OneDriveとMEGA間の比較

OneDriveとMEGAはいつでも、どこでも、どんなデバイスでもファイルにアクセスできるクラウドストレージサービスです。両方は同じ機能を持っています。OneDriveの強さは、WordまたはPowerPointのようなMicrosoft Officeアプリケーションと緊密に連携していることです。そのため、それらのアプリを起動する時、OneDriveに保存された最近のドキュメントが表示されます。しかし、Microsoftアカウントを持つユーザーはOneDriveに5GBだけの無料容量を得ることができます。これはMEGAの利点です。MEGAはユーザーに50GBの空き容量を提供します。

MultCloudを使ってOneDriveからMEGAへファイルを転送する

MultCloudは1つの場所で複数のクラウドストレージサービスにアクセスできます。それは全てのファイルにアクセスするために複数のWebサイトへ訪問したり、いくつかのクライアントアプリをインストールする必要をなくします。OneDriveからMEGAにファイルを転送したい時、MultCloudは最良の選択です。また、OneDriveからコンテンツをダウンロードしてMEGAにアップロードする必要もありません。全ての仕事はMultCloudの1つのブラウザで完成できます。

ステップ 1:MultCloudにアクセスして無料アカウントを作成するか、ゲストアカウントでログインすることができます。

MultCloud登録
MultCloud登録

ステップ 2:次の画面で「クラウドを追加」をクリックしてOneDriveを選択します。

OneDriveを追加
OneDriveを追加

メールとパスワードを入力してOneDriveアカウントを認証します。指示に従って、接続しているアカウントへのMultCloudアクセスを許可します。そして同じ方法でMEGAアカウントを追加します。

アカウントを認証
アカウントを認証

ステップ 3:MEGAとOneDriveの統合が完了した後、転送タスクを開始できます。OneDriveから転送したいファイルをチェックして「コピー」&「貼り付け」または「コピー先」を選択します。

ファイルを管理
ファイルを管理

ヒント:大量のデータがあれば、転送パネルに切り替えてスケジュール転送を提出することもできます。

転送とスケジュール
転送とスケジュール

ご覧のように、3つのシンプルな手順だけでOneDriveからMEGAにファイルを転送することを実現できます。これはDropDoxからAmazon Cloud Driveにファイルを転送するタスクと同じです。

*アップデート:いいニュースがあります。今MultCloudはクラウド同期サービスを追加しました。8つの同期を利用することができます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能