GoogleフォトとiCloudについて

Googleフォトは、はGoogleにより提供されるオンラインストレージサービスで、ユーザーは画像や動画を保存および同期できます。Googleフォトを使用すると、ユーザーは貴重な写真や動画を他のユーザーと共有できるだけでなく、特定の画像を簡単に編集、検索、アーカイブすることもできます。

一方、Appleが製造したiCloudは、ユーザーがPDF、Word、音楽、ビデオ、画像などのさまざまな種類のデータを保存できるように、すべてのApple製品にプリインストールされています。iCloudを使えば、ユーザーはローカルデータを簡単に同期することができ、データを安全に保つことができます。また、ユーザーは、デバイスがネットワークに接続されている限り、時間と場所の制限なしにデータにアクセスしてナビゲートできます。

GoogleフォトからiCloudにバックアップする理由

GoogleフォトからiCloudにバックアップ
GoogleフォトからiCloudにバックアップ

GoogleフォトはGoogleにより提供され、iCloudはAppleが製造したンラインストレージサービスです。もしApple製品を利用している場合は、ぜひiCloudを利用してみてください。写真をGoogleフォトからiCloudに移行したり、バックアップしたり、たくさんのメリットがあります。詳細についてはご覧ください。

  • Googleフォトの容量制限:Googleフォトは、昔無料無制限バックアップサービスとしてユーザーに愛用されていますが、2021年6月1日により、Googleフォトの保存容量はGoogle系のサービスと共用化され、上限が15GBまでになっています。
  • Googleフォトのバグによる悪影響:データのバックアップは、データのセキュリティにとってはかなり重要な一環として認知されています。Googleフォトは写真の保存と共有を専門としていますが、データにある程度悪影響を与えるバグがいくつかあります。これらのバグは、Googleフォトで写真が消えたり、同期ができなかったりなどのひどい問題につながる可能性があります。
  • iCloudの優れた写真編集機能:写真編集に関しては、Googleフォトは、明るさ、白色点、コントラストなどの基本的な編集ツールのみを提供します。iCloudには、光/色/詳細の調整、フィルター、切り抜きなど、より多くの編集機能をユーザーに提供できます。
  • iCloudとAppleデバイスの緊密統合:Appleエコシステムに参加している場合、またはApple製品に目を向けている場合は、1か所だけで管理を改善するためにGoogleフォトをiCloudにバックアップすることをお勧めします。

こういう場合、GoogleフォトからiCloudにバックアップすると、データが失われることなく、より良いサービス体験も楽しめます。要約すると、GoogleフォトからiCloudにデータをバックアップすることで、Googleフォトの容量制限を避けることができ、写真が消えたりすることもなく、データをより効率的に管理できます。

では、GoogleフォトをiCloudにバックアップするにはどうすればよいか?答えを見つけるために、次のコンテンツを読んでください!

GoogleフォトからiCloudにバックアップする方法

このセクションでは、参考のために2つの簡単で無料の方法を提供します。読んだ後、ご自身の状況に応じて最良の方法を選んでください。

方法1:ダウンロード・アップロードしてGoogleフォトからiCloudにバックアップ

ダウンロードとアップロードの方法は、ほとんどのユーザーが検討する最も簡単で一般的な方法です。GoogleフォトとiCloudデスクトップアプリをダウンロードしない場合は、この方法に従うことができます。すべきことは次のとおりです。

ステップ1.ウェブ上のGoogleフォトにログインし、バックアップすることにした画像をナビゲートします。

ステップ2.画像を選択し、右上隅にある3つの縦のドットのアイコンを押して「ダウンロード」を選択します。その後、それらの写真はローカルデバイスに転送されます。

Googleフォトから写真をダウンロード
Googleフォトから写真をダウンロード

ステップ3.Web上のiCloudにアクセスし、iCloud Driveアイコンを押します。

iCloud Driveをクリック
iCloud Driveをクリック

ステップ4.ダウンロードした写真をiCloudのインターフェースにドラッグアンドドロップします。または、上部上部にある「アップロード」アイコンをタップして、それらの写真をローカルデバイスからiCloud Driveに転送することもできます。

iCloud Driveにアップロード
iCloud Driveにアップロード

注:この方法を使用してGoogleフォトをiCloudにバックアップするのは少し面倒で、ダウンロードとアップロードのプロセスには多くの時間がかかります。

方法2:Googleデータエクスポートを使用してGoogleフォトからiCloudにバックアップ

写真を1枚ずつダウンロードするのは時間がかかりすぎるため、バックアップするすべてのデータが正常にダウンロードされるまで、コンピューターの前に座ってプロセスを実行および表示する必要があります。ここでGoogleデータエクスポート(Google Takeout)が機能し、Googleフォトのデータを一度にエクスポートするのに役立ちます。これで、以下のステップバイステップの操作を参照して開始できます。

ステップ1.Googleデータエクスポートにアクセスし、「選択をすべて解除」をクリックします。

選択をすべて解除
選択をすべて解除

ステップ2.カーソルを下にスワイプしてGoogleフォトにチェックマークを付けて、「次のステップ」をクリックします。

次のステップ
次のステップ

ステップ3.ファイルの種類、頻度、宛先を1つずつ選択します。最後に、「エクスポートを作成」をクリックします。

エクスポートを作成
エクスポートを作成

ステップ4.しばらくしてからページが自動的に更新され、「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロード
ダウンロード

注:

  • エクスポートする時間は、データのサイズによって異なります。
  • Googleデータエクスポートは、「共有アイテム」内のデータをダウンロードすることはできません。「共有アイテム」内のデータを同期したい場合は、手動でパソコンにダウンロードしてから、再アップロードしてください。

ステップ5.iCloudにアクセスして、ダウンロードしたものをアップロードできます。

iCloudのバックアップ容量が不足している時の対処法

ご存じの通り、iCloudは無料ユーザーに5GBのストレージ容量しか提供しません。iCloudのバックアップ容量が不足している時はどうすればよいですか?クラウドサービス業界には多くの選択肢があり、多くのユーザーが複数のクラウドドライブを使用しているため、一部のユーザーはGoogleフォトをDropbox、OneDriveなどの他のクラウドサービスにバックアップしたいと思うかもしれません。では、Googleフォトから別のクラウドに素早くバックアップできますか?はい!できます。最高のマルチクラウド管理ツールーMultCloudを利用すればダウンロード・アップロードせずに、無料でGoogleフォトから別のクラウドにバックアップできます。

MultCloud
MultCloud

MultCloudは、複数のクラウドストレージを1箇所で統合管理でき、クラウド間でデータの転送、同期、バックアップなどの操作を行える無料のWebアプリです。Webアプリのわけで、インストールする必要なく、インタネットさえ接続すればいつでもどこでもアクセスできます。それに、クラウド間でデータの転送、同期、バックアップなどの機能を楽しむだけでなく、共有、アップロード、コピー、移動などクラウドバックアップなどの基本的な機能も実行できます。

MultCloudを選択してクラウド間でデータをバックアップする理由

  • MultCloudは、Dropbox、Google Drive、OneDrive、MEGAなど30個以上のクラウドストレージを無料でサポートします。
  • MultCloudはオフラインバックアップを提供します。つまり、バックアップタスクが開始されると、コンピュータの電源がオフになっている場合でも、バックグラウンドで実行できます。
  • スケジュールバックアップを有効にできます。この機能を使用すると、データを毎日、毎週、または毎月の頻度で自動的にバックアップできます。
  • MultCloudのクラウドバックアップ機能の最も魅力的なメリットは、バージョン機能です。この機能を利用して、特定のバックアップバージョンを復元できます。

ヒント:MultCloudはまもなくiCloudをサポートする予定です。そのうち、MultCloudを使用してGoogleフォトをiCloudに直接シームレスにバックアップできます。

Googleフォトを別のクラウドにバックアップする方法

MultCloudを使用してGoogleフォトからDropboxにバックアップする方法を例として、Googleフォトを別のクラウドにバックアップする方法を紹介します。

ステップ1.MultCloudアカウントに無料でサインアップします。または、「仮アカウントで試用」をクリックして一時的なものを作成することもできます。

サインアップ
サインアップ

ステップ2.左側の「クラウドを追加」に移動し、GoogleフォトとDropboxのアイコンをそれぞれ選択して、MultCloudへのアクセスを許可して追加します。

GoogleフォトとDropboxを追加
GoogleフォトとDropboxを追加

ステップ3.左上のタスクバーで「クラウドバックアップ」をクリックします。次に、Googleフォトをバックアップ元として選択し、Dropboxをバックアップ先として選択します。その後、「今すぐバックアップ」ボタンを押します。

GoogleフォトをDropboxにバックアップ
GoogleフォトをDropboxにバックアップ

ヒント:逆にDropboxからGoogleフォトにバックアップする場合は、Dropboxをバックアップ元として、Googleフォトをバックアップ先として選択すればよいです。

ステップ4.「タスクリスト」でバックアップタスクの復元、バージョン、オプションなどのを操作を実行できます。例えば、「バージョン」をクリックして、特定のバージョンを削除または復元できます。

タスクリスト
タスクリスト

結論

この記事を読んだ後、GoogleフォトをiCloudにバックアップしたり、Googleフォトを他のクラウドにバックアップしたりする方法をすでに習得していると思います。ダウンロードとアップロードの方法を使用するか、Googleデータエクスポートを利用してバックアップできます。一方、GoogleフォトをOneDrive、Drropboxなどの主流なクラウドサービスにバックアップしたい場合は、MultCloudに依頼できます。

「クラウドバックアップ」機能に加えて、MultCloudは、「クラウド同期」、「クラウド転送」、「リモートアップロード」などの他の専門的な機能を提供します。たとえば、GoogleフォトからFlickrに移行する場合は、クラウド転送機能にサポートを依頼できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能