ユーザーからの質問

「1台のPCンでDropboxの複数アカウントを同時使用する方法を試したのですが、うまくいきません。どうしたらよいものか、対処法をご存じの方はご教示くださいませ。」

「DropBoxを1台のパソコンに別アカウントで複数持ちたいのですが、可能でしょうか?可能なら、その方法をお教えください。」

「私は個人用のDropboxアカウントを2つ持っていますが、毎回アカウントを切り替えるのにうんざりしています。 Windows 10で複数のDropboxアカウントを同時に実行するにはどうすればよいですか?いくつか提案をお願いします!」

最近、Yahoo知恵袋では、このような質問が絶えずに出現しています。この記事では、これらの質問に対処し、1台のPCで複数のDropboxアカウントを管理する方法について説明します。

Dropboxについて

「情報爆発時代」といわれる今の社会は、高度情報化に伴って、人々の利用可能なデータ量も増えつつあり、データ管理も一層難しくなっています。したがって、外付けハードディスクやUSBメモリの代わりに、クラウドストレージが続々登場しています。クラウドストレージを使用することで、外付けハードディスクやUSBメモリを持ち歩かなくても、いつでもどこでも、携帯電話、パソコンなどのプラットフォームでドキュメント、写真、動画などをアップロード・ダウンロード・共有・保存できます。

Dropbox
Dropbox

Dropboxは、2008年にリリースされ、Dropbox社により提供される最も広く使われているクラウドストレージの1つとして世界中で活躍しています。Dropboxは、写真やエクセルファイルの保管と共有に誇りをもち、複数デバイスで同時利用でき、利便性が良いです。それに、Dropboxを持っているユーザー同士とファイルを簡単に共有できます。外に情報が漏れないように、共有データにパスワードをつけたり、有効期限をつけたりすることもできます。

なぜ複数のDropboxアカウントを管理する必要がありますか?

Dropboxを管理
Dropboxを管理

上記の言うように、人々に非常に多くの利便性と使いやすさを提供する一方で、いくつかの欠点もあります。

  • 無料ユーザーに2GBのストレージ容量しか提供しません。これもユーザーが複数のアカウントを作成する最大の理由です。
  • 1台のコンピューターで複数のDropboxアカウントを同時に管理する方法を提供しません。

もちろん、Dropboxのアカウントをビジネス用とプライベート用で使い分けているため、複数のアカウントを作成しているユーザーもかなり多くいます。したがって、複数のアカウントを管理することも重要になっていきます。

ところが残念なことに、現在のところ複数のDropboxアカウントを自動的に統合することはできません。Dropboxの公式サイトの説明によると、Dropbox Businessプランを利用している顧客だけが、任意のコンピューター、モバイルデバイス、およびWebサイトで一つの個人アカウントと一つのビジネスアカウントリンクすることができます。

ヒント:つまり、ビジネスアカウンと個人アカウントとリンクできますが、個人アカウントを相互にリンク、また、ビジネスアカウントを相互にリンクすることはできません。例えば、もし二つのDropbox個人アカウント、または二つのDropboxビジネスアカウントをお持ちの場合は、どうしてもリンクすることができません。

MultCloudで複数のDropboxアカウントを1台のPCで統合管理

アカウントを切り替えなく、複数のDropboxアカウントを統合管理するにはどうすればよいですか?ここでは、データ転送ツールMultCloudを強くお勧めします。

MultCloud
MultCloud

MultCloud最高のマルチクラウド管理ツールとして、複数のクラウドストレージを1箇所で統合管理でき、クラウド間でデータの転送、同期などを行えます。MultCloudを利用することで、複数のDropboxアカウントを追加および連携して、異なるアカウントのファイルを簡単に管理およびバックアップできます。

MultCloudの素晴らしいメリット:

  • 無料で登録してご利用できます。
  • ウェブベースのアプリなので、クライアントなどをインストールする必要がないです。
  • MultCloudは、Dropbox、Google Drive、G Suite、OneDrive、MEGAなど30個以上の主流クラウドをサポートします。
  • データの転送には暗号化され、データ通信で利用したデータはキャッシュしません。クラウドサービスへの認証にも「OAuth認証」を使用するので、パスワード情報を一切保管しません。
  • 大量のデータをクラウドからクラウドへの転送、同期およびバックアップが可能です。
  • 検索ボックスで目的ファイルをすばやく検索できるので、Dropboxアカウントを切り替えなくてもその上のファイルに簡単にアクセスできます。
  • MultCloudはバックグラウンドでタスクを実行しているため、転送プロセスが開始されたら、ページを閉じたり、PCを閉じたりしても構いません。

ステップ1.MultCloudで無料アカウントを作成し、ログインします。

MultCloud
アカウントを作成

ヒント:「仮アカウントで試用」オプションを選択して、メールアドレスを入力せずに一時的なアカウントを作成することができます。または、Googleアカウント、Facebookアカウントで直接ログインすることもできます。

ステップ2.メインコンソールで、左側の「クラウドを追加」をクリックし、右側のクラウドドライブリストから「Dropbox」を選択します。ガイダンスに従って、MultCloudからDropboxアカウントへのアクセス請求を許可し、クラウドアカウントの追加を完了してください。

Dropboxを追加
Dropboxを追加

注:MultCloudに一度に追加できるクラウドアカウントは1つだけです。複数のアカウントを追加するには、上記の操作を繰り返してください。

ステップ3.追加が完了したら、MultCloudインターフェース画面の左側で複数のDropboxアカウントが表示されます。これで複数のDropboxアカウントが紐づけられ、管理できるようになりました。

メニュー操作で複数のDropboxアカウントを管理

ご覧の通り、MultCloudは複数のクラウドサービスを1つの場所で管理できます。例えば、Dropboxのファイルを共有、コピー、切り取り、削除などの操作ができます。

メニュー操作
メニュー操作

「クラウド転送」機能で複数のDropboxアカウントを管理

「コピー」と「コピー先」オプションはクラウドからクラウドへデータを移行するのに役立ちます。「コピー」と「コピー先」オプション以外、MultCloudの「クラウド転送」機能を利用すれば、データの移行も素早く完了できます。「クラウド転送」をクリックし、Dropboxアカウントをそれぞれ「転送元」と「転送先」として選択し、「今すぐ転送」をクリックすると、Dropboxアカウント間でデータを転送できます。

メニュー操作
複数のDropboxアカウント間で転送

ノート:

  • 「スケージュール」を設定することで、クラウドストレージサービス間で定期的にデータを自動的に転送、同期、またはバックアップできます。
  • 「オプション」‐「Eメール」を設定して、メール通知を送信できます。
スケージュール設定
スケージュール設定
メール通知
メール通知

「クラウド同期」機能で複数のDropboxアカウントを管理

「クラウド同期」をクリックし、Dropboxアカウントをそれぞれ「同期元」と「同期先」として選択し、「今すぐ同期」をクリックすると、Dropboxの複数アカウントを同期できます。

複数のDropboxアカウント間で同期
複数のDropboxアカウント間で同期

ヒント:MultCloudのサブスクライバーにアップグレードすれば、転送、同期操作をより効率的に完成できます。

  • 月間30GBのトラフィックの代わりに、月間150GBから無制限のトラフィックの転送量でデータを転送または同期できます。
  • 一度に2つの同期モードを同時に実行でき、速度が大幅に向上できます。
  • 10つまでのスレッドで高速転送できます。
  • 「オプション」‐「フィルタ」を設定することで、特定のファイルまたは特定の拡張子を持つファイルを自動的に同期できます。例えば、Dropbox上の写真のみを同期する場合は役立ちます。
  • ミラー、移動、累積、更新、増分、フル同期などの6つの優れた同期モードをご利用できます。例えば、移動同期を利用したら、同期が完了すると、ソースディレクトリ内のファイルがすべて削除されます。
オプションフィルタ
オプションフィルタ
同期モード
同期モード

あとがき

上記の方法で、1台のコンピューターで複数のDropboxアカウントを管理できます。MultCloudを利用することで、1つのインターフェースで複数のアカウントを管理できるほか、わずか数ステップでクラウドストレージ間でファイルを自由にバックアップすることもできます。

より詳しい情報はMultCloudの機能ページで確認できます。今すぐお試してみましょう!

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能