> チュートリアル > クラウド転送 > google 新ストレージサービス「Google One」のご紹介 - より低価格で大容量|家族共有など

google 新ストレージサービス「Google One」のご紹介 - より低価格で大容量|家族共有など

Author Aomei

投稿者@MultCloud

2020年5月20日 | 3分くらいかかる

Author Aomei

MultCloud

MultCloudは、multcloud.comの編集者として長年製品についての記事を翻訳したり、ITに関する知識を書いたりしています。

人気記事
クラウドストレージの間にデータを転送します
ファイルをダウンロード-Googleドライブへ保存
Googleドライブ「バックアップと同期」について|設定と使い方など

Google Oneはより低価格で大容量


Google Oneロゴ
Google Oneロゴ

米国時間5月14日、GoogleはGoogleドライブ有料版が「Google One」に改名しました。また、新しく月額2.99ドルで200GBのプランが設けられ、2TBのプランは従来の月額19.99ドルから月額9.99ドルに値下げ、月額9.99ドルで1TBのプランは廃止され、更に、ユーザーは契約ストレージ容量を家族最大5人までと共有できるようになりました。(Googleドライブはそのままにします。)

現在のGoogleドライブ 今後のGoogle One
15 GB: 無料 15 GB: 無料
100 GB: $1.99/月 100 GB: $1.99/月
1 TB: $9.99/月 1TB: $9.99/月(廃止!)  200 GB: $2.99/月(新登場!)
2 TB: $19.99/月 2 TB: $19.99/月 $9.99/月
10 TB: $99.99/月 10 TB: $99.99/月
20 TB: $199.99/月 20 TB: $199.99/月
30 TB: $299.99/月 30 TB: $299.99/月

Googleドライブの有料ストレージサービスを利用する契約者に対して、ここ数ヶ月かけてアップグレードを確認するメールで順次既存の契約をGoogle Oneのアカウントにアップグレードされます。最初はアメリカ市場でスタートするが、だんだんあらゆる地域に拡大していきます。もし、お使いGoogleドライブアカウントが米国エリアに属しておらず、あなたのエリアにGoogle Oneが利用可能になったときに通知を受けたい場合は、Google Oneにアップデートするためにサインアップすることができます。

注:これは「 G Suite 」のユーザーには影響しません。

Googleは、すべてのドライブ関連サービスを「One」にリブランドしていません。Googleドライブ、そのストレージとバックアップサービス(バックアップと同期)などは今後も引き続きあります。また、Googleドライブを使用してファイルを保存および共有する方法も変わりません。

Google One VS その他のストレージサービス

Google OneがどのようにAmazonドライブ、ボックス、Dropbox、iCloud、Mega、OneDriveなどのストレージサービスから頭角を現わしているのですか?

ヒント:以下のリストはアルファベット順に表示されています。そして、毎月の価格はおおよその数字です。

  無料 < $5/月 < $10/月 < $20/月
Amazon Drive 5 GB 100 GB: $1/月
1 TB: $5/月
2 TB: $10/月 3 TB: $15/月
4 TB: $20/月
Box 10 GB (1ファイルの最大サイズは250MB) N/A 100 GB: $10/月 100 GB: $10/月
Dropbox 2 GB N/A N/A 2 TB: $15/月
Google One 15 GB 100 GB: $2/月
200 GB: $3/月
2 TB: $10/月 2 TB: $10/月
iCloud 5 GB 50 GB: $1/月
200 GB: $3/m
2 TB: $10/月 2 TB: $10/月
Mega 50 GB (6時間毎に1GBの転送制限あり) N/A 200 GB: $6/月 1 TB: $12/月
OneDrive 5 GB 50 GB: $2/月 1 TB: $7/月 5 TB: $10/月 (それぞれ5人のユーザー全員が1 TBを取得)

無料のストレージサービスでは、勝者: Google

最大50 GBの無料ストレージを提供しますが、6時間ごとに1 GBの転送制限があります。Google Oneには、制限なしで2番目に大きい15 GBの無料容量があります。したがって、おそらくGoogle Oneが勝ちます。

月10ドル以下のストレージサービスでは、勝者: Amazon

毎月5ドル以下のプランでは、Amazonドライブは1TBのクラウドストレージを得るためにわずか5ドルで勝ちます。次はGoogle One DriveとApple iCloudで、どちらも200 GB 月額3ドルかかります。

月10ドル以下のストレージサービスでは、勝者: Amazon、Apple、 Google(同率1位)

Google 1ドライブ、Amazonドライブ、Apple iCloudの3つも2TB(10ドル/月)を提供します。

月20ドル以下のストレージサービスでは、勝者: OneDrive

OneDriveは5 TBのクラウドスペースを提供して、他の6つのクラウドブランドに勝ち、月額10ドルを払うだけです。次に、Amazonは4 TBのクォータで20ドルで2位を獲得しました。

結論:GoogleとAmazonの両方が二度勝ちました。2TB以下のストレージでは、Google OneドライブはAmazonドライブよりも若干優れています(特に無料のクォータ)。

ワンタップでカスタマーサービスに相談

Google Oneにアップグレードすると、Google Expertsにワンタップでアクセスして、バックアップや同期、Googleフォト、YouTubeなどのGoogleのコンシューマ向け製品やサービスのヘルプをリクエストできます。また、Google検索の選択されたホテルの取引やGoogle Playのクレジットなど、他のGoogleサービスのエキストラにアクセスすることもできます。さらに、Googleは時間の経過とともに多くのメリットを追加する予定です。

家族最大5人までとの共有サービス

新しく家族共有オプションが追加されます。1つのストレージプランを最大5人の家族(自分を含めて6人)と共有するものになります。その上、それぞれの家族には他の人からは見られない独自のストレージが割り当てられます。

結局のところ、Google Oneの市場は、今日だけでなく、将来も素晴らしいことがわかります。

15 GB以上のGoogleクラウド空き容量があるプラットフォーム

Googleでは、アカウントごとに15 GBの無料クラウドストレージ容量しか提供していないため、空き容量を増やすために、多くのユーザーがGoogleアカウントをさらに作成することを知っています。したがって、支払うことなくファイルや写真のための十分なストレージを持っている可能性があります。

だけど、アカウントを管理するために1つのGoogleアカウントから別のGoogleアカウントに移行する必要があるかもしれません。

ここでは、すべてのGoogleアカウントを1か所に追加して、そこに管理するプラットフォームをお勧めします。MultCloudというサードパーティーのオンラインサービスを利用する必要があります。これは主に、単一のログインで複数のクラウドストレージを管理する(同じクラウドブランドと異なるクラウドブランドの両方)ことを目的としています。


MultCloudにクラウドアカウントを追加
MultCloudにクラウドアカウントを追加

Googleのクラウドストレージ - Google Oneの新しいアイデアを楽しみにしています!

MultCloudが対応するクラウド

Multcloudの主要機能

  • 簡単にファイルを管理したり情報を配信するためにクラウド、FTP及びWebDavのファイルを転送します。

  • 一方向または双方向でクラウドまたはクラウドディレクトリ間で同期を行います。

  • 複数のクラウドストレージを一つにまとめて管理し、Windowsのエクスプローラのように扱えます。