> チュートリアル > クラウド転送 > 容量無制限の無料クラウドストレージを入手する方法

容量無制限の無料クラウドストレージを入手する方法

Author Yuki

投稿者@Yuki

2020年5月19日 | 3分くらいかかる

Author Yuki

Yuki

ゆきは、multcloud.comの編集者として長年製品についての記事を翻訳したり、ITに関する知識を書いたりしています。

人気記事
DropboxからGoogle Driveへ写真を転送する最も簡単な方法
GoogleドライブからFlickに写真を直接移動する
Web上でOneDriveからFlickrへ写真を無料転送します

容量無制限の無料クラウドストレージは本当ですか?

今、コンピュータ技術の発展に伴って、ストレージはローカルディスクからクラウドに移ります。製品を登録するユーザーを増やすために、一部の会社は容量無制限の無料クラウドストレージを提供するのを宣言します。それは本当ですか?必ずしも事実ではありません。

無料クラウドストレージは可能ですが、それは容量制限があります。料金を払ってもっと多くのストレージを入手できます。容量無制限の無料クラウドストレージは真実だとしても通常に時間制限があります。企業はこのアイディアを運用して彼らの製品を宣伝します。

クラウドストレージの価格

容量無制限の無料クラウドストレージはほとんど不可能であることが分かったでしょう。そのようなアプリを長時間提供しているメーカーはありません。では、いくつかの有名なクラウドプロバイダーが提供しているクラウドの価格を見てみましょう。そして再び考えてください。

Googleドライブ:
総容量 月額料金
100 GB $1.99
15 GB 無料
1 TB $9.99
10TB $99.99
20 TB $199.99
30 TB $299.99

最初の15GBのストレージは無料です。そして100GBは月額1.99ドル(約200円)になります。1TBは月額9.99ドル(約1,020円)になります。他の価格は上の表をご覧ください。

OneDrive:

MicrosoftのOneDriveと言うなら、月額5ドル(約570円)で1TBのストレージを入手できます。Office Onlineもそうです。最初、無料体験を始めることができます。

Dropbox:

Dropbox Dropbox Basicアカウントは無料で2GBの容量が含まれます。Dropbox Proは3つの異なるプランがあります。容量100GB、200GBおよび500GBです。それらの月額は9.99ドル、19.99ドルおよび49.99ドルです。

Amazon Cloud Drive:

最初、3カ月間の無料トライアルを提供します。写真のみが無制限でそれ以外のデータは5GBまでのプランが年額11.99ドルを支払う必要があります。または動画やPDF、文書ファイルなども無制限のために年額59.99ドルを払います。

上述から、一般的なクラウドサービスは無料プランと有料プラン両方があることを知っています。しかし、公式の無料クラウドストレージが永遠に容量無制限であることは存在しません。容量無制限の無料クラウドストレージを持ちたい場合、自分でそれを構築できます。複数のサーバーを買う必要があるか?いいえ、ここでは素晴らしいクラウド管理アプリがあり、これを実現できます。

MultCloud - 容量無制限の無料クラウドストレージを入手

MultCloud、その名前のとおり、複数のクラウドサービスの管理者です。それは何のクライアントをインストールする必要がないウェブベースのアプリです。ユーザーはそれを使うと、データを簡単かつ自由にバックアップ、同期、移動できます。インターネットに接続でき、ブラウザがある任意のデバイスにそれを使用できます。容量無制限の無料クラウドストレージを入手する方法は様々なクラウドサービスの無料ストレージを全てまとめることです。つまり、1つの場所に全てのクラウドストレージを結合して管理します。

実用的な例を挙げましょう。まずMultCloudに登録します。これは完全な無料プロセスです。メールアドレス、ユーザー名、パスワードと認証コードを入力します。そしてアカウントを確認してサインインします。


MultCloudに登録
MultCloudに登録

主な画面でMlutCloudは対応するサービスを見ることができます: Dropbox、Google Drive、Box、Amazon S3、Amazon Cloud Drive、SugarSync、Alfresco、hubiC、Evernote、OneDrive、MEGA、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、HiDrive、MySQL、Flickr、MediaFire、ownCloud、ADrive、BaiDu、WebDav、FTP/SFTP


MlutCloudは対応するサービス
MlutCloudは対応するサービス

次の手順はMultCloudにクラウドを追加することです。MultCloudは複数のクラウドストレージの追加をサポートします。結果としてそれは容量無制限の無料クラウドストレージを入手させます。

異なるブランドのクラウドサービスは追加の手順にいくつかの違いがあります。一般的にプロセスは2つの部分を含みます。MultCloudのインターフェースにクラウドアカウントの情報を入力するか、クラウドの公式サイトで認証します。

その後、クラウドの全ての内容はMultCloudのインターフェースに表示されます。現在、クラウドストレージを大量に入手しました。コンテキストメニューからいくつかのオプションを扱うことができます。


MultCloudのインターフェース
MultCloudのインターフェース

一般的な操作は削除、コピー、作成、切り取り、プレビュー、アップロードとダウンロードです。MultCloudの最も有用な機能は異なるサービス間でファイルを移動することです。MultCloudはスケジュールされたファイル転送、電源を切った後の転送までもサポートします。詳細について転送パネルに切り替えてください。そして試みて楽しみましょう。


スケジュールされたファイル転送
スケジュールされたファイル転送

結論

現在、容量無制限の無料クラウドストレージを入手するのは夢ではありません。MultCloudの助けを借りてそれを簡単に実現できます。なぜMultCloudを選択しますか?それは無料かつ安全で、それに簡単に使えます。それを使用してクラウドサービス間でファイルを転送、バックアップ、同期することを安心してください。

ヒント: 現在、アカウントを作成すると、MultCloudは毎月30GBのデータ転送量を提供します。しかし、SNSへの共有などを通して毎月10GBのデータ転送量を無料で取得できます。データを転送するためのこの転送量は、ボリュームやストレージスペースじゃないことに注意してください。


データ転送量を無料
データ転送量を無料

MultCloudが対応するクラウド

Multcloudの主要機能

  • 簡単にファイルを管理したり情報を配信するためにクラウド、FTP及びWebDavのファイルを転送します。

  • 一方向または双方向でクラウドまたはクラウドディレクトリ間で同期を行います。

  • 複数のクラウドストレージを一つにまとめて管理し、Windowsのエクスプローラのように扱えます。