> チュートリアル > クラウド転送 > MultCloudでDropDoxからAmazon Cloud Driveにファイルを転送「無料」

MultCloudでDropDoxからAmazon Cloud Driveにファイルを転送「無料」

Author Yuki

投稿者@Yuki

2020年5月21日 | 3分くらいかかる

Author Yuki

Yuki

ゆきは、multcloud.comの編集者として長年製品についての記事を翻訳したり、ITに関する知識を書いたりしています。

人気記事
DropboxからGoogle Driveへ写真を転送する最も簡単な方法
GoogleドライブからFlickに写真を直接移動する
Web上でOneDriveからFlickrへ写真を無料転送します

DropDoxからAmazon Cloud Driveにファイルを転送する理由

Dropboxはネットワークに接続された記憶装置で、最も重要な機能を2つ備えています:保存と同期。ユーザーにとってクラウドにファイルを格納するのは足りないかもしれません。それに全てのデバイス上のファイルのローカルコピーをリアルタイムアップデートするために、クラウドはファイルの最新の更新を同期できることが要求されます。幸いなことに、Dropboxはこの両方の機能を提供します。

しかし、Amazon Cloud Driveはファイル同期をサポートできません。その代わりにバッチファイルでアップロードするシンプルな方法を提供します。つまり、ドラッグ&ドロップしてファイルをAmazon Cloud Driveアカウントに移動できます。これは比較的面倒な処理ですが、ファイルの安全を確保できます。Amazon Cloud Driveはファイルをクラウドのみに保存するので、変更を作成すると、 1つのデバイスから最新ウェブブラウザでファイルに手動でアクセスしてファイルを手動で取得、そしてAmazon Cloud Driveにファイルを手動で再アップロードしなければなりません。Dropboxと比べて以上の全ての操作はローカルデバイスに保存されたファイルにもっとアクセスしにくいためです。

クラウド内のデータのコピーを保護したり、如何なるデバイスからデータにアクセスできるのは希望だったら、価格の低くて無制限クラウドストレージがあるAmazon Cloud Driveは素晴らしい選択です。また、Dropboxの他にそれを余分なオンラインリポジトリにすることもできます。これを実現するために、次はMultCloudでDropDoxからAmazon Cloud Driveにファイルを転送する詳細な手順を紹介します。

DropDoxからAmazon Cloud Driveにファイルを転送する方法

多くのソフトウェアの手動移行と違ってMultCloudは最大10TBのファイルを自動的にDropboxからAmazon Cloud Driveに無料で転送することができます。また、Dropboxからコンテンツをダウンロード、そしてAmazon Cloud Driveにアップロードする必要がありません。全ての操作はブラウザでMultCloudを使って完了できます。

ステップ 1:MultCloudにアクセスして「登録」で無料アカウントを作成します。自分好みのメールアドレス、ユーザー名とパスワードを入力する必要があります。そして「アカウントを作成」ボタンをクリックします。またMultCloudは「ゲストアカウントでログイン」を提供します。


MultCloudを登録
MultCloudを登録

ステップ 2:電子メールからアカウントを有効にした後、サインインしてください。次のウィンドウで「クラウドストレージを追加」をクリックしてDropboxを選択します。そして「次へ」をクリックして次の手順に進みます。


クラウドストレージを追加
クラウドストレージを追加

「Dropboxアカウントを追加」ボタンをクリックしてDropboxアカウントを認証します。指示に従って接続しているアカウントへのアクセス権をMultCloudに付与します。そして同じ方法でAmazon Cloud Driveアカウントを追加します。


MultCloudにアカウントを追加
MultCloudにアカウントを追加

ステップ 3:Amazon Cloud DriveとDropboxの統合が完了した後、転送タスクを開始できます。Dropbox内のファイルを管理します。コンテキストメニューから操作オプションを見つけることができます。転送したいファイルをチェックします。そして「コピー」&「貼り付け」または「コピー先」を選択するか、或いは、ドラッグ&ドロップしてファイルを移行します。


MultCloudファイルの管理
MultCloudファイルの管理

ヒント:多すぎるデータがある場合、数回転送したほうがいいです。転送パネルに切り替えてスケジュール転送を提出してください。


MultCloud転送とスケジュール転送
MultCloud転送とスケジュール転送

現在MultCloudはGoogle Chromeアプリを持っています。Google Chromeブラウザをご利用の場合、この拡張機能をインストールするのを非常にお勧めします:

*アップデート:いいニュースがあります。今MultCloudはクラウド同期サービスを追加しました。8つの同期を利用することができます。

MultCloudが対応するクラウド

Multcloudの主要機能

  • 簡単にファイルを管理したり情報を配信するためにクラウド、FTP及びWebDavのファイルを転送します。

  • 一方向または双方向でクラウドまたはクラウドディレクトリ間で同期を行います。

  • 複数のクラウドストレージを一つにまとめて管理し、Windowsのエクスプローラのように扱えます。