GoogleドライブとDropboxを比較してみる

Googleドライブは、Googleにより提供されるオンラインストレージサービスで、どんな形式のファイルも保存が可能です。Googleドライブを利用するには、Googleアカウントが必要です。一方、Dropboxは、写真やファイルの保管と共有に誇るクラウドサービスで、複数デバイスで同時利用でき、利便性が良いです。Dropboxでは、Dropboxアカウントだけでなく、Googleアカウントでも登録できます。

  Google Drive Dropbox
無料ストレージ 15GB 2GB
プレミアムストレージ 100GB–30TB 1–2TB(ビジネスサブスクリプションの場合は無制限)
セキュリティ保護 128ビット暗号化 256ビット暗号化
2TBの価格 $99.99(年間) $119.88(年間)
同期 ドキュメント全体をダウンロードおよびアップロードして同期する ファイルの変更をブロック単位で同期する
デスクトップアプリ Windows、macOS Windows、macOS、Linux
モバイルアプリ Android、iOS Android、iOS
ユーザー数 約10億 5億以上

周知のように、GoogleドライブとDropboxは業界トップクラスのオンラインストレージです。価格、ストレージ容量、機能や性能など、多くの点で異なるため、2つのクラウドを併用している方は多いでしょう。その中の1つをあきらめて、すべてのファイルをもう一つのクラウドに移行したり、またはあるGoogleドライブ内のファイルを別のドライブに同期したりしようとしている場合があります。

では、ファイルをGoogleドライブとDropboxを同期するにはどうすれば良いですか?今回の記事は2つの方法を紹介します。

GoogleドライブとDropboxを同期する一般的な方法

最も一般的な同期方法はもちろんファイルを一つのクラウドからダウンロードしてもう一つのクラウドにアップロードします。すなわち、まずGoogleドライブからファイルをパソコンにダウンロードしてから、Dropboxにアップロードする方法です。

ステップ1.Googleドライブにログインします。

ステップ2.ターゲットファイルまたはフォルダを右クリックして、「ダウンロード」を選択します。

ファイルをGoogleドライブからダウンロード
ファイルをGoogleドライブからダウンロード

ステップ3.Dropboxにログインします。

ステップ4.「アップロード」をクリックして、ダウンロードしたファイルをDropboxにアップロードします。

Dropboxにファイルをアップロード
Dropboxにファイルをアップロード

ヒント:Googleドライブからダウンロードしたファイルはzip形式に圧縮されたフォルダです。Dropboxにアップロードする前、zipファイルを解凍しておく必要があります。

この方法でファイルをGoogleドライブからDropboxに移動するのは直感的で普通ですが、ダウンロード・アップロードにたくさんの時間や手数を費やします。そのほか、ダウンロードとアップロードが完了するまでにパソコンの電源を切ることができません。所要時間も回線の速度によって予測がつきかねます。では、もっと便利な方法がありますか?

GoogleドライブとDropboxを同期する最善法

MultCloud
MultCloud

最高のマルチクラウド管理ツールーMultCloudは役立ちます。MultCloudは、複数のクラウドストレージを統合管理できる無料のWebサービスです。

MultCloudができること:

  • GoogleドライブとDropboxを同期します。
  • GoogleドライブからDropboxにファイルを移行します。
  • GoogleドライブからDropboxにバックアップします。
  • トレントファイルまたはマグネットリンクを解析して、クラウドドライブに直接ダウンロードします。
  • 共有、アップロード、ダウンロード、コピー、削除など様々な機能を楽しめます。

MultCloudはファイルのダウンロード・アップロードをせずに直接同期できます。現時点ではDropbox、Googleドライブ、OneDriveなど30個以上の主要クラウドストレージに対応できて、一ヶ所で全てのクラウドをまとめて管理できます。クラウド間でのファイル転送や同期は数回のクリックで済みます。では、早速ですが、MultCloudでGoogleドライブとDropboxを同期させる方法を紹介します。

ステップ1.MultCloudアカウントを作成

MultCloudのアカウントを作成してサインインします。

MultCloudアカウントを作成
MultCloudアカウントを作成

ステップ2.クラウドアカウントを追加

GoogleドライブとDropboxを別々にMultCloudと紐付けをして追加します。

Google DriveとDropboxを追加
Google DriveとDropboxを追加

ステップ3.「クラウド同期」でGoogleドライブとDropboxを同期

「クラウド同期」を選択します。Googleドライブを同期元として追加し、Dropboxを同期先として追加します。「今すぐ同期」をクリックすると同期が開始します。

同期元と同期先を選択
同期元と同期先を選択

オプションのヒント:

  • 「同期モード」タブで一方向同期と双方向同期、ベーシック同期とリアルタイム同期などの様々な同期方法を選択できます。ただし、星マークがついてある選択肢は有料プランのみ利用できます。「双方向同期」という同期方法は同期先か同期元にもかかわらず、その一方に保存されているファイルに変更が発生したら、もう一方に反映されます。
  • 「Eメール」タブに同期タスクが完了すると操作の結果をメールで通知するように設定できます。
  • 「フィルタ」タブでファイルをフィルタリングし、同期したいファイルだけを同期できます。平日にテキストファイルを同期することで効率的な同期作業を可能にします。
同期オプション
同期オプション

ステップ4.同期タスクを管理

全てのタスクは「タスクリスト」で管理できます。

タスクを管理
タスクを管理

あとがき

上記で紹介した方法に従うと、GoogleドライブをDropboxと簡単に同期するのに役立ちます。ファイルをダウンロード・アップロードすることなく、GoogleドライブをDropboxと同期したいなら、MultCloudを利用することを推薦します。

「クラウド同期」、MultCloudは「クラウド転送」、「クラウドバックアップ」、「リモートアップロード」など色々な便利な機能も備わっております。例えば、「クラウド転送」機能はGoogleドライブからⅮropboxに移動するのにピッタリです。MultCloudで全てのクラウドアカウントを自由に管理することで、クラウド生活も楽になれます。

MultCloud Logo

クラウド間でファイルを素早く転送、同期またはバックアップ

無料登録

100%安全

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能