> チュートリアル > クラウド転送 > MultCloudはDropboxをAmazon S3にバックアップできる

MultCloudはDropboxをAmazon S3にバックアップできる

Author Yuki

投稿者@Yuki

2020年5月19日 | 3分くらいかかる

Author Yuki

Yuki

ゆきは、multcloud.comの編集者として長年製品についての記事を翻訳したり、ITに関する知識を書いたりしています。

人気記事
DropboxからGoogle Driveへ写真を転送する最も簡単な方法
GoogleドライブからFlickに写真を直接移動する
Web上でOneDriveからFlickrへ写真を無料転送します

DropboxとAmazon S3に関する知識

ご存知のように、Dropboxはパソコンとモバイルデバイスの間でファイルを同期させ、ファイル、写真と動画をどこでも携帯したり、他人と簡単に共有したりすることができるクラウドサービスです。Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)は、Amazon Web Servicesによって提供されるオンラインストレージのWebサービスです。S3はデータを抽出して別の分析システムに移動することなく、洗練されたビッグデータ分析を実行できます。また、どんな大量データでも、いつでも、どこでもS3に格納されることができます。ここではAmazon DriveじゃなくてAmazon S3を説明します。Amazon DriveとS3、両者間の違いについては、ここをクリックして参考することができます。

完璧なことがありません。DropboxとAmazon S3両方はメリットとデメリットがあります。そのため、多くの人は両方を使います。しかし、1つのクラウドサービスから他のクラウドへファイルをバックアップ、転送または同期したいなら、どうすればいいですか?手動でファイルをローカルディスクにダウンロード、そして新しいサービスに再アップロードしますか?より良い方法がありませんか?ここではMultCloudをお勧めします。これはDropboxからAmazon S3へファイルをバックアップ、同期及び移動するのに役立ちます。

MultCloudでDropboxをAmazon S3にバックアップする

次はDropboxからAmazon S3へファイルをコピーしてみましょう。

ステップ 1:MultCloudアカウントをDropboxと接続する必要があります。MultCloudアカウントは無料です。


Dropboxを追加
Dropboxを追加

MultCloudの認証システムはOAuth(権限の認可を行うためのオープンスタンダードである)に基づくので、ユーザー名とパスワードを必要としなくサーバーリソースへの第三者アクセスを認可できます。そのため、Dropboxである場合、表示名だけが必要です。そして追加ボタンをクリックして、新しいウィンドウまたはタブが表示され、MultCloudにDropboxアカウントへのアクセス権を与えるように求められます。

ステップ 2:Amazon S3をMultCloudに追加する時、特定の情報を入力する必要があります。そのため、MultCloudをAmazon S3に接続するように、次の情報が必要です:

Bucket Name(バケット名)

Access Key ID(アクセスキーID)

Secret Access Key(シークレットアクセスキー)


Amazon S3の追加
Amazon S3の追加

それらを取得する方法についてここを参考してください。そして追加ボタンをクリックし、指示に従ってAmazon S3をMultCloudに追加します。

ステップ 3:DropboxとAmazon S3両方はMultCloudに追加された後、DropboxからAmazon S3へファイルをバックアップする準備が出来ています。「Name(名前)」の前にあるチェックボックスをチェック状態にしてDropbox内の全てのファイルを選択します。そしてそれらをAmazon S3にドラッグします。


Dropbox内のファイルをAmazon S3ドラッグ
Dropbox内のファイルをAmazon S3ドラッグ

進行状況ボックス
進行状況ボックス

コピープロセス中に、進行状況ボックスはMultCloudの右下に表示されます。完了すると、状態は成功の状態になります。

MultCloudについてもっと詳しく見る

もちろん、Multcloudは複数のクラウドストレージの管理者として他のクラウドストレージサービスにも対応します:

MultCloudが対応するクラウド:Google Drive、Box、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、Hubic、Evernote、OneDrive、MEGA、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav、FTP/SFTP

次の画面のように、それは他の管理操作も備えています。例えば、ファイルの作成、再命名、jpg、pdfなどのプレビュー、特定のファイルの検索。安心してMultCloudを使ってクラウドサービス間でファイルを同期、バックアップまたは転送できます。


MultCloudの右クリックメニュー
MultCloudの右クリックメニュー

現在、MultCloudはスケジュールされたファイルコピーをサポートします。そのため、電源を切っても定期的にDropboxをAmazon S3にバックアップすることができます。


スケジュール転送
スケジュール転送

MultCloudが対応するクラウド

Multcloudの主要機能

  • 簡単にファイルを管理したり情報を配信するためにクラウド、FTP及びWebDavのファイルを転送します。

  • 一方向または双方向でクラウドまたはクラウドディレクトリ間で同期を行います。

  • 複数のクラウドストレージを一つにまとめて管理し、Windowsのエクスプローラのように扱えます。