Dropboxについて

Dropboxはオンラインクラウドストレージサービスです。デスクトップやモバイルデバイスにファイルを同期するのに最適です。調査によると、ビジネス用と個人用のDropboxアカウントを複数持ってる人がいます。しかし、Dropboxの複数アカウント間でファイルをすばやく移行すると、1台のPCで複数のDropboxアカウントを同時に使うのは難しいでしょう?また、Dropboxが複数のアカウントをサポートしていません。異なるDropboxアカウントを使用するために複数のDropboxを持っていますか?

こんな場合、プロファイルを常に切り替えて使ったり、常用のアプリケーションを再び設定したりするので、面倒です。Dropboxウェブサイトを利用すると、手動でファイルをローカルドライブにダウンロードしてから再アップロードするか、ファイル共有でファイルを転送する必要があります。

今、より便利な方法が出ました!MultCloudは、Dropboxの複数アカウントを連携し、ファイルを転送、同期またはバックアップすることをサポートする無料のオンラインツールである。では、これから詳細操作を見てみましょう!

MultCloudを使用して複数のDropboxアカウント間でデータを移行する

ステップ1.アカウントの作成と追加

2つのDropboxアカウントだけでなく、MultCloudアカウントも必要です。では、MultCloudサイトでアカウントを新規に作成してください。

無料のMultCloudアカウントを作成
無料のMultCloudアカウントを作成

1、Cloudにログインします。「クラウドを追加」画面でDropboxを選択して続行してください。

Dropboxを選択してMultCloudに追加
Dropboxを選択してMultCloudに追加

MultCloudは、複数のクラウドサービスのデータを一箇所にまとめて管理できるWebアプリです。Dropbox、Evernote、Flickr、Amazon S3、WebDav、Google Drive、Box、SugarSync、OneDrive、MEGAやFTP/SFTPなど30個以上のクラウドストレージをサポートします。

2、指示にしたっがて最後に「許可」をクリックしてDropboxへのアクセスをリクエストします。

Dropboxアカウントを追加
Dropboxアカウントを追加

3、追加完了したら、2つのDropboxアカウントは次のブラウザウィンドウに表示されます。

2つのDropboxアカウントが追加されました
2つのDropboxアカウントが追加されました

ステップ2:データを移行

次に、あるDropboxアカウントから別のDropboxアカウントにファイルを移動するなら、「Dragging」、「コピー&ペースト」、「コピー先」という3つの方法があります。下記の詳細をご覧ください。

方法1:「Dragging」:Dropbox2からターゲットフォルダを選択し、マウスの左ボタンを押したままDropbox1にドラッグします。

ファイルのドラッグ
ファイルのドラッグ

方法2:「コピー&ペースト」:Dropboxからターゲットファイルをコピーし、Dropbox1に貼り付けます。

「コピー」または「コピー先」
「コピー」または「コピー先」
「ペースト」
「ペースト」

方法3:「コピー先」:「コピー先」を選択すると、ポップアップウィンドウで設定できます。Dropboxをコピー先として選択し、「はい」をクリックすると、コピーが開始されます。

「コピー先」オペレーション
「コピー先」オペレーション

Dropboxの他に、MultCloudは他の有名なクラウドストレージのファイル管理と移動もサポートしています。

例えば、Googleドライブ間でファイルを移動するとか、2つのFlickrアカウントで写真を転送する、DropboxからOneDrive for Businessにファイルを移動するとかなんてのこと。

とにかく、MultCloud経由でクラウド間でデータを転送同期またはバックアップすると、心配する必要がありません。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能