WebDAVからGoogle Driveにアクセスする方法

「WebDAVとGoogle Driveこの二つのクラウドサービを接続するには、どうしたらよいですか?この質問を抱えているユーザーは少なくないでしょう。今は方法について説明します。

伝統的な方法があります。それは、WebDAVからファイルをダウンロード、そしてGoogle Driveに再アップロードすることです。データ量とネットの回線速度に左右されるので、かなり時間がかかります。それに、操作中エラーが発生したり、進まなかったりしたりして、こういう状況もよくありますね。

そんな不便を改善するためにMultCloudが登場しました。MultCloudとは、複数のクラウドストレージを1箇所で統合管理でき、クラウド間でデータの転送、同期などを行えるサービスです。Evernote、Dropbox、Flickr、Amazon S3、Box、SugarSync、OneDrive、FTP/SFTP、MEGAなど30個以上のクラウドをサポートします。Google DriveへのWebDAV接続を作成する方法が分からない場合、次の手順に従って答えを見つけることができます。

MultCloud経由でWebDAVとGoogle Driveを結合する

1、アカウントを作成、そしてウェブページで全ての操作は直接完成できます。

サインアップ
サインアップ

2、WebDavとGoogle DriveをMultCloudに追加します。(データの安全性を確認します)

まず、WebDavを追加します。「クラウドを追加」を選択し、WebDavをクリックします。アップウィンドウでユーザー名やパスワードを入力する必要があります。そして、「WebDav 追加」をクリックすればよいです。

ドライブを追加
ドライブを追加
WebDAVアカウントを追加
WebDAVアカウントを追加

そして、前の操作を繰り返して、Google DriveをMultCloudに追加します。

Google Driveを追加
Google Driveを追加

3、クラウドを追加完了したら、WebDAVとGoogle Driveを接続できました。画像の通り、MultCloudは「クラウド転送」、「クラウド同期「リモートアップロード」などの機能を備えています。

クラウド転送
クラウド転送
クラウド同期
クラウド同期

また、コンテキストメニューでWebDAVとGoogle drive間でファイルをコピー、共有、削除などもできます。

コンテキストメニュー
コンテキストメニュー

あとがき

MultCloudのファイル管理はWindowsエクスプローラの操作によく似ています。例えば、アップロード、ダウンロード、コピー、貼り付け、再命名など。また、MultCloudは友達にファイルを共有する機能やクラウド間で検索する機能をも提供します。MultCloudのGoogle Chrome拡張機能は既に開発されました。案内について次のサイトに訪問してください:https://www.multcloud.com/jp/tutorials/multcloud-google-chrome-app-extension.html

より詳しい情報はMultCloudのホームページで確認できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能