オンラインで写真を管理する

写真は作成された重要なファイルです。カメラまたはスマートホンに保存される写真は毎年増えてきます。スマホが容量不足になるので、より多くの写真を撮ることができません。その愚痴を言う人は少なくありません。そのため、専用の写真サービスを使用したほうがいいです。現在、自動アップロード機能があります。いつでも、どこでも写真を撮ったら、それは自動的にクラウドに素早くバックアップします。

OneDriveは(旧称Microsoft SkyDrive)は多くのユーザーに選択された1つのクラウドサービスです。マイクロソフトが提供するWindows Liveのサービスの1つであるので、Microsoftアカウントさえあれば、既にOneDriveを入手することを意味します。Flickrは、2004年に開始されたオンラインの写真共有サービスです。Flickrでは、ユーザーは自分で撮影したデジタル画像の写真をFlickrのサーバーへアップロードし、保存・管理することができます。また、それは容量制限ですが無料契約でも1TBまで使用可能となっています。そのため、一部のユーザーはOneDriveからFlickrへ写真を転送しようと思っています。Flickrはより優れた格納場所みたいです。特に主に写真を持っている人にとって。しかし、Web上でOneDriveからFlickrへ写真を無料転送する最善の方法は何ですか?

OneDriveからFlickrへ写真を転送する方法

何百枚もの写真が存在する場合、OneDriveをFlickrと同期させるために、まず全てのファイルをOneDriveからローカルHDDにダウンロード、そしてFlickrにアップロードしたい人はないでしょう。そのため、ここではもっと簡単な方法をお勧めします。MultCloudを通して転送することです。MultCloudは無料ウェブアプリであり、Web上で1つのクラウドから別クラウドまたは同じプロバイダの異なるアカウントにファイルを直接転送できます。今、それはどのように作業するか見てみましょう。

1) まず、MultCloudアカウントを必要とします。

アカウントを作成
アカウントを作成

2) ログインした後、OneDriveとFlickrをそれぞれMultCloudに追加します。

OneDriveを追加
OneDriveとFlickrを追加

MultCloudが対応するクラウドサービス:Dropbox、Evernote、Amazon Cloud Drive、Amazon S3、WebDav、Google Drive、Box、SugarSync、CloudMe、Cubby、MyDrive、WEB.DE、Yandex、Hidrive、BaiDu、MediaFire、ownCloud、Alfresco、ADrive、Hubic、MySQL、MEGA、FTP/SFTP

3) OneDriveとFlickrの追加が完了しました。現在、3つの方法でOneDriveからFlickrへ写真を転送できます。1番目の方法はターゲットドキュメントをドラッグすることです。

ファイルをドラッグ
ファイルをドラッグ

2番目の方法は写真を右クリックして「コピー」または「コピー先」を選択することです。特定のファイルを選択する場合、「プレビュー」、「共有」など他のオプションもコンテキストメニューに表示されます。

メニュー操作
メニュー操作

最後の方法はOneDriveからFlickへファイルを移行することです。「クラウド転送」タブに移動します。転送元と転送先のクラウドを選択します。特定のフォルダーを転送することができます。また、定期的にバックアップを行う必要がある場合、「今すぐ転送」の隣にあるドロップダウンボタンをクリックしてスケジュール設定がそこで利用可能です。

OneDriveからFlickrへ写真を転送
OneDriveからFlickrへ写真を転送

画面のように、MultCloudはスケジュール設定も提供します。

スケジュール設定
スケジュール設定

MultCloudを使ってOneDriveからFlickrへ写真を転送するのは簡単でしょう。加えて、上述のように同じブランドのクラウドの複数のアカウントを結合するのも可能です。例えば、Flickrアカウントを結合します。ちなみに、ファイルのパスを忘れることに備えて、MultCloudはクラウドの間で特定のファイルを検索することができます。

MultCloud Logo

クラウド間でファイルを素早く転送、同期またはバックアップ

無料登録

100%安全

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能