FTP vs Googleドライブ

GoogleドライブとFTPは有名なクラウドサービスプラットフォームとして、ユーザーに優れたデータストレージエクスペリエンスをもたらします。異なる企業が発売した製品なので、価格、セキュリティ対策、機能などの点も異なって、これらの要因はユーザーの選択に直接影響します。今からは、GoogleドライブとFTPの定義と違いについて説明します。次の部分を読み続けてください。

GoogleドライブとFTPの定義

FTPとは「File Transfer Protocol」(ファイル転送プロトコル)の略称で、オンラインでファイルを転送するために使用されるかなり標準的なプロトコルです。ローカルでホストされているサーバーとの間でファイルをアップロードおよびダウンロードするために使用されます。

FTPは、同時送信(マルチスレッド転送)を簡単に処理できるため、大容量の複数のファイルを一度に転送する最も簡単で迅速な方法の1つとして、特にWebサイトの管理で大変重宝されています。また、使いやすく直感的に使用できるユーザーフレンドリーなインターフェイスデザインを備えているため、ファイル転送操作が効率的になります。

Googleドライブとは、Googleにより開発され、2012年にリリースされたファイルストレージおよび同期サービスです。Googleドライブを使用すると、ユーザーはデータを保存したり、デバイス間でデータを同期したり、共有したりできます。

Googleドライブは、Webサイトに加えて、Windows、macOSコンピューター、Android、iOSスマートフォンおよびタブレット用のオフラインアプリケーションも提供します。また、Googleドライブは、ファイル共有、共同編集、プレゼンス表示、ドキュメントのバージョン管理、ライブチャットなどの優れたコラボレーション機能を提供します。

GoogleドライブとFTPの違い

では、五つの角度からGoogleドライブとFTPの違いを見てみましょう。

FTP vs Googleドライブ
FTP vs Googleドライブ
  • 費用

独自のFTPサーバーをセットアップするには、メンテナンス費用を除いて5000ドルかかりますが、ユーザーは無料でGoogleドライブのほとんどの機能を楽しむことができます。

  • セキュリティ対策

FTPは、標準の暗号化メカニズムよりもずっと前に開発されたゆえ、現在になってもセキュリティ対策はまだ登場しておらず、通信も暗号化されません。つまり、パスワード、ユーザー名、サーバーの場所を探している人なら誰でも簡単に入手でき、データは読み取られる恐れがあります。

Googleドライブは、ファイルへのアクセスを追跡および報告する機能など、さまざまな方法でセキュリティの問題を解決でき、バックアップと同期の機能も備えていて、データを常にバックアップできます。Googleドライブは、より優れたソリューションを提供し、主にファイルのセキュリティを念頭に置いて設計されており、データ侵害のリスクを最小限に抑えながら、ドキュメントの安全性を確保します。

  • 機能性

FTPにより、ファイルに加えられたすべての変更は、同じファイルをサーバー上で置き換えて、再度共有する必要があります。たとえば、テキストファイルを編集した場合は、FTPクライアントを介してファイルの新しいバージョンを再度アップロードする必要があります。一方、Googleドライブでは、右クリックして、共有、招待、ダウンロード、またはアップロードのリンクを生成できます。共有フォルダはすべての共有メンバーのデバイスに表示され、すべての変更はユーザー間で自動的に同期されます。

注:FTPで最新のファイルバージョンとして認識できるように、適切な名前を付けていることを確認してください。または以前のバージョンを上書きし、混乱を招く可能性が高いです。

  • 設定

FTPサーバーのセットアップは非常に複雑なプロセスで、すべてのチームメンバーのアクセスを設定することも困難で技術の専門家が必要です。一方、GoogleドライブはGmailアカウントさえあれば、いつでもどこでもアクセスできます。サーバーを処理したり、複雑なトレーニングセッションを実行したりする必要はありません。

  • モバイルデバイスの使い

電話用のFTPクライアントはありますが、サーバーに接続するプロセスは依然として困難です。Googleドライブのフル機能のモバイルアプリを使用すると、ドキュメントをプレビューしたり、携帯電話でサードパーティのアプリを編集したり、ダウンロードリンクと共有したり、変更をすべての同僚と同期する場所に置いたりすることができます。

FTPからGoogleドライブにファイルを同期する理由

GoogleドライブとFTPの定義と違いを了解した上で、ユーザーがなぜFTPをGoogleドライブと同期したいかを理解できます。以上のデータでわかるのは、FTPと比べて、Googleドライブがより良い選択肢である理由は安全&安価&使いやすいですFTPもGoogleドライブもオンラインファイル転送または共有モードでありますが、Googleドライブは安価でありながら、より高度で安全な機能を備えています。

FTPは、ファイル転送の手段として効果的なツールですが、少し時代遅れです。将来性や安全性を考慮するなら、業務ファイルへのアクセス、転送、管理には別の選択肢を利用したほうがよいかもしれません。安全で快適なファイル共有手段を提供するGoogleドライブは、FTPに代わる有効な選択肢として利用できます。

では、FTPからGoogleドライブへファイルを転送、同期するにはどうすればよいですか?ここでは、二つの方法を提供します。

FTPをGoogleドライブに同期する最も簡単な方法

最も簡単な方法を求めるユーザーたちに、最高のマルチクラウド管理ツールMultCloudを強くお勧めします。MultCloudは、クラウドの転送、同期などのデータ管理のためのサーバーであり、複数のクラウドストレージサービスを1箇所で同時に管理できます、クラウド間でデータの転送、同期なども行えます。

MultCloudの「クラウド同期」機能を使用することで、同期タスクを簡単に作成して、FTP全体またはそのファイルの一部をGoogleドライブにすばやく同期できます。次の4つのステップでファイルの同期を簡単に完了することができます。

ステップ1.サインアップ

MultCloudにアクセスして、電子メールでアカウントにサインアップします。

アカウントを作成
アカウントを作成

注:「仮アカウントで試用」オプションを選択して、メールアドレスを入力せずに一時的なアカウントを作成することができます。または、Googleアカウント、Facebookアカウントで直接ログインすることもできます。

ステップ2.GoogleドライブをMultCloudに追加します

メールアドレスとパスワードを使用してMultCloudにログインし、「クラウドを追加」をクリックしてGoogleドライブを選択し、ガイダンスに従ってクラウドの追加を完了します。

Googleドライブを追加
Googleドライブを追加

ステップ3.FTPをMultCloudに追加します

MultCloudに一度に追加できるクラウドアカウントは一つだけです。同じ方法でFTPをMultCloudに追加し、次のステップに進みます。MultCloudがFTPにアクセスするときに、FTPサーバーアドレス、FTPユーザー名、およびFTPパスワードを取得できるようにします。

FTPを追加
FTPを追加

ノート:MultCloudは30個以上の主流クラウドプロバイダーをサポートするので、必要であれば、お持ちのすべてのクラウドアカウントをMultCloudに追加しても構いません。

ステップ4.FTPからGoogleドライブにファイルを同期する

FTPをGoogleドライブに同期します。「クラウド同期」をクリックします。FTPを「同期元」として選択し、Googleドライブを「同期先」として選択します。最後に、「今すぐ同期」をクリックすると、同期がスタートします。

FTPをgoogle ドライブと同期
FTPをgoogleドライブと同期

ノート:

  • MultCloudはバックグラウンドでタスクを実行しているため、転送プロセスが開始されたら、ページを閉じたり、PCを閉じたりしても構いません。
  • FTPからGoogleドライブに定期的にファイルを自動的に同期したい場合は、「スケジュール」で毎日/毎週/毎月のモードの自動タスクを設定することで、MultCloudでタスクをスケジュールどおりに実行できます。
  • 「オプション」をクリックして、同期モードやメール通知などの同期オプションを選択できます。(星付きの同期モードは有料会員しか利用できません)また、より早い同期速度を求める場合も、MultCloudアカウントをプレミアムアカウントにアップグレードして、10つまでのスレッドで高速同期を利用できます。
  • 「タスクリスト」を開き、転送タスクを再編集、削除、ログの表示などの操作を行うことができます。
スケジュール設定
スケジュール設定
同期オプション
同期オプション
タスクリスト
タスクリスト

FTPからGoogleドライブにバックアップする一般的な方法

サードパーティのツールを使わないと、一番考えられる方法は「ダウンロード」と「アップロード」です。しかし、送信する必要のある大量のデータに直面した場合、この方法を使用することは明らかに最も効率的ではありません。

ステップ1.FTPでデータをダウンロード・アップロードして最新版に更新します。

Googleドライブでアップロード
Googleドライブでアップロード

ステップ2.Googleドライブにログインし、「ファイルをアップロード」をクリックして、ターゲットファイルをアップロードします。

Googleドライブでアップロード
Googleドライブでアップロード

ファイルの同期にアップロードとダウンロードの操作を繰り返し使用すると、重要なデータが失われたり忘れられたりして、間違いを犯しやすく、時間を浪費することになります。これは、会社レベルのプロジェクト、ビデオ、または編集されたWebサイトを保存するためのツールとしてGoogleドライブを使用する一部のユーザーにとって大きな損失になります。

それに、この方法は作業効率を大幅に低下させ、時間コストを増加させます。大量のファイルをバックアップしたいユーザー、特に開発者の場合は、この方法は推薦しません。バックアップするファイル量が少ない場合は、この方法を利用できます。

概要

ご覧のとおり、MultCloudを使用してFTPからGoogleドライブにファイルを同期、もしくはバックアップするのは非常に簡単です。わずか4つのステップでファイルをオンラインで迅速かつ安全に同期することにより、ユーザーにデータ保護の優れたエクスペリエンスを提供できます。データが失われた場合は、Googleドライブから不足しているデータを見つけて、会社または個人の経済的損失を大幅に減らすことができます。

「クラウド同期」機能に加えて、MultCloudには「クラウド転送」機能も備えています。「クラウド転送」の場合、クラウド間で転送関係を構築できます。例えば、FTPからDropboxへの転送を実現したい場合は、それを最大限に活用できます。いずれにせよ、MultCloudは実用的なツールであり、その機能を好きなだけ調べることができます。

MultCloud対応クラウド

Multcloud主要機能