> チュートリアル > クラウド転送 > MultCloud経由でWebDAVはGoogle Driveにアクセスします

MultCloud経由でWebDAVはGoogle Driveにアクセスします

Author Yuki

投稿者@Yuki

2020年5月20日 | 3分くらいかかる

Author Yuki

Yuki

ゆきは、multcloud.comの編集者として長年製品についての記事を翻訳したり、ITに関する知識を書いたりしています。

人気記事
DropboxからGoogle Driveへ写真を転送する最も簡単な方法
GoogleドライブからFlickに写真を直接移動する
Web上でOneDriveからFlickrへ写真を無料転送します

WebDAV←MultCloud→Google Drive

ご存知のように、2つのクラウドサービス間の同期の伝統的な方法は1つのクラウドストレージからファイルをダウンロード、そして他のクラウドに再アップロードすることです。それは確かに時間を費やしそうです。そんな不便を改善するためにMultCloudは登場しました。それは2つのクラウド間の通信のためのウェブベースの無料プラットフォームです。

このツールは20個以上のクラウドをサポートします:Evernote、Dropbox、Flickr、Amazon Cloud Drive、Amazon S3、Box、SugarSync、OneDrive、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、Hidrive、BaiDu、MediaFire、ownCloud、Alfresco、ADrive、hubiC、MySQL、FTP/SFTP、MEGA。まだGoogle DriveへのWebDAV接続を作成する方法が分からない場合、次の手順に従って答えを見つけることができます。

MultCloud経由でWebDAVおよびGoogle Driveを結合します

MultCloudを使うと、他の余分なアプリケーションをコンピュータ、携帯電話、タブレットにインストールする必要がありません。アカウントを作成、そしてウェブページで全ての操作は直接完成できます。


サインアップ
サインアップ

WebDavをGoogle Driveに追加します。(データの安全性を確認します)


ドライブを追加
ドライブを追加

この後、統合が完了しました。今すぐ「転送」サービス下のコンテキストメニュー/設定からコピーオプションを使用(ドラッグ)してWebDAVとGoogle drive間でファイルをコピー、バックアップ、同期できます。(更新:MultCloud 4.0から「同期」サービスの下にあります。)

他の機能

ファイル管理はWindowsエクスプローラの操作によく似ています。例えば、アップロード、ダウンロード、コピー、貼り付け、再命名です。また、MultCloudは友達にファイルを共有する機能、ファイルをクラウド間で検索する機能を提供します。doc、pdf、xls、jpg、png、gif、txt、htmlなどドキュメント向けのファイルプレビューもできます。MultCloudのGoogle Chrome拡張機能は既に開発されました。案内について次のサイトに訪問してください:https://www.multcloud.com/jp/tutorials/multcloud-google-chrome-app-extension.html

MultCloudが対応するクラウド

Multcloudの主要機能

  • 簡単にファイルを管理したり情報を配信するためにクラウド、FTP及びWebDavのファイルを転送します。

  • 一方向または双方向でクラウドまたはクラウドディレクトリ間で同期を行います。

  • 複数のクラウドストレージを一つにまとめて管理し、Windowsのエクスプローラのように扱えます。