まえがき

今日、ユーザーはますますデータをクラウドストレージに保存することを好んでいます。最大な理由としてクラウドストレージはインターネットと連携しており、ローカルハードドライブやポータブルドライブのスペースを占有しません。それに、パソコンやスマホ等が故障した際のデータをバックアップすることもできます。

個人データをクラウドに保存することにはリスクが伴いますが、得られるメリットは潜在的なリスクを上回ります。時間が経つにつれて、コンピューター、タブレット、携帯電話などで作成される個人ファイルやビジネスファイルの数が増えています。これらのデータを安全に保つには、より多くのストレージ容量が必要です。したがって、多くのユーザーは複数のクラウドストレージを使用して、データを保存しています。

DropboxとOneDriveは、過去数年間で最もよく知られているクラウドストレージの2つです。そのわけで、DropboxとOneDriveを併用しているユーザーも少なくありませんが、ほとんどのユーザーは使い分けて併用しています。実は、DropboxとOneDriveを連携すると、データをより楽に管理できます。

DropboxとOneDriveを連携
DropboxとOneDriveを連携

DropboxをOneDriveに接続するメリット

Dropboxで、ドキュメント、写真、ビデオをどこにでも持ち運び、簡単に共有できます。アプレットを使用して、Dropboxのアップロードを他のサービスと同期し、新しいファイルをすばやく追加し、すべての重要な写真、ドキュメント、およびデータを自動的に追跡します。OneDriveはファイルを保存する場所であるため、事実上すべてのデバイスからファイルにアクセスできます。OneDriveを使用すると、重要なドキュメント、メモ、写真、ビデオがなくなることはありません。

DropboxとOneDriveを連携するメリット:

  • DropboxとOneDriveに保存されているすべてのデータをまとめて管理できます。
  • DropboxとOneDriveのそれぞれの機能を最大限に生かせます。
  • DropboxとOneDrive間のデータ管理をより楽に実行できます。

もし、DropboxとOneDriveの両方のアカウントを持っている場合は、DropboxとOneDriveを一緒に接続することをお勧めします。そうすれば、DropboxとOneDriveのデータ同期やデータ移行も簡単に実現できます。

DropboxとOneDriveを素早く接続する方法

MultCloud
MultCloud

ここでは、最高のマルチクラウド管理ツールーMultCloudを強くお勧めします。MultCloudは、複数のクラウドストレージを1箇所で統合管理でき、クラウド間でデータの転送、同期などの操作を行える無料のWebアプリです。Webサイトに基づくアプリケーションなので、インストールする必要がありません。

それに、現在、MultCloudはGoogleドライブ、Amazon S3、Dropbox、Box、OneDriveなど30個以上の主要クラウドサービスをサポートしています。つまり、この無料のアプリケーションを使用して、DropboxとOneDriveを接続できるだけではなく、Googleドライブ、MEGAなどの主要クラウドサービスを接続および統合できます。

MultCloudは、一回のログインだけでOneDriveとDropboxなどのクラウドを統合して管理できます。では、具体的な操作手順を見てみましょう。

ステップ1.MultCloudを初めて使用する場合は、Webサイトにアクセスする必要があります。「アカウントを作成」をクリックしてアカウントを作成します。

アカウントを作成
アカウントを作成

ヒント:

  • アカウントを作成したくない場合は、「仮アカウントで試用」を選択して、メールアドレスを入力せずに一時的なアカウントを取得できます。ただし、念のため、一時的なアカウントとパスワードをコピーして保存したほうが良いです。
  • Googleアカウント、Facebookアカウントで直接ログインすることもできます。

ステップ2.DropboxをOneDriveに接続するには、ここでそれらをMultCloudに追加する必要があります。「クラウドを追加」をクリックし、Dropboxを選択して、指示に従って、DropboxアカウントをMultCloudに追加します。

DropboxとOneDriveを追加
DropboxとOneDriveを追加

ヒント:

  • MultCloudは一度に追加できるアカウントは一つだけなので、同じ操作でOneDriveを追加してください。
  • MultCloudはデータの転送には暗号化され、データ通信で利用したデータはキャッシュしません。クラウドサービスへの認証にも「OAuth認証」を使用するので、パスワード情報を一切保管しません。つまり、セキュリティーに心配する必要がありません。

ステップ3.DropboxとOneDriveのアカウントをMultCloudに追加完了したら、異なるクラウドを連携できるようになりました。DropboxとOneDriveのアカウント内保存されているデータも簡単に管理できようにもなりました。MultCloudのクラウド操作メニューで、DropboxとOneDriveのデータに対して、コピー、共有、削除などの操作が実行できます。例えば、「共有」を利用して、Dropboxで動画を共有できます。

クラウド操作メニュー
クラウド操作メニュー

MultCloud経由でDropboxからOneDriveに同期、移行する

実際、MultCloudは複数のクラウドサービスを統合管理できる素晴らしいWebアプリケーションです。お持ちのすべてのクラウドストレージをMultCloudアカウントに追加するだけで、クラウドストレージない保存されているすべてのデータを簡単かつ迅速に管理できます。なお、MultCloudで最も愛用されているのは、クラウドストレージ間でファイルの移動と同期をサポートする「クラウド同期」と「クラウド転送」機能です。

DropboxとOneDrive間でデータを同期

ファイルをDropboxからOneDriveに同期したい場合は、「クラウド同期」機能を利用できます。「クラウド同期」に移動し、Dropboxを同期元として選択し、OneDriveを同期先として選択します。「今すぐ同期」をクリックすると、同期が開始されます。

DropboxとOneDrive間でデータを同期
DropboxとOneDrive間でデータを同期

DropboxからOneDriveにデータを移行

前文で紹介したクラウド操作メニューで「コピー」を利用してデータを移行するより、「クラウド転送」機能を利用してDropboxからOneDriveにファイルを移行するほうが速いです。「クラウド転送」機能は、クラウド全体を転送することをサポートします。もちろんフォルダごとに転送することもできます。

「クラウド転送」に移動し、Dropboxを「転送元」として選択し、OneDriveを「転送先」として選択します。「今すぐ転送」をクリックすると、転送が開始されます。

DropboxからOneDriveにデータを移行
DropboxからOneDriveにデータを移行

ヒント:MultCloudのサブスクライバーにアップグレードすれば、同期および転送操作をより効率的に完成できます。

  • 無料ユーザーに提供する月間30GBのトラフィックの代わりに、会員は月間150GBから無制限のトラフィックの転送量でデータを転送または同期できます。
  • 一度に10つまでのスレッドで高速転送を利用できます。
  • 一度に4つの同期モードを同時に実行でき、速度が大幅に向上できます。
  • 「オプション」で「フィルタ」を設定することで、特定のファイルまたは特定の拡張子を持つファイルを自動的に同期よび転送できます。例えば、Dropbox上の写真のみを同期する場合は役立ちます。

結論

ご覧の通り、データ転送ツールMultCloudを利用することで、DropboxをOneDriveに簡単に接続でき、DropboxとOneDriveの間でデータを同期したり、移行したりすることもできます。

それに、「クラウド転送」、「クラウド同期」機能およびクラウド操作メニューを除き、MultCloudは、「共有」、「リモートアップロード」などの優れた機能も備えています。例えば、「リモートアップロード」機能を利用して、トレントファイルやURLをDropboxにアップロードできます。

MultCloud Logo

クラウド間でファイルを素早く転送、同期またはバックアップ

無料登録

100%安全

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能