ユーザーからの質問

「こんにちは、私は個人のGoogle Driveアカウントと会社のG Suiteアカウントをそれぞれ持っています。Google Driveアカウントにはたくさんのファイルがあり、ファイル管理のために個人のGoogle DriveからG Suiteにすべてのファイルを移行したいと考えています。そこで知りたいのは、Google DriveからG Suiteへの移行を簡単に行うことができるソリューションはあるのかということです。どなたか解決策を教えてください。ありがとうございます。」

「みなさん、こんにちは。テクニカルアナリストとして働いています。私の勤務先では、Googleドライブを使用していますが、Googleドライブのドキュメントを別のアカウントに移行するのに時間がかかります。楽にグーグルドライブをGスイートに移すことができる解決策はありますか?助けてください!」

以上は一部のユーザーからの、個人のGoogleドライブアカウントからG Suiteアカウントにデータへの移行に対する悩みです。この記事も、ユーザーの悩みを解決するために、まずGoogleドライブとG Suiteについて述べ、そして四つの解決方法を提供します。

G Suite VS Googleドライブ

GoogleドライブとG Suiteは有名なクラウドサービスプラットフォームとして、ユーザーに優れたデータストレージエクスペリエンスをもたらします。今からは、GoogleドライブとG Suiteの定義と違いについて説明します。次の部分を読み続けてください。

GoogleドライブとG Suiteとは?

Googleドライブは、Googleによって開発され、2012年4月24日にリリースされたファイルストレージおよび同期サービスです。Googleドライブを使用すると、ユーザーはデータを保存したり、デバイス間でデータを同期したり、共有したりできます。Googleドライブは、ウェブサイトに加えて、Windows、macOSコンピューター、Android、iOSスマートフォンおよびタブレット用のオフラインアプリケーションも提供します。また、Googleドライブは、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、描画、フォームなどの共同編集もサポートしています。

G Suiteは、コミュニケーションツールとコラボレーションツール全体でより統合されたエクスペリエンスに進化されたため、2020年10月6日によりGoogle Workspaceという新しい名前に変更しました。(この記事ではしばらくG Suiteの名前で述べます。)G SuiteはGmail、カレンダー、ドキュメント、スプレッドシートなどのツールをビジネスに向けように機能を追加し、1つの使いやすいソリューションに統合したワークスペースです。PC、スマートフォン、タブレットなどのデバイス/ブラウザを問わず利用可能で、時間や場所を問わず、仕事をより効率的に完了できます。

G Suite VS Googleドライブ

タスクリスト
タスクリスト
  • 生産性とコラボレーションの向上

Googleドライブは、個人ユーザー向け、保存、共有などに注目しているクラウドストレージです。ビジネス機能はそれほど備えていなくて、企業やビジネスに向いていません。一方、G Suiteは、従業員の生産性を高め、チーム内および部門間のコラボレーションを強化するように設計されています。従業員がより効率的に作業し、常に情報を簡単に見つけられるようにすることで、貴重な時間とお金を稼ぎます。

  • チームワークの向上

Googleドライブと比べて、G Suiteは、チームのコラボレーションをまったく新しいレベルに引き上げます。ドキュメントを共同でリアルタイムに同時編集して、チームの全員が効率的に共同作業できるようになります。ドキュメントの編集もリアルタイムで表示され、自動的にクラウドに保存されます。チームを管理している場合は非常に便利です。また、カレンダーから予定を確認してWEB会議(Google Meet)に参加したり、メールの隣からチャット(Google Chat)を行ったりして、作業がより効率的に進められ、時間を一切無駄にしません。

  • セキュリティの向上

データをクラウド上に保存することに心配がある方もいらっしゃるかもしれませんが、一般企業のデータセンターがGoogleドライブと同じレベルのセキュリティ対策をして、データを保つことは容易ではありません。一方、G Suiteは、2段階の検証により、個人データの保護を強化します。現在および中小規模から大規模のブランドは、データがクラウドで完全に保護されているという安心感があります。

なぜGoogleドライブの個人アカウントからG Suiteに移行しますか?

2020年、コロナの流行により世界中のビジネスモードに変革が起きました。そのため、在宅勤務という仕事概念が進み、Googleもそれに応じてG Suiteをよりビジネスに向けように機能を追加し、Google Workspaceという新しい名前に変更しました。G SuiteはGmail、スプレッドシート、カレンダーなどのアプリケーションを1つに統括しています。G Suiteは、あらゆる組織にとってコストを削減でき、企業の効率的な管理のための豊富なツールを備えている大企業です。

仕事の効率のため、もともと仕事資料をGoogleドライブに保存しているユーザーたちも、仕方なくデータをGoogleドライブの個人アカウントからG Suiteに移行することを選びました。また、学校でも会社でも、多くの組織は、スタッフ管理や文書管理のためにG Suiteを使用しています。

個人のGoogleドライブからG Suiteに移行することは、企業にとって必ず有益であると言い切れます。しかし、Googleドライブのデータを別アカウントへ移動するのは簡単ですが、個人のGoogleドライブからG Suiteへの移行はどのように実現しますか?次のセクションに従って、答えを見つけましょう。

MultCloudを使用してGoogleドライブをG Suiteに移行

MultCloud
MultCloud

ここでは、最高のマルチクラウド管理ツールMultCloudを強くお勧めします。MultCloudは、複数のクラウドストレージを1箇所で統合管理でき、クラウド間でデータの転送、同期などを行えるサービスです。

MultCloudは、ダウンロードやアップロードを行わずに、あるプラットフォームから別のクラウドにファイルを転送することを目的とした無料のマルチクラウドストレージマネージャーであり、需要を達成するのに役立つツールになる可能性があります。

現在、MultCloudは、G Suite、Dropbox、OneDrive、Google Driveなどを含む30を超えるクラウドをサポートします。MultCloudを使用すると、個人のGoogleドライブからG Suiteへの移行タスクを簡単に完了することができます。では、今からステップバイステップを詳しく説明します。

ステップ1.MultCloudアカウントを作成

操作を実行する前に、MultCloudのアカウントを作成する必要があります。

MultCloud
アカウントを作成

ヒント:「仮アカウントで試用」オプションを選択して、メールアドレスを入力せずに一時的なアカウントを作成することができます。または、Googleアカウント、Facebookアカウントで直接ログインすることもできます。

ステップ2.MultCloudにクラウドを追加

MultCloudにログインした後、「クラウドを追加」アイコンをクリックして、GoogleドライブとGスイートをMultCloudに追加する必要があります。クラウドドライブから「Googleドライブ」をクリックし、指示に従ってMultCloudへの追加を完了します。同じ手順に従って、G SuiteをMultCloudに追加します。

GoogleドライブとGスイートをMultCloudに追加
GoogleドライブとGスイートをMultCloudに追加

注:

  • G SuiteをMultCloudに追加することにはわずかな違いがあります。MultCloudに追加する前に、G Suiteの管理者権限があるかどうかを確認する必要があります。お持ちでない場合は、G Suite管理者に連絡して、「スーパー管理者」の役割を割り当ててください。
  • MultCloudに一度に追加できるクラウドアカウントは1つだけです。複数のアカウントを追加するには、上記の操作を繰り返してください。アカウントを追加完了したら、MultCloudのインターフェース画面の左側で表示されます。

ステップ3.「クラウド転送」を使用してGoogleドライブからGスイートへ移行

「クラウド転送」に移動し、ソースとしてGoogleドライブ全体を選択し、宛先としてG Suiteの下に個人用Googleドライブを保存するディレクトリを選択し、「今すぐ転送」をクリックして、プロセスが完了するのを待ちます。

個人のGoogleアカウントからG Suiteに移行
個人のGoogleアカウントからG Suiteに移行

ノート:

  • G Suiteを宛先として選択することはできません。G Suiteのサブディレクトリを宛先として選択する必要があります。
  • 「クラウド転送」機能は、フォルダまたはクラウド全体を転送するのに適しています。ファイルのみを転送したい場合は、「コピー」または「コピー先」を使用できます。
  • より高速な転送速度を求める場合は、MultCloudアカウントをプレミアムアカウントにアップグレードして、5倍の転送速度で高速転送を利用します。
  • MultCloudはバックグラウンドでタスクを実行しているため、転送プロセスが開始されたら、ページを閉じたり、PCを閉じたりしても構いません。
  • データをGoogleドライブからG Suiteに定期的に自動的に転送したい場合は、「スケジュール」を設定すると、タスクがスケジュールどおりに実行できます。
  • 転送タスクをコミットしたり、編集したりしたい場合は、タスクリストを開きます。ここではタスクを再編集、削除、ログの表示などの操作を行うことができます。
スケージュール設定
スケージュール設定
タスクリスト
タスクリスト

GoogleドライブをG Suiteに移行する一般的なの方法

以下のセクションに記載されている3つの方法に従って、手動でGoogleドライブをG Suiteに移行するのに役立ちます。

方法1.ダウンロードしてアップロードする

ステップ1.個人のGoogleドライブアカウントにログインします。

ステップ2.ローカルドライブにダウンロードするファイルとフォルダーを選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックして、プロセスが完了するまで数分待ちます。

ダウンロード
ダウンロード

ステップ3.G SuiteアカウントでGoogleドライブにログインします。

ステップ4.「アップロード」ボタンをクリックして、ローカルドライブからG Suiteアカウントにファイルをアップロードし、プロセスが完了するまで数分待ちます。

アップロード
アップロード

注:

  • フォルダーをPCにダウンロードすると、対応するzipファイルに変換されます。G Suiteアカウントにアップロードする前に、まずこれらのファイルを解凍する必要があります。
  • ファイルのバックアップにアップロードとダウンロードの操作を繰り返し使用すると、エラーが発生しやすいし、コストを増やすために時間を浪費することになります。
  • 転送中のデータを保持するために、ローカルコンピュータのハードディスクに十分なスペースが必要です。

方法2.Googleドライブで「共有」ユーティリティを使用する

Googleドライブの「共有」オプションを使用してGoogleドライブをG Suiteに簡単に移行できます。Googleドライブのデータを他のデータと個別に共有できます。GoogleドライブをG Suiteに移行するためのミニステップバイステップガイドは次のとおりです。

ステップ1.個人Googleドライブアカウントにログインします。

ステップ2.すべてのファイルとフォルダーを選択し、「共有」ボタンをクリックします。

共有
共有

ステップ3.G Suiteアカウントを受信者として入力し、G Suiteアカウントに権限「編集者」を割り当て、「送信」ボタンをクリックして、プロセスが完了するのを待ちます。

共有権限を設定
共有権限を設定

注:「編集者」を選択すると、所有権がG Suiteのアカウントに譲渡され、権限を変更できなくなります。所有権を譲渡したため、G Suiteに移動されたファイルはGoogleドライブアカウントでアクセスできなくなります。ドライブを専門的な目的で使用する必要がなくなった場合、これは適切な方法です。

ステップ4.G SuiteアカウントでGoogleドライブにログインし、アカウントの「マイドライブ」の下にこれらのファイルとフォルダーがあります。

方法3.Google Takeoutを利用する

個人のGoogleドライブをG Suiteに手動で移行する最良の方法の1つは、Google Takeoutを利用することです。

ステップ1.プロセスを開始するには、個人のGoogleドライブアカウントからGoogle Takeoutにアクセスします。

ステップ2.「選択をすべて解除」ボタンをクリックし、現在のウィンドウを下にスクロールして、「ドライブ」オプションをオンにします。

選択をすべて解除
選択をすべて解除

ステップ3.「ドライブのすべてのデータが含まれます」をクリックして、特定のファイルまたはフォルダのみを選択するか、全てのデータを選択して、個人のGoogleドライブをGSuiteに移行します。

ドライブのすべてのデータが含まれます
ドライブのすべてのデータが含まれます

注:ドキュメント、フォーム、サイトなどを目的の形式でダウンロードするには、「複数の形式」オプションをクリックします。

ステップ4.ウィンドウの右下にある「次のステップ」ボタンをクリックして、「Googleデータエクスポート」で配信方法などのセクションが表示されます。設定完了後、「エクスポートを作成」をクリックします。

Googleデータエクスポート
Googleデータエクスポート

ヒント:ここでは、「1回エクスポート」または「1年2か月ごとにエクスポート」オプションからエクスポート頻度を選択できます。また、ファイルの形式とサイズも選択でき、ほとんどのコンピューターでサポートされている.zipオプションを選択します。

ステップ5.エクスポートプロセスが完了したら、配信方法に指定したメールアドレスのGmailアカウントに移動し、リンクをクリックします。もしくは、しばらくしてからページを更新して、ダウンロード画面が表示されます。

ダウンロードGoogleデータエクスポート
ダウンロードGoogleデータエクスポート

ヒント:受信したダウンロードリンクは、56日間のみ有効になります。

ステップ6.G SuiteアカウントでGoogleドライブにログインし、「新規+」ボタンをクリックします。

ステップ7.ファイルアップロードまたはフォルダアップロードオプションのいずれかを選択して、ダウンロードしたファイルをGoogleドライブから移行します。

ステップ8.ダウンロードしたファイルを参照し、「開く」ボタンをクリックして、ファイルを正常に移動します。

この3つの方法も手動でGoogleドライブアカウントからG Suiteに移行するのに役立ちますが、大量のファイルをバックアップしたいユーザー、特に開発者の場合は、この方法は推薦しません。デメリットもかなり多くあります。

  • 手動方法では、データがそれほど大きくない場合にのみ役立ちます。手動による方法には常にいくつかの制限があり、データサイズが非常に大きい場合、プロセスを完了するのに長い時間がかかります。作業効率を大幅に低下させ、時間コストを増加させます。
  • アカウントを複数持っている場合は、移行中にアカウントを頻繫に切り替えなくてはなりません。
  • 移行中では、電源が切れたり、ページが閉めたり、ネットが切れたりしたら、プロセスも中止になります。
  • このような状況を回避し、仕事も生活を楽にするために、MultCloudを利用することをお勧めします。MultCloudを利用して、手動による方法の制限を克服し、タスクを簡単に完了できます。

あとがき

上記の方法に従って、個人のGoogleドライブアカウントからG Suiteに移行できます。四つの解決策を紹介したので、お好きな方法を選びましょう。

また、「クラウド転送」に加えて、MultCloudには「クラウド同期」機能も備えています。また、Googleドライブのファイルを別アカウントへコピー、移動する場合は、MultCloudの「コピー」または「コピー先」を使用できます。

よくある質問:

GoogleドライブをG Suiteに移動するにはどうすればよいですか?

GoogleドライブをG Suiteに移行するには4つの方法があります。私たちが考えることができる一般的な方法は「ダウンロード」と「アップロード」ですが、ネットワークが良好な状態でない場合、完了するまでに時間がかかります。最も効率的な方法は、サードパーティのサービスであるMultCloudに依存することです。

移行はどのくらいの速さでしょうか?

データサイズ、フォルダー構造、クラウドプロバイダーの制限の問題など、多くの要因がデータ転送の速度に影響を与える可能性があります。移行のタイムラインを正確に見積もるために、サポートスタッフに連絡して、ソースとターゲットの詳細を共有してください。

GoogleドライブとGスイートの違いは何ですか?

最大の違いは、G Suiteの管理機能です。個人のアカウントだけでなく、他の人のアカウントも管理できるように特別に設計されています。例えば、誰かが会社を辞めたとき、あのアカウントからのアクセスを無効にすることができます。役割などが変更された場合もアクセス許可を変更できます。

特定のファイルまたはフォルダーを移行できますか?

もちろん、特定のファイル、フォルダー、またはフォルダーのグループを移行できます。特定のファイルを移行する場合は、「コピー」&「ペースト」で移動できます。フォルダまたはフォルダのグループを移行する場合は、「クラウド転送」を使用して移行できます。

MultCloudは、ファイルの読み取りなど、クラウドサービスのコンテンツにアクセスできますか?

いいえ、MultCloudはコンテンツにアクセスできません。MultCloudはデータの転送には暗号化され、データ通信で利用したデータはキャッシュしません。クラウドサービスへの認証にも「OAuth認証」を使用するので、パスワード情報を一切保管しません。つまり、セキュリティーに心配する必要がありません。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能