GoogleフォトとFlickr、どれが写真保存に最適なクラウドですか?

今日では、一般人もプロの写真家も、思い出に残る瞬間を記録するために写真を撮るのが好きです。したがって、数多くの写真を保存することもだんだん問題になっています。従来、人々は画像をハードドライブに保存していました。ただし、ハードドライブに写真を保存するときは、どこからでも画像にアクセスできないため、利便性が低下しています。

GoogleフォトとFlickr
GoogleフォトとFlickr

最近、人々はクラウド技術の発展とともに写真をクラウドに保存することを好みます。ここのクラウドとは、多数のデータを保存するためのオンラインプラットフォームをユーザーに提供する技術用語を意味します。市場にはさまざまなクラウドサービスがあります。最高の無料オンライン写真ストレージとして、2つの主要なクラウドドライブはGoogleフォトとFlickrです。

Googleフォト

Googleが作成したGoogleフォトは、写真を保存および共有するための最もプロフェッショナルなクラウドサービスの1つです。簡単にアクセスでき、無制限の無料ストレージスペースがあるため、Googleフォトは世界中で大規模なユーザーベースを獲得しています。Googleフォトは、画像の保存に加えて、オンライン編集、共有、並べ替えなど、ユーザーに役立つその他の機能を提供します。

ブラウザやアプリで写真をアップロード、ダウンロードしたり、ほかの人と写真を共有したり、インスタグラムなどのSNSに直接シェアしたりできます。検索機能やフォトアルバムの機能も充実して、自動で顔認識して特定の人物の写真だけをピックアップしたり、場所や日付、被写体の特徴に合わせてすぐ写真を検索できます。

Flickr

Flickrは、フル解像度の写真を保存できるため、写真家、専門家、または写真が好きな人に向いています。ソーシャルネットワークおよびビデオホスティングWebサイトとして、Flickrは現在、プロおよびアマチュアの写真家が高品質の写真を披露するための最も人気のあるメインキャンプの1つです。ここでは、写真を保存するだけでなく、他の人が撮影した美しい写真を表示することもできます。さらに、Flickrのタグ機能を使用すると、特定の写真をすばやく簡単に検索でき、非常にインテリジェントです。

写真を保存するための優れた写真ストレージプラットフォームを選択することは、データをバックアップするために非常に重要です。ただし、より優れたクラウドサービスを選択する方法と、GoogleフォトとFlickrの間でより優れたクラウドサービスを選択する際の基準は何か疑問に思うかもしれません。続きを読んで答えを得ることができます。

GoogleフォトとFlickrを徹底的に比較してみる

FlickrとGoogleフォトは、どちらも写真のバックアップ、編集および共有機能に効果的なオンラインクラウドサービスです。このパーとでは、ストレージと価格、ファイルサイズ、コミュニティおよび機能の方面から、GoogleフォトとFlickrを徹底的に比較してみます。

無料のストレージ容量

ストレージ容量は、ユーザーが写真をクラウドサービスにアップロードしようとするときに最初に考慮することです。GoogleフォトとFlickrのストレージスペースのポリシーは大きく異なります。1つはストレージスペースのサイズまでです。もう1つは写真の数までです。

►Googleフォト

残念なことに、Googleフォトがこれまで無償で提供している写真と動画の無料無制限のバックアップは、2021年6月1日により終了となりました。すなわち、GoogleフォトはGmailやGoogleドキュメントなどとあわせて、15GBまでは無料でバックアップできます。上限に近づくとGoogleから通知され、以降もバックアップを続ける場合はGoogle Oneで追加の保存容量を購入することになります。

注:「Pixel 5」までのPixelスマホからのバックアップは、今回のポリシー変更の影響を受けず、引き続き無制限にバックアップが可能です。

►Flickr

Flickrを使用すると、1,000枚の非圧縮写真を無料でアップロードできます。つまり、Flickrの制限は、写真のサイズではなく、写真の数に基づいています。このようにして、画像の数がほとんどなくなっていない限り、ストレージスペースを気にせずに元のサイズの写真をFlickrにバックアップできます。

価格とプラン

どんなに大きな収納スペースでも、人々の日常生活には写真やスクリーンショットがたくさんあるので、それが不足する可能性があります。したがって、FlickrとGoogleフォトの容量制限の問題が発生した場合、どちらのクラウドサービスがより費用効果が高いでしょうか。GoogleフォトとFlickrの価格比較は次のとおりです。

►Googleフォト

Googleフォトは、ユーザーごとに異なるプランを提供しています。Googleフォトアプリケーションでより多くのストレージスペースを購入する場合、プランは次のとおりです。

Googleプラン
Googleプラン

►Flickr

Flickrでは、さまざまなクライアントの要件を満たすために、3つの異なる計画があります。年間計画は最も費用効果が高いです。Flickrの有料会員は、フルの解像度の写真と動画を無制限に保存でき、オートバックアップも可能です。写真の解像度にこだわらず、一般的な写真を保存するならGoogleフォトを利用できます。画質に妥協せず写真をきれいに見せたいならFlickrを利用することをお勧めします。

Flickrプラン
Flickrプラン

サポートする言語

残念ながら、Flickrは英語、中国語、フランス語、韓国語などの言語をサポートしますが、まだ日本語をサポートしていません。一方、Googleフォトはきちんと日本語をサポートしています。

Flickrがサポートする言語
Flickrがサポートする言語

ファイルのサイズおよび形式制限

GoogleフォトもFlickrも、写真や動画をアップロードするファイルのサイズおよび形式に制限があります。

  Googleフォト Flickr
サポートされている写真形式 .jpg、.heic、.png、.webp、.gif、一部のRAWファイル、
Live Photos(iPhoneやiPadでGoogleフォトアプリを使用している場合)
.jpg、非アニメーションgif、.png(jpegに変換)など
サポートされている動画形式 .mpg、.mod、.mmv、.tod、.wmv、.asf、.avi、.divx、.mov、
.m4v、.3gp、.3g2、.mp4、.m2t、.m2ts、.mts、.mkvファイル
.mp4、.avi、.wmv、.mov、.mpeg、.3gp、.m2ts、.ogg、.ogvなど
ファイルのサイズ制限 200MBまたは150MPを超える写真、
10GBを超える動画、256 x 256より小さいファイル
200MBを超える画像、1GBを超える動画、RAW写真はサポートされていません
アルバムのアップロード アルバムを作成してのアップロードができない 自分でアルバムを作成してアップロードできます。

ご覧のとおり、大きな写真をFlickrにアップロードする方がはるかに便利です。大きな動画をGoogleフォトにバックアップするのが賢明です。

強力なコミュニティ

Googleフォトは、写真の保存と共有を専門としています。ただし、これは閉ループアプリであるため、コミュニティはありません。一方、Flickrには強力なコミュニティがあり、他の人が撮った写真を検索、フォロー、表示できます。プロとアマチュアの写真家がいて、ユーザーは興味のある人をフォローすることができます。また、特定の写真を検索する場合は、検索するか、タグ機能を使用して検索できます。

強力なコミュニティ
強力なコミュニティ

特別な機能

写真保存の2つの主要なエンジンとして、GoogleフォトとFlickrはどちらも特別な機能を備えています。

►Googleフォト

Googleフォトのメインページからプライベート写真を非表示にするのに役立つアーカイブと呼ばれる特別な機能があります。この機能は、Androidスマートフォン、iPhone、ウェブアプリで利用できます。一方、ここには、プライベート写真の保持に特化した電話のロックされたフォルダもあります。写真をそのフォルダに移動すると、パスワードや指紋がないと写真を表示できなくなります。

写真内の顔を検出する顔認識機能を備えており、写真を簡単に検索でき、被写体やシチュエーションなどで探せる強力な検索機能。場所や人、日時などで自動的にアルバムに分類してくれる機能や、複数の写真からショートムービーなどを自動作成してくれる機能。

►Flickr

素晴らしいソーシャルネットワークと写真のホストサイトであるFlickrには、特定のトピックに基づいたグループがあり、人々が自由に参加できるようになっています。さらに、FlickrにはStatsと呼ばれる特別な機能があります。つまり、統計にアクセスすることで、他の人がFlickrであなたの画像をどのように見つけて表示しているかを正確に確認できます。最近のビュー、トップビュー、その他の統計を示すグラフとチャートが表示されます。また、Flickrは赤目除去、写真の描画、フレームやステッカーの追加など、写真編集フィルターなどの機能を備えています。さらに、写真をポスターやプリンターなどに変えることもできます。

Stats
Stats

GoogleフォトからFlickrに素早く移行する方法

上記のコンテンツを読んだ後、どのクラウドサービスが自分に適しているかについての基本的なビューを得ることができます。一般的に、ほとんどの人は写真を保存するためにGoogleフォトを選択します。ただし、「Googleフォトの写真が消えた」という問題や、圧縮された写真の無制限の保存スペースの終了などの問題で、Flickrに写真を保存することは良い選択のようです。したがって、GoogleフォトをFlickrに移行する方法を疑問に思う人もいます。

従来は、FlickrからダウンロードしてからGoogleフォトに再アップロードする方法を利用していますが、この方法は非常に時間がかかります。ただし、最高のマルチクラウド管理ツールーMultCloudを使用すると、この移行タスクを簡単かつ迅速に実行できます。

MultCloud
MultCloud

MultCloudは、ユーザーが1つのプラットフォームで複数のクラウドサービスを無料で管理できるプロフェッショナルなクラウドファイルマネージャーです。現在、MultCloudは、Googleフォト、Googleドライブ、Flickr、OneDrive、MEGA、Dropboxなど、市場で30を超える主流なクラウドドライブをサポートしています。

これで、以下を読んで、GoogleフォトをFlickrに移行するための詳細な手順を学ぶことができます。

ステップ1.MultCloudの公式ウェブサイトにアクセスして無料でサインアップします。または、「仮アカウントで試用」をタップして一時的なアカウントを作成することもできます。

サインアップ
サインアップ

ステップ2.左側の「クラウドを追加」に移動し、クラウドリストでGoogleフォトとFlickrをそれぞれ選択して、ガイダンスに従ってGoogleフォトとFlickrのアカウントをMultCloudに追加します。

GoogleフォトとFlickrを追加
GoogleフォトとFlickrを追加

ステップ3.次に、「クラウド転送」に移動し、ソースディレクトリとしてGoogleフォトを選択し、ターゲットディレクトリとしてFlickrを選択します。次に、「今すぐ転送」をタップします。

GoogleフォトをFlickrに移行
GoogleフォトをFlickrに移行

ステップ4.「タスクリスト」で転送タスクを管理できます。

タスクリスト
タスクリスト

ヒント:

  • MultCloudの転送速度は、市場の他のクラウドストレージマネージャーよりもはるかに高速です。それに、MultCloudのアカウントをプレミアムアカウントにアップグレードしたら、10つまでのスレッドで高速転送を利用できます。
  • 転送する大量のデータがあり、プロセスを監視する時間がない場合、MultCloudのオフラインクラウド転送機能は、要件を最大限に満たすことができます。MultCloudはバックグラウンドでタスクを実行しているため、転送プロセスが開始されたら、ページを閉じたり、PCを閉じたりしても構いません。

あとがき

GoogleフォトとFlickrを比較して、どちらが優れていると思いますか?実際には、それはご自身の要件に依存します。画像を保存するためのオンラインサービスだけを見つけたい場合は、Googleフォトが適しています。写真グループに参加して他のプロの写真家や愛好家をフォローしたい場合は、Flickrにアクセスできます。

もし、クラウドサービス間でデータ移行、バックアップ、同期に苦労している場合は、MultCloudに頼んでデータを楽に管理できます。例えば、MultCloudの「クラウド同期」機能を利用して、GoogleフォトからGoogleドライブへの同期を素早く実行できます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能