> チュートリアル > クラウド転送 > OneDriveからMEGAにファイルを転送する方法

OneDriveからMEGAにファイルを転送する方法

Author Yuki

投稿者@Yuki

2020年5月19日 | 3分くらいかかる

Author Yuki

Yuki

ゆきは、multcloud.comの編集者として長年製品についての記事を翻訳したり、ITに関する知識を書いたりしています。

人気記事
DropboxからGoogle Driveへ写真を転送する最も簡単な方法
GoogleドライブからFlickに写真を直接移動する
Web上でOneDriveからFlickrへ写真を無料転送します

OneDriveとMEGA間の比較

OneDriveとMEGAはいつでも、どこでも、どんなデバイスでもファイルにアクセスできるクラウドストレージサービスです。両方は同じ機能を持っています。OneDriveの強さは、WordまたはPowerPointのようなMicrosoft Officeアプリケーションと緊密に連携していることです。そのため、それらのアプリを起動する時、OneDriveに保存された最近のドキュメントが表示されます。しかし、Microsoftアカウントを持つユーザーはOneDriveに5GBだけの無料容量を得ることができます。これはMEGAの利点です。MEGAはユーザーに50GBの空き容量を提供します。

MultCloudを使ってOneDriveからMEGAへファイルを転送する

MultCloudは1つの場所で複数のクラウドストレージサービスにアクセスできます。それは全てのファイルにアクセスするために複数のWebサイトへ訪問したり、いくつかのクライアントアプリをインストールする必要をなくします。OneDriveからMEGAにファイルを転送したい時、MultCloudは最良の選択です。また、OneDriveからコンテンツをダウンロードしてMEGAにアップロードする必要もありません。全ての仕事はMultCloudの1つのブラウザで完成できます。

ステップ 1:MultCloudにアクセスして無料アカウントを作成するか、ゲストアカウントでログインすることができます。


MultCloud登録
MultCloud登録

ステップ 2:次の画面で「Add Cloud Drives(クラウドストレージを追加)」をクリックしてOneDriveを選択します。そして「Next(次へ)」をクリックして次の手順に進みます。


OneDriveを追加
OneDriveを追加

「Add OneDrive Account(OneDriveアカウントを追加)」ボタンをクリックしてOneDriveアカウントを認証します。指示に従って、接続しているアカウントへのMultCloudアクセスを許可します。そして同じ方法でMEGAアカウントを追加します。


アカウントを認証
アカウントを認証

ステップ 3:MEGAとOneDriveの統合が完了した後、転送タスクを開始できます。OneDriveから転送したいファイルをチェックして「Copy(コピー)」&「Paste(貼り付け)」または「Copy to(コピー先)」を選択します。或いはドラッグ&ドロップを通してファイルを移行します。


ファイルを管理
ファイルを管理

ヒント:大量のデータがあれば、何回転送したほうがいいです。転送パネルに切り替えてスケジュール転送を提出することもできます。


転送とスケジュール
転送とスケジュール

ご覧のように、3つのシンプルな手順だけでOneDriveからMEGAにファイルを転送することを実現できます。これはDropDoxからAmazon Cloud Driveにファイルを転送するタスクと同じです。

*アップデート:いいニュースがあります。今MultCloudはクラウド同期サービスを追加しました。8つの同期を利用することができます。

MultCloudが対応するクラウド

Multcloudの主要機能

  • 簡単にファイルを管理したり情報を配信するためにクラウド、FTP及びWebDavのファイルを転送します。

  • 一方向または双方向でクラウドまたはクラウドディレクトリ間で同期を行います。

  • 複数のクラウドストレージを一つにまとめて管理し、Windowsのエクスプローラのように扱えます。