleドライブを選択します。

クラウドストレージを追加
クラウドストレージを追加

ステップ2.この手順で必要な権限を確認することが要求されます。これらの手順を繰り返してOneDriveをMultCloudに追加します。

Googleアカウントを追加
Googleアカウントを追加

ステップ3.現在、MultCloudでOneDriveとGoogleドライブに接続しました。ファイルを自由に管理できます。「クラウド転送」をクリックしてファイルのスケジュール転送を作成できます。

転送
転送

MultCloudを使用して3つの手順でOneDriveとGoogleドライブに接続できます。簡単かつ迅速でしょう。このアプリは全てのファイルの管理手順を直接的かつ視覚的に実行できます。スクリーンショットから見てMultCloudはOneDriveとGoogle Drive以上のクラウドをサポートします。実は最大28個のクラウドサービスをMultCloudに追加できます。人気のあるクラウドでも、あまり知られていないクラウドでも色々を含めます。例えば、FTP経由でGoogleドライブに接続することもできます。MultCloudもOtixoの優れた無料代替品です。

*アップデート:今、MultCloudはCloud Sync(クラウド同期)サービスを追加しました。Google DriveをGoogle Driveと直接同期できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能