WebDAV←MultCloud→Google Drive

ご存知のように、2つのクラウドサービス間の同期の伝統的な方法は1つのクラウドストレージからファイルをダウンロード、そして他のクラウドに再アップロードすることです。それは確かに時間を費やしそうです。そんな不便を改善するためにMultCloudは登場しました。それは2つのクラウド間の通信のためのウェブベースの無料プラットフォームです。

このツールは20個以上のクラウドをサポートします:Evernote、Dropbox、Flickr、Amazon Cloud Drive、Amazon S3、Box、SugarSync、OneDrive、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、Hidrive、BaiDu、MediaFire、ownCloud、Alfresco、ADrive、hubiC、MySQL、FTP/SFTP、MEGA。まだGoogle DriveへのWebDAV接続を作成する方法が分からない場合、次の手順に従って答えを見つけることができます。

MultCloud経由でWebDAVおよびGoogle Driveを結合します

MultCloudを使うと、他の余分なアプリケーションをコンピュータ、携帯電話、タブレットにインストールする必要がありません。アカウントを作成、そしてウェブページで全ての操作は直接完成できます。


サインアップ
サインアップ

WebDavをGoogle Driveに追加します。(データの安全性を確認します)


ドライブを追加
ドライブを追加

この後、統合が完了しました。今すぐ「転送」サービス下のコンテキストメニュー/設定からコピーオプションを使用(ドラッグ)してWebDAVとGoogle drive間でファイルをコピー、バックアップ、同期できます。(更新:MultCloud 4.0から「同期」サービスの下にあります。)

他の機能

ファイル管理はWindowsエクスプローラの操作によく似ています。例えば、アップロード、ダウンロード、コピー、貼り付け、再命名です。また、MultCloudは友達にファイルを共有する機能、ファイルをクラウド間で検索する機能を提供します。doc、pdf、xls、jpg、png、gif、txt、htmlなどドキュメント向けのファイルプレビューもできます。MultCloudのGoogle Chrome拡張機能は既に開発されました。案内について次のサイトに訪問してください:https://www.multcloud.com/jp/tutorials/multcloud-google-chrome-app-extension.html

MultCloud Logo

クラウド間でファイルを素早く転送、同期またはバックアップします。

無料登録

100%安全

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能