+ MultCloud経由でGoogleDriveのデータをOneDriveに素早く移行!
> チュートリアル > クラウド転送 > MultCloud経由でGoogleDriveのデータをOneDriveに素早く移行!

MultCloud経由でGoogleDriveのデータをOneDriveに素早く移行!

Author Amy

投稿者@Amy

2020年5月21日 | 3分くらいかかる

Author Amy

Amy

Amyは、multcloud.comの編集者として長年製品についての記事を翻訳したり、ITに関する知識を書いたりしています。

人気記事
MultCloud経由でOneDriveからGoogleドライブにデータを簡単にコピーする
MEGAをGoogleドライブに簡単にコピーする方法
Googleアカウントを切り替えることなく、Googleドライブを複数管理

クラウドストレージを選択する

クラウドの便利さが多いですクラウドストレージサービス(またはオンラインバックアップサービス)を使用しているインターネットユーザーがますます多くなっています。例えば、オンラインでデータを保存すると、ディスク容量を節約できます。

また、クラウドストレージをバックアップサービスとして活用できるので、お使いのパソコンのHDDが故障しても、クラウド内のファイルが安全に保護されます。さらに、今のクラウドサービスは、クロスプラットフォームをサポートするため、ますます人気が高まっています。

つまり、PCからクラウドにドキュメントをアップロードして、モバイル経由ですぐにアクセスできます。

クラウドストレージサービスを選択する際には、私にとっては機能と価格が重要な要素です。例えば、Dropbox、Googleドライブ、Amazon S3、OneDriveやSugarSyncなどのクラウドのうちで、昔のGoogleDriveはNo1(ナンバーワン)だと思っています。しかし、OneDrive(以前のSkyDrive)の内部メモリーは、大幅に更新されたので、OneDrive Webサイト経由で、別のコンピュータからPC上のファイルにアクセスできるようになります。

特に今のOneDriveは、Microsoft Office Online(Windows 8を含む)に統合されているため、文書(Word、Excel、PDFなど)をPCにダウンロードせずにオンラインで閲覧できます 。

Multcloud経由でGoogleDriveのデータをOneDriveに移行する

では、帯域幅を使用せずにGoogleDriveのデータをOneDriveに移行する方法は何ですか。この問題を解決するには、MultCloudが開発された:


MultCloudのメインインターフェイス
MultCloudのメインインターフェイス

MultCloudがサポートするクラウド: Dropbox、Box、Amazon S3、 Amazon Cloud Drive、SugarSync、 Alfresco、Hubic, Evernote、MEGA、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDavやFTP/SFTPなど。

MultCloudは無料で使用できます。MultCloudは、複数のクラウドストレージマネージャとして、前述のクラウドサービスをサポートしています。例えば、複数のクラウド間でデータを同期、バックアップするとか。MultCloudを使い始める前に、新規アカウントを作成し、登録済みのメールアドレスで有効化してください。

ログインしたら、トップページでお使いのクラウドを追加するようになります。パネルからOneDriveを選択し、お使いのアカウントからMultCloudにアクセス権を与えます。MultCloudの認証システムはOAuthに基づいています。

注:

OAuth (オー オース[1]) は、権限の認可(authorization)を行うためのオープンスタンダードである。OAuthとは、Webサーバーにあるユーザーのリソースへのアクセス権限を、ユーザーの代理で行うことを許可するための認証用のプロトコルのことである。 OAuthを使用することで、エンドユーザーはクライアントにユーザ名やパスワードを知らせることなく、サーバーリソースへの第三者アクセスを認可することができる。


GoogleドライブのファイルをOneDriveに移動する
GoogleドライブのファイルをOneDriveに移動する

OneDriveとGoogleDriveをMultCloudに追加すると、MultCloudのインターフェースであらゆるファイルが表示されます。MultCloudのダッシュボードを使用したら、ファイルを管理できます。GoogleDriveに保存してるデータをOneDriveに移行させるには、移動するフォルダを確認し、OneDriveにドラッグします。

その後、少々お待ちください。MultCloudでは、帯域幅を浪費することなく、GoogleDriveからOneDriveへすべてのデータを移行しながら、仕事を続けられます。進捗状況ボックスには、進行状況が表示されます。

MultCloudは、同じブランドのクラウドの無制限のアカウントを追加することをサポートします。複数のOneDriveアカウント間でファイルを共有することもサポートしますよ。

結論

MultCloudは、ログオン時のクレデンシャルと作業中のファイルを保存できます。データ転送時のすべてのデータは、256 ビットの AES 暗号化状態で転送します。また、MultCloudは、クラウドサービス間でファイル同期、バックアップおよび移動を実行する便利なツールです。

さらに、MultCloudはGoogle Chrome拡張機能を備えています。Google Chromeブラウザをご使用の場合は、インストールを強くお勧めします。

MultCloudが対応するクラウド

Multcloudの主要機能

  • 簡単にファイルを管理したり情報を配信するためにクラウド、FTP及びWebDavのファイルを転送します。

  • 一方向または双方向でクラウドまたはクラウドディレクトリ間で同期を行います。

  • 複数のクラウドストレージを一つにまとめて管理し、Windowsのエクスプローラのように扱えます。