GoogleフォトとGoogleドライブの違い

もしGoogleフォトとGoogleドライブの新しいサインアップであれば、間違いなくこの二つのクラウドの違いについて混乱するでしょう。GoogleフォトからGoogleドライブにバックアップする方法を紹介する前に、まずGoogleフォトとGoogleドライブの違いについて説明を展開します。

GoogleフォトとGoogleドライブの違い
GoogleフォトとGoogleドライブの違い

実際、Googleフォトは、ユーザーが写真(16MB未満)と動画(最大1080P)を保存するための写真の保存と同期のサービスです。Googleフォトを使用すると、ユーザーはアルバムを作成してさまざまな種類の画像を並べ替えたり、写真の基本的なエディションを作成したり、色、オブジェクト、シーン、顔で特定の写真を検索したりできます。ほとんどのユーザーにとって、Googleフォトはローカルの画像や動画をバックアップするための信頼できるサービスだと考えています。

一方、Googleドライブは、ユーザーがファイル、ドキュメント、ビデオ、写真、音楽、PDFなどのあらゆる種類のデータを保存できるクラウドファイル管理サービスです。ユーザーがアカウントを管理およびデータ処理するための便利で楽しい機能も多数あり、データのダウンロード、アップロード、共有、移動、名前の変更、プレビューなどの操作が楽に実行できます。

なぜGoogleフォトからGoogleドライブにバックアップしますか?

GoogleフォトとGoogleドライブはどちらも便利で使いやすいクラウドサービスです。ただし、Googleフォトにはより多くの技術的なエラーがあり、「Googleフォトが同期されない」や「Googleフォトの写真が消えた」などの問題がしょっちゅう発生します。これらの問題により、Googleフォトに保存されたデータが危険にさらされます。データのセキュリティを保護するために、GoogleフォトをGoogleドライブにバックアップする必要があります。

その上、Googleフォトと比較して、Googleドライブはより多くの機能を提供します。GoogleフォトをGoogleドライブにバックアップすると、ユーザーは1つのプラットフォームでさまざまなデータを管理できるようになり、データ管理の効率が向上できますできます。

それで、写真をGoogleフォトからGoogleドライブにバックアップことをお勧めします。ただし、GoogleフォトをGoogleドライブにバックアップするにはどうすればよいですか。この問題に直面している場合は、以下の内容を読んで2つの主要な方法を学ぶことができます。

GoogleフォトをGoogleドライブにバックアップする効率的な方法

GoogleフォトからGoogleドライブにデータをバックアップする最も簡単で最速の方法は、資格のあるサードパーティアプリケーションであるMultCloudにサポートを依頼することです。優れたマルチクラウド管理ツールとして、MultCloudはクラウドからクラウドへのバックアップのエキスパートであり、あるクラウドから別のクラウドへのデータのバックアップをシームレスかつ簡単に行うことができます。

MultCloud
MultCloud

現在、MultCloudは、Googleフォト、Googleドライブ、Flickr、MEGA、pCloud、Box、OneDrive、Dropbox、Amazon S3、Backblazeなどの30を超える主流クラウドドライブをサポートしています。MultCloudを使用すると、クラウド間でファイルを簡単にバックアップできるだけでなく、また、Googleドライブでのフォルダ・ファイル共有、OneDriveへのPDFのアップロード、Googleフォトへのフォルダのアップロードなどの基本的な操作を1か所で実行します。

MultCloudを使用してGoogleフォトをGoogleドライブにバックアップするメリット:

  • 使いやすいインターフェース。MultCloudには、メインページにある高度な機能を明確に示すシンプルなインターフェイスがあります。したがって、ユーザーは複雑な使用ガイドを読まなくても、任意のタスクをすばやく開始できます。
  • 複数の言語で利用できます。MultCloudは、世界中のユーザー向けのテクニカルサービスであり、英語、ドイツ語、フランス語、日本語、ポルトガル語、イタリア語、エスパニョール、中国語をサポートしています。
  • 無料で効率的なバックアッププロセス。MultCloudは、ユーザーに毎月30GBのデータトラフィックを無料で提供し、ユーザーはデータトラフィックを利用してクラウド間でデータをバックアップできます。一方、MultCloudのバックアップ速度は業界で競争力があり、バックアップタスクを非常に迅速に完了するのに役立ちます。
  • 数回クリックするだけでデータを復元できます。MultCloudを使用してデータをバックアップすることの最も驚くべき利点は、復元機能です。「Googleフォトの写真が消えた」という問題が再び発生した場合でも、この機能を使用してデータを簡単に見つけることができるため、心配する必要はありません。

ヒント:30GBの無料データトラフィックでは不十分な場合は、MultCloudアカウントをアップグレードして最大無制限のデータトラフィックを取得できます。

MultCloudを使用してGoogleフォトをGoogleドライブにバックアップする手順

これで、以下のステップバイステップの操作を参照して、MultCloudを使用してGoogleフォトからGoogleドライブにバックアップできます。

ステップ1.無料でMultCloudアカウントを作成します。または、GoogleまたはFacebookアカウントで直接サインインすることもできます。

サインアップ
サインアップ

ステップ2.MultCloudにログインした後、左側のサイドバーにある「クラウドを追加」に移動します。次に、GoogleフォトアイコンとGoogleドライブアイコンをそれぞれクリックして、これら2つのクラウドドライブをMultCloudに追加します。

GoogleフォトとGoogleドライブを追加
GoogleフォトとGoogleドライブを追加

ステップ3.「クラウドバックアップ」に移動し、Googleフォトをソースディレクトリとして構成し、Googleドライブをターゲットディレクトリとして構成します。最後に、「今すぐバックアップ」タブをクリックします。

GoogleフォトをGoogleドライブにバックアップ
GoogleフォトをGoogleドライブにバックアップ

バックアップタスクをより効率的にするための追加設定:

  • 「スケジュール」ボタンをクリックすると、特定の時間/毎日/毎週/毎月実行されるスケジュールバックアップタスクを設定できます。
  • 「オプション」>「Eメール」で電子メール通知機能を有効にすると、タスクの開始後にそのプロセスを監視する必要がなくなり、プロセスが終わると、MultCloudは結果を知らせる電子メールを送ります。
  • Googleフォトのデータ全体をバックアップしたくない場合は、「オプション」>「フィルタ」でフィルタ機能を有効にして、mp3などの特定の拡張子を持つ特定のデータを除外できます。

とにかく、上記の3つの手順に従うことで、クラウド全体のバックアップタスクを簡単に実行できます。同様に、上記の手順を繰り返して、MultCloudを使用してGoogleドライブをS3にバックアップすることもできます。唯一の違いは、ソースディレクトリとターゲットディレクトリを再選択する必要があることです。

要約すると、インテリジェントMultCloudは、あるクラウドから別のクラウドにデータを簡単かつシームレスにバックアップする新しいアプローチをユーザーに提供します。これにより、時間を大幅に節約し、面倒なダウンロードとアップロードのプロセスを回避できます。

GoogleフォトをGoogleドライブにバックアップする従来の方法

GoogleフォトからGoogleドライブにデータをバックアップする従来の方法は二つあります。ダウンロード・アップロードする方法と、Googleデータエクスポートを利用する方法です。

方法1:ダウンロード・アップロードしてGoogleフォトをGoogleドライブに移動

ダウンロードとアップロードのソリューションは、バックアップするファイルとデータが少ない場合に実行可能です。これで、以下の手順に従ってバックアップタスクを実行できます。

ステップ1.Googleフォトにログインし、バックアップする写真を見つけます。

ステップ2.写真を選択し、右上にある3つの縦のアイコンをクリックしてダウンロードします。

Googleフォトから写真をダウンロード
Googleフォトから写真をダウンロード

ステップ3.次に、Googleドライブにアクセスします。

ステップ4.「+新規」をクリックして、「ファイルをアップロード」を選択します。パソコンでダウンロード下画像をGoogleドライブにアップロードします。または、写真をGoogleドライブのインターフェースに直接ドラッグアンドドロップすることもできます。

Googleドライブにアップロード
Googleドライブにアップロード

GoogleフォトのビデオをGoogleドライブへバックアップについて質問される場合は、上記と同じ手順で解決できます。

注:ダウンロードとアップロードのプロセスに多くの時間を費やしてもかまわない場合は、この方法を使用できます。また、プロセス中にインターネット接続が良好に保たれていることを確認する必要があります。

方法2:Googleデータエクスポートを利用してGoogleフォトをGoogleドライブに移動

Googleデータエクスポート(Google Takeout)は、Googleドライブ、Googleフォト、GmailなどのGoogle製品からデータをエクスポートするのに役立ちます。以下のステップバイステップの操作を参照できます。

ステップ1.Googleデータエクスポートにアクセスし、「選択をすべて解除」をクリックします。

選択をすべて解除
選択をすべて解除

ステップ2.カーソルを下にスワイプしてGoogleフォトだけをオンにして、ページの一番下にある「次のステップ」をクリックします。

次のステップ
次のステップ

ステップ3.配信方法で「Googleドライブに追加」を選択し、エクスポートする頻度およびファイルの形式とサイズも次々と選択します。選択完了後、「エクスポートを作成」をクリックします。

エクスポートを作成
エクスポートを作成

ステップ4.Googleドライブのアカウントに接続してから、しばらくお待ちします。新しいページで「ドライブで開く」を押します。

ドライブで開く
ドライブで開く

Googleデータエクスポートのデメリット:

  • Googleデータエクスポートは、「共有アイテム」内のデータをダウンロードすることができません。「共有アイテム」内のデータを移行したい場合は、手動でパソコンにダウンロードして、Googleドライブにアップロードしてください。
  • Googleデータエクスポートは、個々のファイルやフォルダをエクスポートするではなく、複数のファイルに分割されるので、サイズによっては、移行プロセスに数日かかる場合があります。大容量なファイルをエクスポートする場合、Googleデータエクスポートでのエクスポートプロセスが失敗すること可能性があります。
  • Googleデータエクスポートは、毎日2〜3のアーカイブの制限があり、各アーカイブのダウンロードの最大制限は1日あたり50GBです。

結論

記事全体を読んだ後、今すぐGoogleフォトをGoogleドライブにバックアップできます。つまり、ダウンロードとアップロードの方法を使用するか、特別なクラウドファイルマネージャーであるMultCloudを依頼することができます。MultCloudを利用すると、ダウンロード・アップロードせずに、数回のクリックだけでGoogleフォトをGoogleドライブにバックアップできます。

また、「クラウドバックアップ」機能のほかに、MultCloudはユーザーに「クラウド同期」、「クラウド転送」、「リモートアップロード」などの専門的な機能も提供します。たとえば、GoogleフォトとDropboxを同期する場合は「クラウド同期」機能を依頼できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能