GoogleフォトとiCloudを比較してみる

Google Photos vs iCloud
Google Photos vs iCloud

Googleフォトは、写真やビデオに便利なクラウドストレージです。ユーザーは重要な画像をPCや電話からクラウドに効率的に保存できます。一方、オンライン編集や共有など、ほとんどのユーザーの要件を最大限に満たすことを目的とした多くの効果的な機能があります。

iCloudは、Apple Inc.が作成したクラウドストレージアプリです。市場で役立つクラウドサービスの1つとして、ユーザーは写真、ドキュメント、オーディオファイルなどのファイルをクラウドに保存できます。一方、ユーザーはさまざまなデバイス(Mac、Windowsコンピューター、iPhone)からiCloudへの自動同期を設定できます。これはインテリジェントで時間とエネルギーを大幅に節約できます。

では、複数の候補者と向き合うときに、画像などのデータを保存するためにどのクラウドを使用する必要がありますか?この問題が発生した場合は、GoogleフォトとiCloudの重要な比較を示す以下のコンテンツを参照してください。

  • ネイティブサービスを提供:iCloudはネイティブサービスを提供します。カメラロールはiCloud写真と密接に関連しています。つまり、ソーシャルメディアに写真を投稿すると、iCloud写真内の任意の画像を選択できます。Googleフォトは、写真を保存するための基本的なストレージにすぎません。
  • より良い写真管理:デスクトップで写真を管理したい場合は、MacのiCloudフォトがGoogleフォトのウェブアプリよりもはるかに優れています。ユーザーはEXIFデータに基づいてカスタムアルバムを作成できます。ユーザーが携帯電話で画像を編集したい場合、編集内容は自動的に同期されます。

実際、どちらのサービスも素晴らしい機能を備えており、それぞれに長所と短所があります。どちらが良いのでしょうか?それは人それぞれのニーズによるものです。Googleフォトでの容量無制限の終了と伴い、Googleフォトの容量制限と保存上限問題も浮上してきました。そして、多くの人が写真を保存するために他のクラウドに目を向けています。特にApple製品のユーザーはGoogleフォトからiCloudに写真を移行することを考えています。

では、GoogleフォトからiCloudに写真を移行するにはどうすればよいでしょうか?次のコンテンツを読んで詳細を確認できます。

PCでGoogleフォトからiCloudに写真を移行する方法

このセクションでは、コンピューター上のGoogleフォトからiCloudにデータを移行するのに役立つ2つの主要な方法を紹介します。WindowsコンピューターまたはMacのどちらを使用している場合でも、2つのソリューションの両方が適用可能です。さらに、iCloudのストレージ不足に対する解決策もあります。興味のある方は、読み続けてください。

方法1:ダウンロードしてアップロードしてGoogleフォトからiCloudに移行

GoogleフォトからiCloudに移行する画像が数枚しかない場合、実行できる最初の簡単な方法は、手動でダウンロードして再アップロードすることです。フォローできる内容は次のとおりです。

ステップ1:Googleフォトにアクセスし、アカウントでログインします。

ステップ2:GoogleフォトからiCloudに移行する写真とファイルを見つけます。次に、それらを選択して右上の三つのドットのアイコンをクリックし、「ダウンロード」ボタンをタップします(または、キーボードの「Shift + D」を押すこともできます)。

Googleフォトから写真をダウンロード
Googleフォトから写真をダウンロード

ステップ3:次に、Web上のiCloudにアクセスし、「写真」アイコンを選択します。

iCloud「写真」
iCloud「写真」

ステップ4:上部にあるアップロードアイコンをクリックして、Googleフォトからダウンロードしたものをアップロードします。

iCloudでアップロード
iCloudでアップロード

方法2:Google Takeoutを利用してGoogleフォトからiCloudに移行

GoogleフォトからiCloudに移行する写真がたくさんある場合は、1枚ずつダウンロードする代わりに、Google Takeoutを使用してそれらの画像をすばやくエクスポートできます。Google Takeoutは、GoogleドライブやGoogleフォトなどのGoogle製品からユーザーのデータをエクスポートすることを目的とした特別なサービスです。したがって、次の手順に従うことができます。

ステップ1.Google Takeoutに移動し、サインインします。

ステップ2.「すべての選択を解除」をクリックし、ページで「Googleフォト」の横にあるボックスにチェックマークを付けます。

選択をすべて解除
選択をすべて解除

ステップ3.「すべてのフォトアルバムが含まれます」をクリックして、エクスポートするファイルを選択できます。完了後、ウィンドウの右下にある「次のステップ」ボタンをクリックします。

すべてのフォトアルバムが含まれます
すべてのフォトアルバムが含まれます

ステップ4.エクスポートする配信方法と頻度、ファイルのサイズと形式を選択し、「エクスポートを作成」をクリックします。

エクスポートを作成
エクスポートを作成

ステップ5.次のページで「エクスポートの進行状況」が表示されます。エクスポートするのにかかる時間は、ファイルサイズによって異なります。エクスポートするファイルサイズが大きい場合は、Googleからのメール通知を待ちます。

エクスポートの進行状況
エクスポートの進行状況

ヒント:エクスポートするファイルサイズがそれほど多きではない場合は、しばらくしてからページが自動的に更新され、ダウンロード画面が表示されます。「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロード
ダウンロード

ステップ6.iCloudにログインし、さっきダウンロードしたファイルをアップロードします。

注:

  • Google Takeoutは、「共有アイテム」内のデータをダウンロードすることはできません。「共有アイテム」内のデータを移行したい場合は、手動でパソコンにダウンロードして、iCloudにアップロードしてください。
  • Google Takeoutのエクスポートは、個々のファイルやフォルダではなく、複数のファイルに分割されるので、サイズによっては、移行プロセスに数日かかる場合があります。
  • Google TakeoutのZIPファイルは、2GBを超えるとzip64形式に圧縮されるので、iCloudで使用する前に、解凍して再編成する必要があります。

スマホでGoogleフォトからiCloudに移行する方法

最近、スマホの利用もだんだん主流になっています。多くのユーザーは写真をスマホに保存しています。このパートは、AndroidユーザーおよびiPhoneユーザーがGoogleフォトをiCloudに移行する方法を紹介します。

AndroidでGoogleフォトをiCloudに移行する

Androidフォンを使用してGoogleフォトからiCloudに移行している場合は、最初にGoogleフォトから写真をダウンロードしてから、iCloudにアップロードすることもできます。また、詳細な手順は次のとおりです。

ステップ1.Googleフォトから写真をダウンロードします。

ステップ2.Web上のiCloudにサインインし、Apple IDを入力します。

ステップ3.「信頼する」のボタンをクリックして操作を確認し、「写真」に移動します。

「写真」に移動
「写真」に移動

ステップ4.「アップロード」をクリックして、Googleフォトからダウンロードした写真を選択し、iCloudにアップロードします。

iPhoneでGoogleフォトをiCloudに移行する

iPhoneを使用している場合は、GoogleフォトからiCloudに写真を移行する方がはるかに簡単です。実行できる手順は次のとおりです。

ステップ1:iPhoneの設定に移動し、iCloudを見つけて「写真」をオンにします。

iCloud「写真」をオンにする
iCloud「写真」をオンにする

ステップ2:iPhoneにGoogleフォトアプリをインストールし、Googleアカウントにログインします。

ステップ3:iPhoneの設定でGoogleフォトを見つけて「すべての写真」を有効にします。これで、GoogleフォトとデバイスとiCloudの写真は自動的に同期されます。

Googleフォトで「すべての写真」を有効にする
Googleフォトで「すべての写真」を有効にする

iCloudのストレージ容量が不十分な時の対処法

iCloudはデータを保存する専門的なクラウドですが、ユーザーには5GBの無料ストレージしか提供しないので、すぐに使い果たしてしまいます。この状況では、アカウントをアップグレードする人もいます。お金を使いたくない人は、Dropbox、OneDrive、Flickrなどのクラウドストレージに目を向けます。写真や動画を保存するために他のクラウドを利用する場合は、データをより適切に管理するために、Googleフォトから他のクラウドに移行する必要があります。たとえば、写真を保存するためにFlickr(1000枚の写真を保存可能)に乗り換えるユーザーが多くいます。なぜなら、Flickrでは写真をウェブ上で整理・分類・展示でき、見知らぬ人と共有して互いにコメントを書き込むこともできます。では、どのようにして写真をGoogleフォトからFlickrに移行しますか?

MultCloud
MultCloud

ダウンロードしてアップロードするか、Google Takeoutを使用して、GoogleフォトからFlickrにデータを移動すると便利な場合がありますが、時間と手間がかかります。ありがたいことに、手間をかけずにGoogleフォトからFlickrにデータを素早く移動できる高度なクラウドファイルマネージャーがあります。それはサードパーティのサービスであるMultCloudを使用することです。

MultCloudは複数のクラウドストレージを1箇所で統合管理でき、クラウド間でデータの転送、同期、バックアップなどの操作を行える無料のWebアプリです。現在では、Googleフォト、MEGA、Dropbox、OneDrive、Flickrなど30個以上の主流クラウドストレージをサポートします。今はまだiCloudをサポートしておらず、MultCloudでGoogleフォトをiCloudに移行することはできませんが、間もなく登場します。

MultCloudを使用してクラウド間でファイルを移行する利点:

  • 無料かつ安全:無料でアカウントを作成でき、しかもほとんどの機能を楽しむことができます。クラウド間でファイルを転送するためのデータトラフィックに基づいており、月額30GBを無料で提供します。それに、MultCloudは、OAuth認証システムと256ビットAES暗号化を使用して、移行中および保存中のファイルとデータを保護しますので、個人情報やデータを記録しません。
  • 高速の転送速度:MultCloudは、ユーザーに高速の転送速度を提供し、複数のファイルをより簡単かつ迅速に移行できます。
  • 簡単で使いやすい:インターフェースデザインが綺麗なので見やすいし、操作もかなり簡単です。初めて操作する人でも全部直観で操作できます。

MultCloudを使用して写真をGoogleフォトからFlickrに移行する方法:

ステップ1.無料でMultCloudにサインアップします。または、サインアップせずに「仮アカウントで使用」を押して、一時的なアカウントを作成することもできます。

サインアップ
サインアップ

ステップ2.「クラウドを追加」ページに進みます。ここでは、GoogleフォトとFlickrのアイコンをそれぞれクリックし、ポップアップウィンドウに表示されるガイダンスに従って、アカウントをMultCloudに追加する必要があります。

GoogleフォトとFlickrを追加
GoogleフォトとFlickrを追加

ステップ3.「クラウド転送」をクリックし、Googleフォトを転送元として選択し、Flickrを転送先として選択します。最後に、「今すぐ転送」を押します。

GoogleフォトからFlickrに移行
GoogleフォトからFlickrに移行

ヒント:

  • 「オプション」をクリックすると、転送タスクを自動的に実行できるスケジュール設定、電子メール通知機能、特定の拡張子を持つファイルを無視して転送するのに役立つフィルタ機能など、より多くの転送オプションを楽しむことができます。
  • MultCloudはバックグラウンドでタスクを実行しているため、転送プロセスが開始されたら、ページを閉じたり、パソコンから離れたりしても構いません。
  • より速い転送速度を求める場合、MultCloudアカウントをプレミアムアカウントにアップグレードして、10つまでのスレッドで高速転送を利用できます。
オプション
オプション

MultCloudは、「クラウド転送」に加えて、「クラウド同期」、「クラウドバックアップ」や「リモートアップロード」などの他の高度な機能も備えています。例えば、URLやTorrentファイルをGoogleドライブにダウンロードしたい場合は、「リモートアップロード」機能が役立ちます。もちろん、MultCloudはデータのアップロード、ダウンロード、共有などの基本機能も提供します。

結論

この記事を読んで、GoogleドライブとiCloudの比較を通して、この二つのクラウドの違いを理解でき、GoogleフォトからiCloudに写真を移行する方法も把握できると思います。一方、「Googleフォトの写真が重複している」問題など、Googleフォトにいくつかの問題があるため、データ保護のために、PC/Android/iPhoneでGoogleフォトからiCloudにデータを転送するさまざまな方法があり、今は異なるデバイスから転送タスクを完了することができます。さらに、iCloudのストレージが十分ではない場合、MultCloudを使用してクラウド間のデータを管理するという解決策を提供します。MultCloudについてより詳しい情報は機能ページで確認できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能